楽しい農業生活!

農業はラクな仕事ではありませんが、楽にやる方法を模索しています!

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

リトル・フォレスト

久々に本の紹介です~(^^)
石原慎太郎氏には悪いけれど、 は漫画読みです。
最近読む「活字もの」は野菜やガーデニングのノウハウ本ばかり(汗)
つい、挿絵の多い(爆)漫画に走っちゃうんだよね…

しかしながら、この本は真面目で気骨があるので
マンガ嫌いな人にもお勧めです!


リトルフォレスト


東北のとある山村で畑仕事をしながら自給自足で暮らす若い女性「いち子」は
いちど都会へ出て、いたたまれなくなって故郷に帰ってきた。
どこかに刺さったままになっているとげを抜かなければ…
おおらかだけど厳しい自然の中でじっくりと生きながら、自分を見つめ答えを出していく話。
カラーページが終わって最初に飛び込んできたのが蛙の顔だった。
それで一気に親しみがわいて? 買ってみたのだ(笑)

この話の特徴として、初めから終わりまで「食べ物」がふんだんに出てきます。
それも、ほとんど食べたことがないようなものがいっぱい!
グミの実のジャム・ひっつみ・なっとうもち・ばっけ(フキノトウの味噌)
ミズ(ウワバミ草)のとろろ・くるみごはん・栗の渋皮煮…
どれも野原や山からとってきたり畑で育てたものばかり。
ウスターソースが自家製だったり、ヌテラというパンに塗るペーストまで作ったり
キャベツのケーキや、大根のタルト、アケビの肉詰めとか…
目からウロコのものもいっぱい出てきます。もちろん、レシピつきで♪
このまえ紹介した「米サワー」も実はこの話の中に出てきます(第2巻)

中の様子はグーグルで検索したらいっぱい画像が出てきました→ ココ
著作権の問題があるから私は画像を載せるのは表紙だけにしましたけど(汗)
本の中に出てきたレシピをもとに料理作っている人も多数いますね。
どれもこれも主人公がじつに旨そうに食べるんだもの。そりゃ作りたくなるわな~


農業漫画なので、野菜の育て方のコツなんかも端々に出てきます。
コレを読んで小豆をつくってみたくなったり、山菜採りに行きたくなったり…
春ジャガの植えつけの裏ワザは真似してみたいと思いました。
ザッソーとの戦いも超リアルです(笑)
なんといっても親しみがわくのは、主人公も私と同じようにスギナに困っている!
でもね、不平タラタラぶちまけるシーンで、友人が言う。
(スギナが)「生えやすい環境をつくってきたのは人間でしょ森を開いてさ」
縄文時代にはつくしの生える場所はわずかしかなく、貴重な山菜だったかも知れない。
昔の人は春を告げる恵みとして大切にしていたんじゃないか
というくだりで目がテン!
せせこましい考えにとらわれている自分にはっとしました。
同じように考えると童謡になった頃のカラスは今ほど嫌われ者ではなかったのでは?
と思った次第(^^;)

そしてこの漫画の凄いところは、自然といえばナチュラルで優しくて癒されるぅ 
とか、自給自足が究極のエコでかっこよくて憬れるぅ みたいな
あまっちょろい事を描いていないところ。
自然に生きるのと自然の中で生きるのとでは意味合いが違ってくるのだ。
たとえば合鴨を絞めて捌くとき、パックで売られている肉を買う世界が気を失うのだ。
山村の暮らしはなかなかに厳しい。ちょっと気を抜くと命にかかわってくる。

人と人とのかかわり方も珠玉の言葉が満載。とても哲学している。
とくに母親とのエピソードが胸に突き刺ささった。
若い頃って誰にでもありそうなことだな~と思う。

人生は日々の積み重ね。昨日今日明日へと休みのない「作業」の繰り返し…
そのもっとも重要なカギを握る「食べること」を丁寧にするということは
決して楽じゃないけれど、大事にしようよって語りかけてくる、

実に 地に足の着いた話 なのです。

忙しくなって日々の生活がおろそかになっているな~ 最近怠けているな~
と思うとそっと開いて読み返す。
そして、背筋をピンと伸ばして頑張らなきゃな~と思うノダ。

興味の湧いた方は是非、読んでみてください。








も読んでいただき、ありがとうございます 
ポチッと押していただくと、2倍速で働けます(笑)
   ↓
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン


 は只今出稼ぎ中です(^^;)
コメント欄は開けていますが、お返事&ご訪問が出来ないかもしれません。ゴメンナサイ!






スポンサーサイト

| 参考にしている本 | 23:24 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

あしたも、こはるびより

昨年はサボりまくったので、今年は少し丁寧に菜園生活をしたいと思っています(^^)
とても素敵な本を見つけました。

あしたも、小春日和

表紙のレンガ造りのものはナニ?って思わず手に取ってしまったのだ(笑)

なんと83歳と86歳!(@0@)のご夫婦の菜園生活が綴られています。
愛知県のニュータウンの中に忽然と?現れる庭付き一戸建てのスペースが舞台。
キッチンガーデンで野菜や果物を作り、お料理して~食べて、保存して…
それがいちいちオシャレ!
玄関のないワンルームのログハウスのミニマムな暮らしぶりもとても優雅なのです~

読み物としてもほっこりしていいのですが、 が注目したのは
家庭菜園の畝たて(作付け図)が斬新! だったこと。
もちろん、野菜作りのやりかたも面白いのだけれど…

歳を重ねるとどうしても忘れてしまうことが多くなります。失敗もね。
しかし、それを指摘しているとストレスがたまるし、楽しくない~
それらをうまく回避するコツを教えてもらいました。
わがお師匠様のために使わせていただきます(^-^)v

それから…
もと住宅公団の設計士だったご主人の整理整頓術にもシビレてしまいました 
菜園生活にもデザインが必要なんですね~











今日も読んでいただき、ありがとうございます 
ポチッと押していただくと、2倍速で働けます(笑)
   ↓
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン



| 参考にしている本 | 10:15 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

とりぱん13

久しぶりに読み物の紹介です(^^)

気づかないうちに「とりぱん」の新刊が出ていました。
それも、もう13巻目…

表紙はカワラヒワです~

表紙はカワラヒワです。年々きれいに上手になっていかれますね…

ちょっと飽きてきたかな~(^^;) っと思いつつ、
やっぱり買ってしまった。
特に変化のない日常生活、たまには視点を変えてみたくなる。
鳥も虫も生きていて、それなりにドラマチックな人生を送っているかと思うと面白い。

だんだんネタ切れっぽい中、
作者が身を張って? 熊蜂の落下物を舐めているのには仰天したわ(@-@)
プロだね~ 








今日も読んでいただき、ありがとうございます 
都合により、コメント欄は閉じさせていただいていますが、
ポチッと押していただくと、未知への扉が開きます(ウソです・笑)
   ↓
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン






| 参考にしている本 | 21:55 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

とりぱん11

その日

もう11冊目震災から5カ月…
あのとき自分は何をしていただろうか。
あれから自分は何をしたのだろうか…

多くの人たちが「何かしなければ!」と焦った日々だったと思う。

実際のところは何もしていない…
ほんの少しの寄付と献血だけ(アウトだったけど^^;)自分の無力さを思い知っただけだった。
そして今の便利な暮らしが脆弱な基盤の上に立っていることに気付かされた。

「とりぱん」も11巻目。
ちょっとマンネリしてきた感もあるけれど、それぞれの身の丈にあった暮らしを続けることの大切さを思い出させてくれた。
後ろを向いていてはいけない。
いつも通りの毎日を過ごせることに感謝して、自分にできることをするだけなのだ。





今日も読んでいただき、ありがとうございます 
ポチッと押していただくと、2倍速で働けます(笑)
   ↓
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ 人気ブログランキングへ

| 参考にしている本 | 16:47 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

百姓貴族

石原都知事は嫌なんだろうけど、
この歳になってもよく漫画を読んでいる  です(^^;)

『鋼の錬金術師』(若者はハガレンという)の作者が、
北海道で酪農と畑作をしていた頃の体験を赤裸々につづったエッセイ漫画です。
北海道のみならず、現在の日本の農家事情に深くメスをいれています。
農業の表と裏、光と影…
とくに、作者の農業高校時代のエピソードには目がテン!
実体験ならではの仰天エピソードの連続に、抱腹絶倒なのであります…

トレビあ~ンなのか?!

何があったんだ?!
農業は素晴らしい!けれども苛酷な毎日です。
特に酪農と畑作の両方をこなす荒川家の農作業の円グラフが怖い。ものすごい重労働です…
年中無休で働き、自然ばかりか国の理不尽な政策に翻弄される現実。しかしながらくじけない逞しさに脱帽です。
漫画だから描ける、漫画でないと描けない毒をもったギャグが満載。
台風が来て、すべてを失って…笑うしかない!という状況もサラッと描かれています。
黙々と片づけをして、明日に向かう。
そうです。農民は土地を捨てるわけにはいかないのです。
大笑いして読み終わったあとに、日本の農業の現実についてすこし考えてみたくなる作品です。




奈良の鹿が話題になっていた(笑)

奈良が出てる!

荒川氏は奈良公園の鹿を見てどう思うだろう。




今日も読んでいただき、ありがとうございます 
ポチッと押していただくと、2倍速で働けます(笑)
   ↓
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ 人気ブログランキングへ

| 参考にしている本 | 23:59 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

もやしもん10

とうの昔に発売中です(^^;)
チャンスがなくてなかなかUPできませんでした。

「もやしもん」を長年愛してきた読者にとって
今回はスピンオフ?的な話になっています…
突如としてみんな各班にわかれ、謎の国に出かけます。
ミステリーツアーのレポートですね(^^;)

もやしもん10-1

まぁ、「何事も先入観を持たずにのぞめ」ということなのかな?
アメリカのイメージって、すでに固まってしまっているきらいがあるけれど、
街によって生活感や食べ物、文化までまったく違うというのは面白かった。
日本のような小さな島国でさえ、「秘密のケンミンショー」があるくらいだからなぁ。

見ると聞くでは大違い。世の中には体験してみないとわからないことが多い。
食べ物が意外と美味しかったり(失礼!)マナーが良かったり
そういえば、街に国旗が無かったりするエピソードには大いにうなづくところアリ。
途中、NYが出てきて楽しかった(笑)
作者サン、長期取材に行ったんだね~

もやしもん10-2

アメリカでは発酵食品が歓迎されていない?的なエピソードにビックリ。
だからか、菌の話はほとんど出てこなくてとても残念でした。
それに若い読者向けに?「ロスゴリ」が大半を占めていて、少々うんざりかな。
まぁ、ちょうど自分の人生とか進路とか悩みとかが爆発する年頃だから
仕方ないんだろうけどね(^^;)

というわけで…今回は息抜きの旅行記ということで、次に期待! 







今日も読んでいただき、ありがとうございます 
ポチッと押していただくと、2倍速で働けます(笑)
   ↓
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ 人気ブログランキングへ


仕事が立て込んでおりまして(^^;)勝手ながらコメント欄を閉じさせていただいてます 

| 参考にしている本 | 09:03 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

とりぱん10

10巻目! 「とりぱん」とは? と、思われた方は→ ココ を読んでね♪

青年向け?漫画誌「モーニング」に連載中ですが、私は単行本での読者です。最初に見つけてからずーっと飼い続けてはや10巻目になりました(^^)

もう、すっかり「とりぱん」ワールドが確立されてしまいましたね(^^;)
ちょっとマンネリかな~と思いつつも買ってしまうのは、この方の視点の面白さでしょう。誰にもない感性のみずみずしさは必見!
いくつになっても童心を忘れないでいたい  です(笑)

野鳥への給餌がメインですが、今回は家庭菜園もふんだんに出てきます。もちろん、虫も…  


…と、ここで目を引いたのが、この帯評!

すごい、帯だ!

いやあ(@-@)ビックリ! 青池保子氏が帯を飾るなんて~
しかも、「エロイカより愛をこめて」シリーズの2人がコメントを寄せています(笑)
知らない人は何ソレ?の世界だからどうでもいいのですが、一時期ハマッていたので懐かし~
この漫画の影響でマジでドイツ語を勉強したことも(スグに飽きましたが^^;)


さて、わが家でも「とりぱん」を実施しました。

みかんの花が咲きました~

甘柿と渋柿の間にある、スモモの枝にみかんをブスブス。
菓子パンの残りをカゴに入れてみました。
ブロッコリーはやめて、こっちを食べてね♪ の願いをこめて…(^^;)


そして

本来なら、次の写真は…

みかんを美味しそうに食べる野鳥(メジロとか!)の姿なのですが~

食い逃げ!

やっぱり、食い逃げ 




今日も読んでいただき、ありがとうございます 
ポチッと押していただくと、カメラマンを雇います(笑)
   ↓
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ 人気ブログランキングへ


| 参考にしている本 | 21:56 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

もやしもん9

とっくに発酵…じゃなかった発行されてましたが~
今回はいつにもまして字が多く~  は読了に時間がかかっていましたとさ(^^;)

個人的な感想より、中身をチラッと見せちゃおう。

もやしもん9
エピソード1

それからどうした

うんうん♪

あ~あ

チャンチャン(^^;)

とまあ、辛口のエピソードのほかにも読みごたえのある話題が満載です。
家庭菜園やエコロジーに興味のある方、是非、読んでみてね~(^-^)V








今日もご訪問いただきありがとうございます 
 は現在もまだお出かけ中です~
ポチッと押していただくと、滞在している醸し蔵の場所が出ます (←ウソです^^;)
   ↓
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ 人気ブログランキングへ


只今アクセスできないところ(穴蔵か?!)にいます~
勝手ながらコメント欄は閉じさせていただいております。ごめんなさい 

| 参考にしている本 | 09:00 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

とりぱん9

コムクドリのカップルが表紙

5月21日に発売されていました(^^;)
密林の奥地からメールが来て、あわててゲット!

もう9巻になるんだねー
    ※「とりぱん」について 詳しくは ココ を読んでね
よくネタが続くなあと思うけれど、
実は人生、同じようなことはあっても「同じ」ことは二度と起こらないものなのだ…
世界はどんどん移ろっていきます。
今回は飼い犬のジョンの話を含め、しみじみする場面も… 

それにしても!
作者の視点も冴え冴えとしてきたし、読者の投稿も迫力を増してきました(爆)
事件は現場で起きているんだね~

さあ、今日も畑に出て楽しいことを探そう!! 



今日も読んでいただき、ありがとうございます 
ポチッと押していただくと、2倍速で働けます(笑)
   ↓
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ 人気ブログランキングへ

| 参考にしている本 | 09:35 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

とりぱん8

ひそかに?読みためてきた とりぱん も、はや8巻目です!

とりぱん って何? と思われた方は こちら の記事を読んでくださいね(^-^)
とりぱん8
今回のお話の中心はなんとヒヨちゃん?!(^^;)
いつも人の(鳥の)横取りとかメンチ切っては他を圧倒しているヒヨちゃんですが
新たな強敵の出現で、ちょっと様子が違います(笑)
それは読んでのお楽しみ…ということで(^^)
いや~、鳥の世界も大変なんですねっ!

そして、お約束の「虫」は…
今回はすごいことになってました。
 も最近はほとんどの虫が平気の平左になりましたがぁ~
思わず引いてしまうくらい

超リアル!  

特に、潰す表現が…うううっ(おっとネタばれ^^;)

漫画ですが、
ある意味ドキュメンタリーな側面も持ち合わせています。



これからどんどん冬になって
取り残した柿の実や木の実が姿を消す頃、野生の鳥たちが目指すもの…
それは、畑の作物だったりします 

ネットをかけたり糸を張ったりして防衛する一方で
ちょっと離れたところに餌台を用意してみてはどうでしょう。
レストランはあっちだよ~ ってね(^^)V







今日も読んでいただき、ありがとうございます 
ポチッと押していただくと、2倍速で働けます(笑)
   ↓
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ 人気ブログランキングへ

| 参考にしている本 | 10:05 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT