FC2ブログ

楽しい農業生活!

農業はラクな仕事ではありませんが、楽にやる方法を模索しています!

2009年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年08月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

剣岳 点の記

剣岳 点の記
点の記1

点の記 日本地図を完成させるため未開の地・劔岳に命懸けで登頂した測量師たちの姿を描いています。原作は新田次郎。
明治時代末期、陸軍参謀本部陸地測量部の柴崎(浅野忠信)は、地図上で空白となっている劔岳の登頂と測量の命令を受け、仲間と共に劔岳初登頂を目指す。
だが、そこには前人未到の地。劔そのままの姿で聳え立つ絶壁、深い谷は人をも寄せ付けない過酷な
点の記5 世界だった。そしてそれを取り巻く環境も実に厳しい。
ライバルの出現、軍部の圧力、山への畏怖の念…さまざまな問題が柴崎の肩に。登頂ルートがみつからぬまま、雪崩や暴風雨など想像を絶する困難が測量部に襲いかかる…
共演は香川照之、松田龍平、宮崎あおいなど豪華俳優陣がいっぱい(^^)

点の記2これは旦那さまと2人で観てきました(^^)

CG無しの圧倒的なスケールの映像が凄いの一言に尽きる!
「八甲田山」「復活の日」「駅 STATION」など日本映画の名作・大作を数多く手掛けてきた名キャメラマン、木村大作氏が初監督 をしたそうです。
なるほど~と思える。
絶景、絶景、絶景~の
点の記4 オンパレード!
息をのむような壮大な風景が目の前に広がって、あたかも自分が剣岳にトレッキングに行っているような錯覚に陥ってしまうくらい…

昔の日本人が出てきます。実直でつつましやかな暮らし。
浅野忠信がいいです。でも、山の案内役の香川照之が凄い。冒頭の歩くシーンからして唸る上手さでした(^^)
ただ、実話に基づいたこの映画のストーリーはとても地味かも。淡々と話は進み、ドラマチックなことはなーんにも起こらないし、誰も死なないし、ロマンスもバイオレンスも何もないです(^^;)
だのに、最後まで飽きずに観られたのはなぜだろう。
次から次へ圧倒的に力強い山の姿を見せつけられて、また日本の美しい風景に魅せられて知らず知らずのうちに自分たちも自然の一部になっていたからかもしれない。

ゴアテックスもフリースもトレッキングシューズも無い時代…鍋と釜をしょって山登りする姿に目がテン!です~。テントも木綿だし、背負子に資材を詰めたのは柳行李だし~カッパは蓑なんだもん…足袋にわらじで登っているなんて!!昔の人は凄すぎます(^^;)
点の記6 先達の過酷な苦労があったからこそ、今みんなが安全に登山ができるようになっているんですね。
普段、何気に見る地図もこれからは標高線の一つ一つに人が立っているんじゃないかと思えてくる映画でした…


これは絶対に映画館で観ないと!
自宅のテレビでは
ただの絵葉書です(^^;)
点の記3

個人的な感想を最後まで読んでいただき、ありがとうございます 
山登りが苦手でしたが、いつかは山頂に立ってみたくなる映画でした。
ポチッと押していただくと、荷造りを始めます (ウソです・笑)
   ↓
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ 人気ブログランキングへ

スポンサーサイト



| 映画館で見た映画 | 23:47 | comments:13 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |