楽しい農業生活!

農業はラクな仕事ではありませんが、楽にやる方法を模索しています!

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

BALI リゾートライフ編

もうすでに秋の声がするというのに~
長々とバカンスのリポートを続けてまいりましたが、今回でオシマイです(^-^;)
最後に、バリのリゾートホテルライフをどうぞ~(^^)/


[高画質で再生]

ウェスティン・リゾート・ヌサドゥア・バリ

[広告] VPS


旅行って…
行く前にアレコレ計画を練っている頃がいちばん楽しいのかも~
行ってしまえばあっという間に過ぎ去りし日々です 

滅多にお出かけしないものですから、はしゃぎすぎた点はひらにご容赦を!
また、当分の間は行けないなあ~と思うとちょっぴりさみしいカナ…
 
ながらくのお付き合いありがとうございました~ 


今回のINDEXです。 クリックするとその記事にジャンプします(^^) もういいって?

神々の島 
キンタマーニ高原
芸術の島
神々は何処へ
マデ・ウィジャヤの庭
アクティビティ
スパ
食事
農業





今日も読んでいただき、ありがとうございます 
ポチッと押していただくと、BALI旅行が当たります (←ウソです・笑)
   ↓
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ 人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

| BALI | 09:42 | comments:9 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

BALI じゃらんじゃらん編

じゃらんじゃらん というのは、バリの言葉でお散歩という意味です(^^)

今日はご近所をじゃらんじゃらんしましょう♪

ヌサドゥア地区の地図

今回宿泊したホテルはバリ島南部のリゾートエリア、ヌサ・ドゥア地区にありました。
バトゥン半島の東端に位置するヌサ・ドゥアは
観光客や関係車両以外は立ち入り禁止の究極のリゾート…
セキュリティゲートからこっちには観光客しか歩いていません(^^;)

整然としています
ここら辺一帯は岩盤が厚く、農業に適さなかったので
それでは!と、政府が計画的にリゾート開発したらしいです…
巨大なリゾートホテルが林立してます。
でも、それぞれ敷地が広いのでお隣さんが見えるようなことはありません(笑)

グランドハイアット
中でも屈指の規模を誇る、グランド・ハイアット・バリ

開放感のあるロビーですね    開放的なロビーです。

   トロピカルガーデンを蛇行しながら
   流れるラグーンプールのほかに
   6つもプールや滝があるそうな(^^;)
   日本語対応デスク有り。

   各ホテルの入り口にはガードマンがいて
   よそ者は入れません。入り口だけ~



エリア内にある バリ・コレクション
バリコレクション
ここも入場するにはゲートがあります。
テロ以降かもしれないけど、セキュリティチェックはかなり厳しい~

ものすごーく広いショッピングセンターです。
そごうが入っているほか、カフェにレストランやお土産物店からブランドショップまでいっぱい♪
各ホテルから無料のシャトルバスが出ているのでお買い物や食事には困りません…

ゴルフ場が3つはあったかな~ 
ゴルフ場

とにかく、のびやか~に広々としています(笑)

そろそろホテルに帰りましょう…

手にした樽はゴミ箱です(^
エリア内の美化に一役かっている、
               カエル君 

抱えている樽がゴミ箱です(^^;)
他にも、コワい顔のウサギや
カメなどがいました…
ポイ捨てを見張っています(笑)


じゃらんじゃらんに行きまし

さて、ホテルにもどってきました。
入り口は別々ですが、海はさすがに1つなので~
お隣の敷地とはつながっています。
整備されて、ジョギングコースになっています~

ホテルの敷地をあらわすモニ
敷地の境界を表すモニュメントが…

どこも似たようなリゾート風景ですが~


しばらく行くと、なにやら不自然なトタンの塀が! 

中を覗くと…

日本人は、見た!

寂れたホテル跡地
どうも、閉鎖になったホテルのようです…
誰もいません。
こんな素晴らしい立地にも不況の波が押し寄せているのかな~



しばらく行くと、有名な クラブメッド・バリ がありました!
隣のホテルとつながっていま
宿泊料金には滞在中の全食事、飲み物、ショーやアクティビティ参加費が全て含まれていて
お金を持たずにリゾートライフが楽しめる♪ というのがウリの会員制リゾートホテルです。
ここのアクティビティはアーチェリーやロッククライミング、ペインティング体験などなど
他と違ったものがいっぱいあるので楽しいんだよね(^^)

クラブメッドの敷地

おおっ  あれは、サーカスの空中ブランコでは?!

GUEST ONLY なん
というところでガードマンに捕まってしまいました~(笑)

会員オンリーで敷地に入ることもできませんでした~
さすが、クラブメッド! セキュリティ、ばっちりじゃん… 







今日も読んでいただき、ありがとうございます 
長々とお届けしてきましたバリ旅行レポートも、次回で最後です~
ポチッと押していただくと光速で移動します(ような気になるだけ・笑)
   ↓
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ 人気ブログランキングへ

| BALI | 00:00 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

BALI 農業編

超ハイスピード~
せっかくの農業ブログなので~
バリの農業にもスポットライトを!(^^)






以前行ったデンパサールの市内の
市場にはこんな感じで
野菜や果物がいっぱい売られてました。
市場には野菜がいっぱい
今回はパス~(^^;)

ブサキ寺院に行く途中の道ですー
運ちゃん、ぶっ飛ばしてくれてますー
あっ!トウモロコシ畑かな? 
トウモロコシ畑
「止まって!」と言えない気弱な  ですー(笑)


山間の平地に行くと、水田が広がっています。
手入れが行き届いていました
マメに手入れがされている様子…
ばら蒔きかと思っていたら、ちゃんと筋に植えられています(コラコラ^^;)

ガイドさんの話によると田植えは手でするそうです…
ちなみにガイドさんも兼業農家だそうで
仕事の間、水田の世話は人にやってもらっているとか 

牛は大切な労働力だそうですが…開放的な牛舎ですね~
開放的な牛舎です


ここで取れるお米は、インディカ米です。
インディカ米
炊かないで蒸してあります。
白米として食べるのはちょっとパサパサですが、
ナシゴレン(バリ風焼き飯)やカレーには欠かせません(^~^)V


もっと山間に行くと…
有名な棚田が広がっています。 これからまた田植えをするそうです(@-@)
棚田

遠景を無理して撮ったので画像はイマイチニイサンです。お許しくだされ~(^。^;)

刈り草は牛の餌だそうです

畦の手入れが行き届いているな~と思っていたら、草刈りをした風情…
これは牛の餌にするそうです。

野菜の残渣をもらう牛の親子 「牛は草しか食べない
豚と違って餌代がタダでお徳だ♪」

ガイドさんが続けて

「ひどい飼い主は草もやらない。
勝手に自分で食うから」

だってー

おいお~い(^^;)



そのウワサの豚を、
ウブドの街角で見かけました~ 

ブヒー!
一頭づつ竹かごに入れられて、軽トラックに積まれていました 
すっごい合理的!

思わずつぶやく

ドナドナドナドーナ、ドーナ…


地元産なのかな?   ホテルで食べていた朝食のサラダ…
  このいくつかは
  バリ産なのかな?

  キャベツ畑は確認できましたが
  写真に撮れず~

  雨季の方が果物も旬で
  美味しいそうです♪





今日も読んでいただき、ありがとうございます 
ポチッと押していただくと、バリ人のようにマメに草刈りします (←ウソですって・笑)
   ↓
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ 人気ブログランキングへ

| BALI | 06:00 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

BALI お食事編♪

のーんびり行こうよ

バリの郊外…
以前紹介したブサキ寺院のある沿道のお店…

街の食堂

バリの人は外食がほとんどだそうで、こういった食堂はあちこちにあります…
でも、できたてを食べる習慣がなく、作りおきのメニューがケースに並んでいて
お客は好きなものを取り分けて食べるとか~

ゆで卵のフライ?
油で揚げた団子かな?

料理方法は焼く・蒸す・揚げるの3種類に大別されていて、
どれもしっかり火を通してあるようです。
見た目は美味しそう♪ 厚揚げみたいなものがある…

うわ~っ(笑)
   ぎゃ~っ!  な、ものもある(笑)


一般人に混じってこういう食堂でローカルな食事をしてもいいのですが~
好き嫌い大魔王が一緒なのでそういうわけにもいかず~(笑)
また、観光客の行きそうなところにはこういった食堂は殆ど見かけないのも事実!

ガイジンは、大抵こういったレストランで食べることになります(^~^)
ガイジン御用達のレストラン

ナシゴレン
ナシ・ゴレン・チャンプル

どこのレストランにもある、バリの定番メニューです。
スパイスの効いた焼き飯に、おかずが数種類ついてきます♪
盛り付けが日本のカフェみたいでビックリする~(笑)

ミー・ゴレン
ミー・ゴレン
こちらも、定番中の定番! バリ風焼ソバ。
鶏肉や青菜、卵などが入ったしょうゆ味が一般的です。
控えめスパイスに柔らかめの麺で食べやすいです♪
えびせんは外せない付け合せらしい(^^;)


サテ
サテ
これも、定番中の定番だ~バリの焼き鳥♪ 串焼きですね~
お皿にある、甘辛いピーナツソースをつけていただきます(^~^)
とってもご飯にあいます♪

これは、豚と牛肉の盛り合わせですが、フツーは皿に盛られてくるのに
ここのは炭火とともに出てきました(@-@)
オシャレ~♪ 家にもこんなグリルが欲しいなあ~!


こちらはクタに行った時のレストラン… どの店も内装に力を入れてますね。
バリとは思えない? どこの国じゃ~
ガイジンしか入れない~

フレッシュサラダを頼むとこんな感じ… 
グリーンサラダ
アボカドのドレッシングでした~
チーズとマッチして美味しかったです(^~^)V

このレストランはイタリアンが主でしたが、インドネシア料理のほかに
フレンチやタイ風エスニックもありました。
メニューも日本語バージョンがありましたよ 


ソト・アヤム
ソト・アヤム
これも、ポピュラーなチキンスープ。
春雨やゆで卵が入っていることが多いです。
思ったほどクセがなくて、ほっとする味~お腹がすいてない時はこれだけでもオーケー。


スペアリブのステーキ
スペアリブ・ステーキ
エスニック料理が苦手あるいは飽きて来た人にはこういうのもアリ(^@^)
オーストラリアをはじめとして、ニュージーランドやニューカレドニアからの客を意識した
ガッツリメニューも多いから、まったく不自由しないです。
ついでに言うと、市内にはケンタッキーもマクドナルドもあります(笑)

カフェっぽい

ココナツ味のお餅みたいなカ
もちろん、デザートメニューも充実♪
ピサン・ゴレン というバナナのフリッターが有名ですが
写真がない~(笑)
これは別の場所で食べた、カスタード味のお餅。
ココナッツがまぶしてあります(^-^)


アイスも美味しい~!
これで、25000ルピアだったかな?
このときのレートは100インドネシアルピアが日本円で1円。
だから、250円くらいです~
チョコレート・アイス

デトックス・ジュース    中にはこんな変わったジュースも!
   ヘルシードリンクの中の、
   デトックスジュース…
   いわゆる

   ミントの青汁(笑)

 健康ドリンクメニュー

とまあ、メニューは多岐にわたっています。
さすが観光国だけあって、ガイジンの口に合うように努力のあとがいっぱい(^^)
料理の盛り付けも、ウェイター&ウェイトレスのサービスも上々デシタ。

メキシカンなお店ではマリアッチが♪
夜には生演奏があるお店も多いです…
マリアッチ♪


これは…キンタマーニ高原に行った時の、レイクビューレストランのランチ。
レークビューレストランのラ 色々とバイキングだ~
春巻きみたいなのは、ルンビアといいます。鶏肉や野菜を巻いて、ヤシ油で揚げたもの…
ここはバイキング形式でした(^~^) カレーとかもありましたよ。写真はないけど(爆)

なんでもチャンプルー    ジェゴク鑑賞のときの晩ご飯~
   バイキングになると似たり寄ったりかな。
   ここには、豆腐を揚げた
   タフゴレン がありました(^^)

   どこで食べても
   不思議とハズレ無し~(^~^)V
   ヘタな日本のファミレスより美味しい~
   少なくとも冷凍の味じゃないですー




このときの物価は日本の半分~3分の1くらいでした。
ひとり700~1000円くらいでビールつきの食事ができます。
もっとも、これは観光客プライスでしょう。
観光地を離れればもっと安上がりに過ごせることうけあいです(^^)/

朝の散歩の戦利品(笑) 男の買い物っぽいなあ~
ある朝、早起きした旦那さまが近所のスーパーで買ってきたカップめんは1つ50円くらい(^^)
ビールもホテルの冷蔵庫だと350円ですが…
と、まあ~ケチるところはしっかりとネ 


最後に…
到着した日の夜に食べに行ったレストランは…

海岸の砂浜にテーブルがズラー!

浜辺にテーブルがいっぱい~
海に沈む夕陽を見ながら、シーフードバーベキューを食べるわけです~(^~^)
ああ、ロマンチック!
…この日はすでにとっとと暮れてましたが(爆)

焼きトウモロコシ屋台
入り口の水槽で、食べたい魚や
海老やイカなどを注文します。
それを炭火で焼いてくれるのだ~

待つ間、海岸で焼いていた
トウモロコシを買いました…
1本100円?だったかなー


イカン・バカール(シーフード・バーベキュー)
イカンバカール2人前~
キャンドルライトだと見えなかったけど、結構焦げてるな~(爆)
イセエビつきの豪華2人前です~
このときはバリに着いたばかりで~どんな味付けか想像つかなかったので、
もし食べられなかった時の事を考えての安全策デシタ(^@^;)

サンバル
サンバル色々♪
薬味がいろいろ別皿でついてくるので、好みでつけて食べます♪
酸っぱいもの、ピリリっと辛いもの、甘口醤油みたいなものなどなど~
これが、結構ハマリます!

ビールは地元のビンタン・ビール。口当たりが軽い~
ということは、飲みすぎるということだ(^^;)


潮風に吹かれていると…波の音が聞こえます。
あたりは真っ暗で
各テーブルのキャンドルが揺れている…

そうして

夜が静かに下りてくる頃、
どこま~でも続く~

足元に

ザッブーンと波が!  


このレストラン、
潮が満ちて来たら、テーブルごと避難しなければならないのであった…(^皿^;)







長文を読んでいただき、ありがとうございます 
ポチッと押していただくと、8倍速で働けます(笑)
   ↓
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ 人気ブログランキングへ

| BALI | 09:38 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

BALI スパ編

さて、今バリで流行っているのが…

SPA です!

タラソテラピーをアジアで初めて確立したホテルが有名になって、
それからバリはエステ天国になりました~(^0^)/
ヌサドゥア地区に近い通りは
エステにはまったく詳しくはないんだけど、
せっかく本場?に来ているし~、ミーハーだし~、
体験しなくて何とする?!(爆)


もちろん、送迎つき♪

ホテルのスパ以外に
街にはリーズナブルに体験できるスパがいっぱい。
それぞれテクニックを競い合ってます~
「デーハー・スパ」は全てナチュラルな素材で伝統的なトリートメントをしてくれる人気店(^^)
デーハー・スパ

カウンセリングを受けます…    郊外の、かわいい一軒屋です(^^)

   アレルギーなどのカウンセリングを受けて
   いざ、個室へ~

   うっわ~、天井が高くて
   エスニック満載♪
   と、思ったのもつかの間…

エスニックな雰囲気~

全部脱いでください



オーマイガッ! 

し、知らなかった…

というか、うすうす感づいてはいたけれど~(笑)

スッポンポン になるんですね~(0@0) エステって…

というわけで~以後の映像はカットです(笑)

アロマテラピーに始まって、ボディスクラブなど~
デーハースパ体験の様子 よくわかんないんだけど~(笑) 
マグロのような身体を揉み解していただきました~
エステも初めてなら、マッサージを受けるのも初めてだ~(^@^)
イタ気持イイ~!

もちろん、顔のトリートメントも♪
スクラブにココナッツとオーツと、ハチミツを使っているので、
美味しそうな匂いが~(^~^) おいおい…
                写真は、体験レポートからの引用です→


お花がいっぱい…
ここのウリは、
ゴージャスなフラワーバスです!
お姫さま気分を満喫♪ バリのエステでは花びらを散らしたお風呂が定番らしいのですが…
ここのは、カラフルでたっぷり~♪
蓮、アジサイ、フランジパニ、バラなどなど~
とにかくお花でいっぱいだ~ 
大きな花の塊(^^;)が贅沢に使われていました。
入る前に撮ればよかったな~
お花できれいな模様が描いてあったんですよ!
            エステ初体験の娘… 

このあと、即効性のあるスリミングマッサージで太い部分をさらに!!(爆)
終了後は心地よい脱力感~
心なしか身体が軽くなった気分デシタ。

ま、あとで食べなきゃね~ 


そして、もう1つ!
面白いエステを体験しました~!!

なんと、

そのエステティシャンは…

人間じゃないんです!



きゃ~っ 

ギョ、魚!
ドクターフィッシュテラピー です(^^;)

ドクターフィッシュは、学名「ガラ・ルファ」というコイ科の淡水魚。
人の古くなった皮膚(角質)を吸い取るようについばむ習性があります。
魚に角質をついばませるのでマイルドなピーリング効果が期待でき、さらにそのついばみ行為が
低周波マッサージを受けているような心地よさをもたらす…らしい(^^;)
ドイツ発祥のエステだそうです。 ショッピングモール「プラザバリ」にありました!

きゃーっ!こそばゆい!!  水槽につけた足に、小魚が群がって~
  おそろしい勢いでくいつきます~
  きゃああ~こそばゆい!!

  慣れてくると低周波マッサージみたいで
  心地いいです… 

  パクパクパク~
  その勢いで、

お腹のお肉もたべちくれ~! 





今日も読んでいただき、ありがとうございます 
いつまでも遊んできた話をUPし続ける、ふとどき者に鞭をくれてやろうという方は
是非、ポチッと(笑)
   ↓
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ 人気ブログランキングへ

| BALI | 09:18 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

BALI アクティビティ編

実は、バリ島はアクティビティ天国です~(^0^)
小さな島の中に、海あり、空あり、山あり、川ありなので遊びの数も知れず~

アクティビティが満載♪
パンフレットをざっと見ただけでも、
サーフィン、スキューバダイビング、シュノーケリング、グラスボトムボート、イルカウォッチング、
水上バイク、バナナボート、パラセーリング、水上スキー、カヌー、トローリング、トレッキング、
サイクリング、ラフティングなどなど~
体がいくつあっても足りないくらい(笑)

今回はのんびりしようと思っていましたが~
高校生がいるので1つくらいは何かやらないと(笑)

参加の申し込みは現地の代理店でもオーケーです。
空港ロビーや街中にもパンフレットがあるし、ホテルのデスクでも受け付けています♪

ぎゃ~っ!

宿泊ホテルまでの送迎つき♪
ここの庭もヒローイ
サーフィンは波の高いクタビーチですが、
マリンスポーツは主にべノアやサヌールなどが適しています…
今回はサヌールビーチまで~
ぎゃああ~っ!
なぜか、運チャンぶっ飛ばす~(笑)

サヌールにあるプリ・サントリアンホテル 
この中に「Sea Walker」のオフィスがあります(^^)

ボートで出発!
   海といえば~
   潮干狩りしかしたことのない家族です(爆)
   いきなり、ダイビングやシュノーケルなんて

   絶対無理!

   でも、そんな人にも
   お手軽に海が楽しめるものがあるんです!

妙にテンションが高い人が
「Sea Walker」は、泳げなくても
眼鏡をかけていても
そのまんまで海中散歩が楽しめるという
お手軽なアクティビティです~(^^)

もちろん、水深7メートルに潜るので
ちゃんと説明を受けて書類にサインしますよ…

さて、水着に着替えて~

ボートで沖合いへ

ボートで沖合いへ!
陽気なインストラクターがお迎えです 

インストラクターが陽気にお

ここでも、簡単に説明を受けます~
「Sea Walker」は文字通り、海のお散歩…
でも、巣潜りじゃなくて~

要するに、

潜水夫スタイル(笑)

常に新鮮な空気を送ってくれる、チューブつきの重いヘルメットが重石を兼ねています。
「これは日本製です」などと、さりげなくアピールが(笑)
なんでも作っているんだなー日本人!(^^;)
魚が~!

途中までははしごで、その先は
インストラクターの指示で
海の底まで一気に沈みます…

潜るにつれて耳がツーんとします。
耳抜きができないと大変?
いえいえ、
唾を飲み込めば簡単にできますよん(^-^)V

カラフルな熱帯魚がすぐそこまで~!
餌をわたしてくれるので、
もう、入れ食い状態です~(爆)
つかめそうだけど、つかめな~い!(コラコラ^^;)

もう夢中です~!!


旦那さまも娘も「眼鏡さん」ですが、眼鏡をかけたままでOK!なのがいいですね~(^@^)V
おもろ~♪
お決まりの記念撮影でーす(^-^;)
想像以上に楽しくて、30分があっという間でした~ 



ナシゴレン・プレート♪   終了後は、ここのホテルのランチ付き。
   
   はナシチャンプルをチョイス♪
  どこのレストランでも見かける定番です。
  チャンプルというのは混ぜ合わせるという
  意味で日本にもチャンポンってありますね。
  バリ風チャーハンに、サテ(焼き鳥)と
  フライドチキン、海老せんべいなど…
  この海老せんべいが美味しいんだな~




サヌールはバリでもっとも歴史のあるリゾートエリアです。
今は人々の関心がクタやヌサ・ドゥアに移ってしまいまい、やや寂れた感じ…
それがかえって静かで落ち着いた、いい雰囲気の町になっています(^^)
欧米人のリピーターが多いのもうなづける、穏やかな大人の時間がながれている~
老夫婦が…
老夫婦がデッキチェアを移動中…
いいな~(^^)

もし、また来ることがあったらサヌール地区でゆっくりしたいなぁ…






今日も読んでいただき、ありがとうございます 
実は、このときに水中に持って行って、カメラが壊れてしまったんですね~ 
遊んでばかりいるからバチがあたったんでしょうか(^^;)
そうだ!と思われる方は容赦なくポチッとどうぞ♪
   ↓
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ 人気ブログランキングへ



| BALI | 16:42 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

BALI  神々の庭 編

バリはまた、「神々の庭」ともいわれています…

前回の記事のように都会化の波が押し寄せてきてますが
1960年以降は椰子の木より高い建物を建てることを禁じ
美しい景観を守っています(^^)

アジアントロピカル♪
マデ・ウィジャヤのサイトから

四季がなく、雨季と乾季の繰り返し。
モンスーンにも襲われる熱帯地方の人々の生活は過酷で
だからもともと各家の庭や寺院や宮殿には木が少なかったそうです。
それを今のような緑が生い茂る庭を造りはじめたのは、
植民地時代にこの地にやってきたヨーロッパ人だった…
彼らは本国のセンスと南国の植物をミックスして
独自のトロピカルガーデンを作り始めまたのです!

マデ・ウィジャヤはその伝統を受け継ぎながらも、
整然としたヨーロッパスタイルから離れて
のびやかな熱帯地方の自然とバリの精神世界を表現し、
彼独自のスタイルを作り上げた人です。
不思議な空間
マデ・ウィジャヤのサイトから

バリには彼が手がけた「バリ風ガーデン」を配したホテルがいっぱい♪
南国風無国籍な不思議な雰囲気がたまりません(^-^)
 は個人的に、こういう庭が大好きなので、こっちをメインに見て回りたいくらいです(笑)

マデ・ウィジャヤは実は本名がマイケル・ホワイトというオーストラリア人です。
建築を学ぶ学生の頃、たまたま訪れたバリに魅せられ、暮らすようになり…
当時はテニスのコーチなどまったく別のもので生計を立てていましたが
友人の庭を造ったことがきっかけでガーデンデザイナーの道へ。
いまや世界各国に400箇所以上彼の作った庭が息づいているのです…ああ、すごい!


パドマホテルの裏口

さて、前回の記事の続きです~(^^;)
クタ・ビーチを北上すると、パドマ・ホテルに着きました!
以前、泊まったホテルなんです。なつかし~

昔のワタシ(笑) 石畳の方がヨカッタのに…
ありゃりゃ~  石畳がアスファルト舗装になってる~ とほほ~

でも、中はあんまり変わってない~
欧米人が多く泊まっているみたいですが(^^;)
懐かしいな~

寝ぼけていてもサインはV
このホテルはメゾネット風のコテージがウリ♪
まるで広大な庭に暮らしているような気分が味わえるのです… 

低かった椰子の木がすっかり高くなって、さまざまな木が生い茂っています。時の経過を感じさせてくれますね…

それにしても、
おそろしく手入れが行き届いているなあ~
わはは 


パドマホテル デラックスシ




今日も読んでいただき、ありがとうございます 
ポチッと押していただくと、そろそろ畑仕事に復帰します?(^^;)
   ↓
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ 人気ブログランキングへ

| BALI | 12:30 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

BALI 神々は何処へ…編

昔のバリ 昔のバリ その3

昔のバリ その2
昔を懐かしむようになったら…
歳をとった証拠かも~(^^;)


16年前に訪れた時は
バリもの~んびりとしてました。
車もまばらでタクシーなんてあったのかどうだか…

5歳のヤンチャリカを連れて行ってても、ゼーンゼン危なくない風景でした(^^)
ブラブラ散歩をすると、これといった目印が無いもんだから
まったく違う方向へ歩いていても気付かないくらい…(笑)

人に聞きたくても日中はお昼寝タイムだから誰とも会わない! 


そーれーがー

今では!

バイク屋か~っ!

大都会です~ 

ウワサには聞いていたけれど、これほど変わり果てているとは~!! ショーック 


バリではドナルドもサーフィンしてる(笑)
ドナルドもサーフィンで♪

タクシーの中から…
テロ被害者を悼む碑
先のテロで犠牲になった人たちを悼む碑がありました…
確かに、このあたりは外国人客が多いです。治安もイマイチかも 
ここレギャン通りはバリ島イチの繁華街です。
ガイジン向けの施設もお店もいーっぱいひしめいていましたが
ボーゼン自失のためか写真がありません(笑)



ブラブラ行くと…海が見えてきました。
クタ・ビーチに近づいてきた

木陰でお昼寝しているのは、物売りのおっちゃん、おばちゃんたち(^^;)
乾季なので陰に入ると涼しいです。
午後のセールスのため、鋭気をやしなっているのかな~
物売りさんたちはお昼寝中~

クタ・ビーチ
クタ・ビーチ
サーフィンのメッカです!(^@^)

波が高くて遊泳禁止だけど~サーフィンはOKなのかなー
危ないくらい人でごった返していました…

ワレワレハ、波乗りには興味ないので、先を急ぎます…






続きはポチのあとで~ 
   ↓
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ 人気ブログランキングへ




| BALI | 10:00 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

BALI  芸術の島 編

バリ島には伝統芸能がワンサカひしめくように存在します(^^)
その多くはヒンドゥーの神々に捧げる奉納芸能がもとになっていますが
16世紀以降、マジャパヒト王朝がもたらした宮廷文化によって洗練され~
近年は観光客向けにより鑑賞を意識したものになっているようです…

バリ音楽を総称してガムランといいます。
鉄琴やドラなどを用いたものが一般的に有名ですが
今回は最近脚光を浴びている、
バリ島西部のヌガラ地方に伝わる伝統芸能の「ジェゴク」を鑑賞しました~

太さ20cmにもなる竹で作られている打楽器は長いもので4m、2人の奏者が上に乗り
2キロもあるゴムのバチで叩く巨大な木琴です(^^;)
他に大小の竹製打楽器を加え、合奏形式で演奏されます。
4音階だけしかないとは思えない奥行きのある、
また掛け合いによるダイナミックな音に圧倒されてしまいます…



バリの人々は信仰とともに生きていると書きましたが、
芸術(芸能)もまた生活の中心にあります。
この方たちはヌガラ地方の村で農業を営んでおられます。
朝、農作業を済ませてからはるばる3時間かけて公演にこられたとか 
もともとは村々の催事に楽しむ演奏として受け継がれてきたそうです…

最後に、ワークショップが開かれ、全員で演奏に参加しました!
みんなノリノリで、大いに盛り上がりましたヨ~(^@^) うまいな~♪
しっかりノリノリ♪ 竹で演奏に参加



一方、バリ舞踊の代表格は19世紀スカワティ王の宮廷で始まった「レゴン・クラトン」が有名です。
テレビで放送されるときは必ずと言っていいほど取り上げられているので
見られた方も多いはず! 無意識かもしれないけど~(^^;)
他にサンヒャンやバリス、ベンデッ、トペンなどなど~いっぱいあります。
以前に比べてどんどん増えているような? 

前回はこれまた有名な「バロン」を見ました。
バロン
聖獣バロンと魔女ランダとの終わることのない戦いが演じられます…
日本の獅子舞と似ていて親しみやすかったな~(^^)


そして今回は~
ケチャ を鑑賞しました。



それぞれの村の寺院の儀式の際に奉納される宗教舞踊のサンヒャンから派生したものだそうです。
陶酔状態に入った踊り手の動きに合わせて、声だけで音楽を奏でます…
いくつものパートに分かれていて、一度受け持ったパートは一生唄い続けるそうです。
中でも最初から終わりまで甲高い調子を取る人が大変~
暗闇に踊る男たちの身体や手の動きは自然界にあるもの、たとえば椰子の木や水や風、
火、悪霊のパワーなどを表現しているとか…
近年は「ラーマーヤナ」などの物語を取り入れてストーリー性をもたせているそうです。

クライマックスでは、トランス状態の青年が赤く燃え上がった火の中に飛び込み
激しく舞い踊り… 
トランス状態の青年が火の舞
なかなか野生的でダイナミックな芸能でした(^^)


アタのカゴ そしてそして~
バリはまた、民芸雑貨の宝庫でもあります~(笑)
エスニックな小物が好きな人にはたまりませーん!
バリの伝統工芸品にはイカット(絣の織物)をはじめ、バティック、ソンケット~アタ細工に籐細工、竹で作られた工芸品など、ごっちゃりあります~(^皿^)
ありすぎて、紹介しきれませーん。
バリの面白いところは、例えば銀細工ならチェルッ、木彫りはマス、石彫りはバトゥブランと言った具合に、村一丸となって取り組んで?いるところ。
村中どこの家の前にも自分たちで作ったカゴや置物が所狭しと山積みされている~
人々は農作業のかたわら、せっせと副業に励んでいるのだ(^^;)


比較的大きな工房の玄関先で
バティック染めのデモンストレーションをするおばちゃん…
バティック染めのデモンスト

石彫りの村はこんな感じに、両サイドが石屋ばっかりだー(^0^;)
石像村(笑)
そりゃ、市街地でも売ってはいるけど、産地直送?が安いに決まっています(笑)
気に入ったものをじっくりさがす時間がある人は郊外の村々を転々とドライブしませう 


バロンとクリシュナ神
  クリシュナ神を連れて帰りました(^^;)
  重かった!! 

  左はバロンの木製の置物。
  16年前に息子がどーしても!
  と、持って帰ったシロモノ…
  親子のDNAを感じます。
  わはは 





今日も読んでいただき、ありがとうございます 
ポチッと押していただくと、踊りを披露します(ウソです・笑)
   ↓
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ 人気ブログランキングへ


| BALI | 09:59 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

BALI  神々の住む島 編 その2

キンタマニ高原に行きました。
一瞬、耳を疑うような地名ですが、バリ島では有名な避暑地です(^-^;)

バトゥール山
バトゥール山(正面・標高1717m)が噴火してできた、三日月型のカルデラ湖があります。

バリの市街地からずーっと山道を登っていきますが、途中からは視界がひらけて
同時に有料道路に(笑) まあ、このいい景色を見るためだ~仕方ない!

バトゥール山とバトゥール湖
真夏でも風が冷たくてシャリシャリした肌触りです~(^^)
空気もウマイ!
一年を通じて冷涼な気候だそうで、時折り濃霧に包まれるほど天候が変わりやすく
長袖や雨具は欠かせません。
この日はすっごくいい天気で、ラッキー!(^@^)


レイクビューレストランから
レイクビューレストランでお昼のランチ♪
避暑地だけあって、近くにはホテルやカフェが点在しています~
近くの トヤ・ブンカ村 には温泉もあるとか!
そういえばバトゥール山は火山でしたね(^^;) 突然噴火しないでね…

ものすごい高台にありまする
ふと覗き込むと、レストランはものすごい高台にありました。
そりゃ、バトゥール山と目線が合うはずだ~(笑)



さて


ずーっと南下して、バリ島の中心部にあるウブド地区…

サレン・アグン宮殿
サレン・アグン宮殿

16世紀に建設されたウブド王朝の宮殿跡です。
赤レンガのバリスタイルの建物がエキゾチックですね(^-^)
今でもスガワティ王家の人々が暮らしておられるとか。

エキゾチックな壁

裏から見たところ
きれいに手入れされた前庭では、毎晩のようにバリ舞踊が催され一般の見学も可能。
スガワティ一族の方が経営するホテルもあるそうです(^^;)

ここで楽器を演奏するのでし
こちらで楽器の演奏をするのでしょうか。


バリ島(バリ州)には9つの王国があったそうです。
16世紀から19世紀にかけて群雄割拠の勢力争いを続けていたとか…
そしてそのときの王国の名が県の名前として今に残っています(^^)

そのひとつギャニャール県にある、ここウブド地区には
バリ絵画のギャラリーや美術館がたくさん点在します。
バリ島はまた、芸術家の島でもあるのですが…

近代的なウブドの町並み
ウブドの町並み…

ありゃりゃ~(@-@)
すっかり近代的な風景になってる!

というよーなことは次のこころだ~ 




今日も読んでいただき、ありがとうございます 
ポチッと押していただくと、次の記事にワープします (古っ^^;)
   ↓
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ 人気ブログランキングへ

| BALI | 21:46 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT