FC2ブログ

楽しい農業生活!

農業はラクな仕事ではありませんが、楽にやる方法を模索しています!

2017年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

人参の間引き…

いつも失敗する、人参栽培…




もものすけを全収穫したついでに、 間引きしました。
(左奥に写っているのは種取り用のもものすけ)





抜いたのが、これだ~~



ミニチュアながらも、まっすぐ? 

いい線いってる?!


どうか、ぬか喜びになりませんように!!  



今日も読んでいただき、ありがとうございます 
ポチッと押していただくと、2倍速で働けます(笑)
   ↓
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン


スポンサーサイト



| 野菜作り 人参 | 09:03 | comments:18 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

サント・トメ教会とカテドラル(トレド大聖堂)

スペイン旅行3日目は盛りだくさんで…ちょっと長めになるかもです(^へ^;)
興味のない方は↓をポチッとして他の有益な方のブログへどうぞ~~(笑)



でも、気が向いたら帰って来てね(^m^)/


一夜明けて… 朝食の時間~
スペインの朝ごはんは全体を通してとても充実していました。 パンだけでこんだけ~~

豊富

けーきが

朝からケーキか?! (右に並んでるやつ  )
と思った心を押さえて、控えめにフルーツ中心に(笑)

フルーツ中心


食べ終わる頃に夜は白々と明けてきました。 
この時の現地の日の出は8時ごろでした (@-@)

うすぴんくいろ


ひゃ~っ!美しい! トレドの旧市街地が一望できます!!

美しい

中央にある大聖堂はこれから観光に行くところです。

だいせいどう


天正遣欧少年使節団って覚えてる?
1582年2月(天正10年)に、世界征服?の野望を膨らましていた信長の命で
ローマを目指して旅立った4人の少年のことを…

出発して4か月後に言い出しっぺの信長が討たれてしまったなどということは知る由もなく
2年以上かけてローマのバチカン(1985年3月)まで行ったのよ~えらいわ~~ 

マカオ→ゴア(インド)→喜望峰(アフリカ南端)を経由して、
ポルトガルのリスボンから入国した4人のうちのひとりが天然痘にかかっちゃって 
半年ほど足止めをくうことになったのが、ここトレドであります(^^;)

そのあとマドリードで当時の王様に謁見して熱烈歓迎されているから、
死の病の天然痘を乗り越えたってことだよね?(@m@) 信仰の力?! 


ぷーるですね

テラスつき

名残惜しいけれど、超眺めのいいホテルともさようなら。

8時40分にバスは出発~



トレド旧市街地
ええわああ

古代ローマ時代から栄えたトレドは3方をタホ川に囲まれた天然の要塞都市。

かつての城塞やカテドラル(大聖堂)を中心に広がる旧市街地にはキリスト教、ユダヤ教、イスラム教などの異なった宗教文化が混在する、独特の街並みが広がってます…

かわいらしい



保存地区なので外側の景観は損ねちゃいけないらしいけれど
こういった増築はオーケーなの?(笑)

増築の仕方


途中、トイレ休憩を兼ねてお店へ…

彫金

トレドはダマスキナードという彫金細工の工芸品が有名です。

刀剣や鎧なんかもあった~

きんぞくかこう

きれいです~



てくてく歩いて…


サント・トメ教会
さんととめきょうかい


え?ちっちゃい… (@へ@) 教会っぽくな~い(汗)

でもね、この教会には 今日の観光の目玉である、
エル・グレコが描いた 「オルガス泊の埋葬」 という大作(4.6× 3.6 m)があるのです!
写真撮影はNGだったから Wikipediaの画像を参照してね↑

詳しい解説は省略~

絵には当時の著名な人々が描かれていて、グレコ本人とグレコの息子のホルヘ・マヌエル(左下の男の子)もいるらしい。そのポケットのハンカチーフにはグレコの本名の「ドメニコス・テオトコプーロス」と、息子の誕生年(1578)のサインがあるのよ…

そう! エル・グレコはあだ名だそうです(@0@)

えるちゃん


生まれたのはギリシャで、その後しばらくいたイタリアの言葉でグレコ(ギリシャ人)
エルはスペイン語で「男」に付ける尊称なんだとか。 
つまり、ギリシャのおっさん…(コラコラ!) って呼ばれてたので
そのままペンネームにしたらしい。



トレドにはグレコが暮らしていた家があるらしい。
本当に住んでたかどうかは眉唾だそうですがっ(笑)
とってもトレドを気に入っていて、当時の旧市街地を描いた絵があるそうな。
ほとんど今と変わってないとか??

ちなみに、奈良市とトレド市は姉妹都市です(^m^)



てくてく歩いて…



カテドラル(トレド大聖堂)
すいている~

どう? すいてるでしょ~(^m^)  この日も寒かったのよぅ 
真冬のスペイン、ねらい目よ~!(爆)

スペイン全土のカトリック教会の総本山です。
13世紀に着工し、完成まで約270年もの歳月をかけたゴシック様式の大聖堂です。
バチカンのサンピエトロ大聖堂、イギリスのセントポール大聖堂、スペインのセビリア大聖堂に次ぐ、世界で4番目の大きさ!

く~び~が~ 痛くなる~~天井が高い~~~ さむい~~

天井たかい!

きれ~

ステンドグラスが美しい…


カトリック教会の中はどこも同じような感じ…

キンキラキン 

主祭壇
ちかちかする

きんきらきん~

聖歌隊席
れこんきすた

椅子にはそれぞれ異なった彫刻が彫られていて、キリスト教の再征服運動(レコンキスタ)が終結したグラナダ戦争がモチーフになっているそうな。
スペインって、小国がせめぎ合っていたところにローマ帝国が来てキリスト教圏になったあとイスラム帝国が攻めてきてイスラム教圏になり、その後またキリスト教が奪い返した(←レコンキスタ)という大きな歴史の流れがあるそーです!!

その都度文化も代わるので、住んでいる人は大変だよ!!!
そんな説明を受けている私たちも頭がこんがらがって大変だったよ(爆)

興味のある人は歴史の本を開いてみてね~

あまり勉強が得意でなかったワタシは、ついこんなところに目が行くのであった。
手すりや椅子の裏の彫刻がなにげにヘンだったのよぅ~~

おもろ~

おもろい

ま、遊びも必要ってことかな?!






キリスト教会というものは字の読めない人にもそのすばらしい教義を伝えるために
あの手この手で迫ってきます…


聖体顕示台
聖体顕示台

宝物室にある、純金と純銀製で本物の宝石があしらわれた聖体顕示台。
高さ約3m、重さ約200kg (@0@) 巨大!
こんなのを年に一度だけ外に運び出しておみこしわっしょいならぬ、聖体行列をするそうな。
本物の宝石がいっぱいはめこまれておりました…

まぶしくて…


目がっ、目が~~~!! (ルスカ)

ほうせきが~~~~



薄暗い建物の中で高い天井近くの窓から差し込む光のほうを見ると
ぎっしりと集っている天使たちの姿が… 

せいなるひかり

うっかり…

うっかり入信しそうになっちゃいそう?(笑)


他にも、エル・グレコ作「聖衣剥奪」と天井画のルカ・ジョルダーノ作「聖イルデフォンソの昇天」やらゴヤの「キリストの逮捕」などなど、ここは美術館か?! というような作品がずら~り♪
だけど、長くなるので省略~ 詳しくは→ ココ をどうぞ~(^m^)/ 

じょうひんな~


さて、トイレ休憩を兼ねて30分(笑)の自由時間。
旦那さまは食料品店でビールをお買い求めに… そこにあった、ジェラート(^~^)
うまそうだな~ 寒く無かったら買うんだけどな~

うまそう

生ハムのお店でおつまみも買いました♪

生ハムおつまみ



サント・トメ寺院ゆかりのお店で「マサパン」というお菓子を買いました。
このディスプレイは別のお店のものだけど、修道女たちが作ったらしい…

まさぱんをつくるしゅうどう

アーモンドの粉を使った素朴なお菓子です。 
そう! 知っている人は知っている、あの 「マジパン」 の原点らしいよ(^m^)
左の端にあるのはどう見ても餃子っぽいけれど…

fc2blog_20170202203417b82.jpg



これでトレドの観光はおしまい!



バスは昼食レストランに向かって出発だ~~!!




今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございます 
ポチッと押していただくと、嬉しいです(笑)
   ↓
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン

| スペイン | 00:03 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |