楽しい農業生活!

農業はラクな仕事ではありませんが、楽にやる方法を模索しています!

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

メアリと魔女の花

パイレーツ・オブ・カリビアンの後フードコートでお昼ご飯を食べて~
封切られたばかりのコレを観ました。つまり、2本立て♪(^^;) 
昔はよくありましたよね… 入れ替えもなかったので学生のころは1本だと3回くらい観てました(滝汗)
今は椅子がふわふわになったので快適ですけど~ (^m^;)


メアリと魔女の花
めあり

スタジオジブリ「借りぐらしのアリエッティ」「思い出のマーニー」の米林宏昌監督が同じくジブリ出身の西村義明プロデューサーが設立したスタジオポノックと組んだ、長編第1作。
原作はイギリス人作家メアリー・スチュアートの児童文学「The Little Broomstick」。
都会から田舎の村に引っ越してきたメアリがひょんなことから魔女の花を見つけ、魔法世界に迷い込み…


宮崎駿氏が引退宣言をしたあと、ジブリは解散していたんですね。
今、みなさんはそれぞれの場所でそれぞれの絵を描いているはず。
そして、メンバーの中の2人が手を組んで作りあげた作品は、
ジブリへの愛が溢れていました…
ジブリのアニメを継承していくという点ではすぐれているのでしょうが
既視感だらけでなんだかなぁ…な感じ(^-^;)
自分たちの再出発に「魔女」ものを選ぶなんてね。
よっぽど違う切り口で描くのかとすごく期待しちゃったのが悪かったカナ。
新しいものを作り出すというのは難しいんだな。
次があるならオリジナルストーリーで勝負してほしい。



いつもこんなところまで読んでいただき、ありがとうございます 
映画の感想は個人的なものなのでコメント欄は閉じさせていただいています。
お手数ですが帰り際にポチッと押していただくと、やる気スイッチが入ります~(笑)
   ↓
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ  人気ブログランキングへ blogram投票ボタン


スポンサーサイト

| 映画館で見た映画 | 00:24 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊

今日は旦那さまが高校時代の友人とハイキングにお出かけになられたので
娘と2人で映画を観に行きました♪

パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊
ぱいれーつ

誰もが知っている、ジョニー・デップ主演による世界的大ヒットシリーズの第5弾!
伝説の?海賊ジャック・スパロウと、ジャックへの復讐に燃える「海の死神」サラザールの因縁の対決を軸に、かつてジャックと冒険したウィル・ターナーの息子ヘンリー、孤独な天文学者カリーナ、ジャックの宿敵バルボッサらの運命が入り混じって怒涛の結末までジェットコースターのように話は展開~

今回のメインストーリーの主役は↓この人

こわいよ~

スペインの江守徹(コラコラ) ハビエル・バルデム さん(^m^;)
死人の役より、生きていた時の顔の方が怖いという、オソロシイ存在感の人ですw
奥さんがペネロペ・クルスだなんてシンジラレナイ~~

邦題が「最後の海賊」になっているのでつい、最終回かと思ってしまうよね 
メインの役者以外に、ウィル・ターナーやエリザベス・スワンがしっかり登場、
そしてジャックの叔父さん役でかの有名なミュージシャンがカメオ出演となると
長く続いてきたこのシリーズもいよいよ最後かぁ~ と寂しくなるのですが、
サブタイトルは英語では Dead men tell no tales (死人に口なし)
ぜんぜん関係ないし(^^;)

エンドロールが終わった後の短編を見る限り、まだまだ続きそうな予感(^m^;)



今日も読んでいただき、ありがとうございます 
映画の感想は個人的なものなのでコメント欄は閉じさせていただいています。
代わりにポチッと押していただくと宝島の地図が当たります(ウソです)
   ↓
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン


| 映画館で見た映画 | 22:22 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

SING シング

日曜日…
娘のたっての希望で、映画に行って来ました(^m^)
いい天気だったけど、家族サービスも大事だしね♪


SING シング
しんぐ


今年はミュージカルがブームなのかしらん(^-^;) ラ・ラ・ランドも気になるけど、
予告編が面白かったので、こちらをチョイス♪

ストーリーは実に単純でストレート!
経営危機にある劇場主のコアラのバスターが再起を懸けて企画した歌のコンテスト。そこに集まってきたのが窃盗団の手伝いをさせられているゴリラ少年や子沢山でてんてこ舞いのママブタ、野心でやたら態度がでかい小さいネズミ、光るものを持っているのに内気すぎるゾウなどなど。それぞれが抱えた悩みを乗り越え、夢に向かって大きな一歩を踏み出していく、よくある話。
だけど、シング!
それぞれのキャラクターの心情ほとばしる歌が素晴らしく、観客は画面にくぎ付け~
涙ホロリ、最後はノリノリで拍手喝采!元気になれる映画デシタ。

オーディションにはカエルのグループも出てます(笑)

こせいてき

字幕版ではスカーレット・ヨハンソンが声優で、歌ってるとか、エンディングソングはスティービー・ワンダーとか…色々あるわけですが吹替版も良かったよ。いや、凄かった!
声優顔負けの俳優陣の演技?のクオリティが高かったです。
それに歌った時の違和感のなさがすごい~
アナ雪でも唸ってしまったケド、最近は訳す人も歌を作る人もみんなレベルアップしてるね。
特に、ハリネズミの女の子の声を担当した長澤まさみがうまかったです(@-@)
MISIAの歌もよかった…
こんなに気持ちよく歌えたらな~って思いましたよ。

いいなぁ 音痴じゃない人って(^-^;)



いつもこんなところまで読んでいただき、ありがとうございます 
映画の感想は個人的なものなのでコメント欄は閉じさせていただいています。。。

お手数ですが帰り際にポチッと押していただくと、次の記事をすぐにUPします♪
   ↓

| 映画館で見た映画 | 22:29 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

相棒 劇場版IV 首都クライシス 人質は50万人!特命係 最後の決断

人気テレビドラマシリーズの映画版です~
たまたま息子が招待チケットを送って来てくれたので、
旦那さまと私と娘の3人で観に行って来ました~
娘が水谷豊…というよりは、杉下右京の大ファンなのでした 

相棒 劇場版IV 首都クライシス 人質は50万人!特命係 最後の決断
あいぼう

水谷豊が主演を務める人気テレビドラマ「相棒」シリーズの劇場版第4作。
イギリスの日本領事館関係者が全員毒殺され、唯一生き残った少女が国際犯罪組織「バーズ」に誘拐された。事件から7年後、日本政府に対し行方不明となっていた少女の身代金が要求される。日本政府はバーズをテロ組織と断定し要求を拒否するが、それによってバーズのリーダーのレイブンはテロ計画を実行に移す用意があることを突き付けてくる。
特命はそれを防ぐことができるのか!


劇場版っていうけれど、テレビ版を豪華にした感じかな。
アガサ・クリスティーやホームズが好きな私には え?これどこに推理が?
ってツッコみどころ満載なのですが、
これはもう相棒ファンに向けた作品だから仕方ないですね。
娘が「相変わらず右京さんがカッコいい」って大満足だったからヨシとしようか(笑)




いつもこんなところまで読んでいただき、ありがとうございます 
映画の感想は個人的なものなのでコメント欄は閉じさせていただいています。 
お手数ですが帰り際にポチッと押していただくと、やる気スイッチが入ります~
    ↓
にほんブログ村 花・園芸ブログ 畑いじり・畑仕事へ

| 映画館で見た映画 | 23:05 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち

日曜日のことでした…
旦那さまは町内の旅行にお出かけになったので、暇だな、どこか行きたい!
などと、娘が言う時は、何か下心があるのだ 

とりあえず、ショッピングモールに行って彼女の欲しい服を買ってやった後、
これまた彼女の希望の映画を観ました。

ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち
640_201703142236043d8.jpg

ランサム・リグズの小説「ハヤブサが守る家」を実写化したファンタジー。
奇妙な子供たちが暮らす屋敷を訪れた少年ジェイクが、子供たちに迫りつつある危険とジェイク自身に秘められた能力と運命を知り、それに立ち向かっていく…
監督は、『アリス・イン・ワンダーランド』などのティム・バートンだから…かなり変です(笑) のんびりとした前半に比べて後半は一気にアップテンポになり、予想外の展開に~~
意外とハートフルで面白いお話でしたョ

サミュエル・L・ジャクソンが怪演~~! 怖すぎ!

358425_005.jpg

人とちょっと変わったところがあったとしても、それはいつか役にたつ時が必ずあるんだな…





今日も読んでいただき、ありがとうございます 
映画の感想は個人的なものなのでコメント欄は閉じさせていただいています。
ポチッと押していただくと、4倍速で働けます(笑)
   ↓
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン


| 映画館で見た映画 | 23:04 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

サバイバルファミリー

水曜日に仕事の打ち合わせがあって、そのついでに旦那さまと観てきました(^m^;)

サバイバルファミリー
東京から九州まで

当たり前のように電化製品に囲まれ便利な生活を送っていた鈴木家が立ち向かう、電気無しサバイバルムービー。
ある朝突然、電気を必要とするあらゆるものが使えなくなり、東京は大混乱に陥ってしまう。交通機関はもちろん電話、ガス、水道などのライフラインが完全にストップ。何が原因かさえ分からない。だってテレビやネットが使えないんだもん(^^;)
確かな情報が無いまま、周囲の人々は次々と東京を脱出していく。鈴木家の父・義之も家族を率いて九州にある妻の実家を目指すのだが…
監督は「ウォーターボーイズ」「ハッピーフライト」の矢口史靖なので大体の雰囲気はわかるよね(笑)

食料がないからって… 水族館の魚をね…(^m^;)

すいぞくかん

いや~、この世から電気が無くなったら大変だ 
ネットができないやん(汗)
この話に出てくる子供たちがそれはそれはネット中毒なんよ(^m^;)
スマホが繋がらなくてもうパニックですよ。 身につまされたわ。



何もできなかった家族が徐々に逞しくなっていくのはいいとして…

ぶた

しかし…田舎にいけば何とかなるってのもね 
困った時だけ頼ってきてさぁ…
百姓をなめんなよ! って言いたい。


以上、独り言デシタ!



今日も読んでいただき、ありがとうございます 
映画の感想は個人的なものなのでコメント欄は閉じさせていただいています。

かわりにポチッと押していただくと、2倍速で次の記事を書きます(笑)
   ↓
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン



| 映画館で見た映画 | 22:23 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ドクター・ストレンジ

朝はスッキリ晴れたものの、天気は急速に下り坂~

というわけで家族で映画に行って来ました♪
旅行中、愛犬(那智)のお守をしてくれていた娘の希望で…

ドクター・ストレンジ
かんばーばっち

天才的な技術を誇る神経外科医スティーブン・ストレンジの唯一の欠点はその傲慢な性格。
数々の難手術をこなし、富と名声を得ていた彼だったが、不慮の事故で両手の機能を失ってしまう。それとともに輝かしいキャリアの全てが崩れ去り、絶望の淵に追いやられた彼は全財産をつぎ込みあらゆる手段で手の治療を試みるのだったが、現代の医術では限界があった。
壁にぶちあたった彼は下半身不随から復帰した男の話から、藁にもすがる思いでカトマンドゥの寺院を訪れ、やがて不思議な魔術の世界へと足を踏み入れていく…


原作は80年近い歴史のある、アメリカのマーベル・コミック。
Xメン、スパイダーマン、アイアンマン、ファンタスティック・フォー…などなど、キャラクターとエピソードは数えきれないようです(^m^;)
しかも時々別の話のキャラ同士がタッグ? を組んで映画になってたりする特殊な世界~


今までのヒーローものとはちょっと違って、主人公にひねりを加えてあるのが良かったかな。
傲慢で嫌なヤツだったけど、意外に素直で正義感の強い主人公を演じていた、ベネディクト・カンバーバッチが好きになりそう(笑)




お話は… 物理的な戦いの世界から精神的な世界になっているのが良かった。
ものの概念を打ち破る? ちょっと哲学的な面もね。
ただ、映像が綺麗で引き込まれるものの…
マトリックスやインセプション、どこかで見たようなものばかりなのが残念。

みっくす

でも、最後はありがちな終わり方ではなかったのでヨカッタです。
中盤でお師匠様の謎が解けるんだけどカットされちゃったのかな?
だからオチがわかりにくくなっていると思う。

そして、やっぱり…
エンドロールが終わった後に 蛇足 がついていたのが、いただけなかった(笑)
ま、いーけどねー 

みなさん、映画館で映画を観たら、クレジットが流れ始めるとすぐに席を立つ方?
それとも明るくなるまで座っている方?

この映画は最後の最後まで話がありますョ(^m^;) それもズッコケる…



今日も読んでいただき、ありがとうございます 
映画の感想は個人的なものなのでコメント欄は閉じさせていただいています。
代わりにポチッと押していただくと、次のネタにジャンプします (ウソです・笑)
   ↓
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン


| 映画館で見た映画 | 17:55 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

バイオハザード ザ・ファイナル

うっかりUPするのを忘れていました(^m^;)
年末の…クリスマスの日に家族で観に行っていました。

私はスターウォーズの ローグワン が良かったのに、娘に押し切られた(汗)
まぁ…これで最後だっていうし、まぁいいかぁ?

バイオハザード ザ・ファイナル
みらじょぼびっち

わかい~~カプコンの人気ゲームを映画化した、「バイオハザード」シリーズの最終作。
ほぼ全人類がゾンビ(アンデッド)となってしまった世界。人類最後の希望であるアリスは、悪夢の始まりの場所、ラクーンシティのハイブへ戻ることになった。が、そこでは全ての元凶であるアンブレラ社が全勢力を結集させてアリスを待ち構えていた…

ゾンビブーム?の先駆けとなった映画ももう14年経つのね~~
ミラ・ジョボビッチもわっか~い!!→


日本の人気タレントのローラが、女戦士コバルト役でハリウッドデビューを果たした っつーのも話題の一つでした。
以前、中島 美嘉も出てたよね~~ あの時は怖かった(^^;)
日本のゲームの映画化だから、日本サービスしてくれてんのかな?

ローラはセリフも一言あって、本人だとわからないくらい(^。^;) 真面目にレジスタンスを演じてましたョ♪

ろーら


シリーズ3、4作目をのぞいてメガホンをとってきたポール・W・S・アンダーソンとの間に生まれたミラの娘もレッドクイーン(アンブレラ社のコンピュータのホログラム)として共演を果たしています。

みらのむすめ

他にもシリーズ中人気の高かったクレア・レッドフィールド役のアリ・ラーターも出演していたりと、最後を飾るにはなかなかな豪華な顔ぶれが揃っていました~~

始めの話こそ偶然助かったかのようだったアリス。
それが話を追うにつれどんどんパワーを増幅していく謎がスパッと解明されて、
悪は滅び、アンデッドも一掃されて、めでたしめでたし!
一連のシリーズの結末らしい終わり方でやっと一件落着したね~

とはいかない終わり方で、なんだかな~でしたわ(笑)

興味のある方は映画館へGO!





今日も読んでいただき、ありがとうございます 
映画の感想は個人的なものなのでコメント欄は閉じさせていただいています。
ポチッと押していただくと、2倍速で次のネタをUPします(笑)
   ↓
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン









| 映画館で見た映画 | 18:07 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

疾風ロンド

雨がポツポツ降り出した日曜日。
生姜をヒイヒイ言いながら洗った後、急いで着替えて~
娘と映画に行きました。
ポイントがたまっていたので、2人分 タダ! でした  ラッキー!

疾風ロンド
しっぷうろんど

娘が阿部寛のファンなのよ(^m^) ははは。このポスターを見るだけで話の想像つくわ。


東野圭吾の同名サスペンス小説の映画化。
とある研究所から密かに作られた生物兵器「K-55」ウィルスが盗まれた。ほどなく犯人から全国民を人質にした3億円の身代金を要求するメールが届く。
警察に知らせることはできない。かといって無視すると多くの人々の命が失われる! 
研究主任の栗林(阿部寛)は、わずかな手掛かりのなかで、広大な雪山のどこかに隠された「K-55」の捜索を始めるのだが…

あべちゃん

いきなり穴に埋まっているし(笑)
あっちへこっちへ右往左往するのかと思いきや、阿部寛はそんなに活躍しません。
しがない研究員の役なんだもん (^m^;)

もう少し整理してアップテンポで話を進めてくれたらもっと面白かったかな。でも
ロンド って主旋律のくり返しなんだとあとで知ると、なるほどねと思う映画デシタ。



今日も読んでいただき、ありがとうございます 
映画の感想は個人的なものなのでコメント欄は閉じさせていただいています。

ポチッと押していただくと、映画鑑賞券が当たります (ウソです・笑)
   ↓
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン


| 映画館で見た映画 | 23:33 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅

さてさて…
玉ねぎ苗を植えたあと、家族で映画に行ってました。
この冬、話題のコレ↓ を観ないとね!

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅
にゅーと

「ハリー・ポッター」シリーズが完結して早や5年…原作者J・K・ローリングが自ら脚本を執筆。
ハリー・ポッターらが生まれるずっと以前…時代は90年前にさかのぼり、ホグワーツ魔法魔術学校の指定教科書 「幻の動物とその生息地」 を編纂した、魔法動物学者ニュート・スキャマンダーの冒険を描く。
世界中を旅して未知の幻獣を捜す途中、ニューヨークに立ち寄ったニュートだったが、魔法のトランクから危険な魔法動物たちが逃げ出してしまう。次いでニューヨークの街で不可解な事件や事故が多発するのはそれら魔法動物の仕業なのか?それとも…

移民が押し寄せていたクラシカルなニューヨークが舞台なのよ!
主人公と知り合う普通の人間(ノーマジ)が住んでいるアパートは、
ロウワー―ストサイドじゃないかなー → ココ
レンガ造りで、狭い部屋で…街並みがそっくりで懐かしかった。

「ハリーポッター」シリーズは子供が主人公だったので今どきの過激な表現が多かったけれど、今回は全員大人なので、お話も落ち着いた感じで、全体的にオシャレでした。

しかし… トランクの中が別世界の広い空間につながっているというのは
まるでドラえもんの どこでもドアー じゃん。
魔法動物だって、どらえもん や ポケモン に似通っている気がするのは私だけ?!

もぐらとかものはし?

こんなのが飛んでいたら

木の妖精?

ま、ツッコミはこのへんにして…


突然魔法の世界に巻きこまれちゃう、ただの人間(ノーマジ)の
ジェイコブ・コワルスキー(写真手前)が良かった♪

のーまじ

魔法使いを気味悪いとも思わず、受け入れてしまうところがいいよねー
物事を否定しない、想像力があるというか、包容力があるのは
パン屋になりたい彼ならではのクリエイティブさによるものだと思う。

人をおもう優しさ、真面目さがね、ハリーシリーズとはひと味違う。
ラストがほのぼのといい感じだったのも好感持てます~




今日も読んでいただき、ありがとうございます 
映画の感想は個人的なものなのでコメント欄は閉じさせていただいています。
ポチッと押していただくと 畑仕事もガンバリマス(笑)
   ↓
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン



| 映画館で見た映画 | 22:16 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT