FC2ブログ

楽しい農業生活!

農業はラクな仕事ではありませんが、楽にやる方法を模索しています!

2017年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

セビリアの理髪師

は、19世紀イタリアの作曲家ロッシーニによる喜劇オペラ。
旅行記を書くにあたって、調べたら、あらまあ(@。@) スペインが舞台でも
作家はイタリア人だったのね~(汗)

のらかとおもったら

コルドバからセビリアへ向かう途中のドライブインにいた犬。
めっちゃスレンダーです!

体重落して矢吹ジョーとの闘いに挑む力石みたい…
行く手を阻む旦那さまに気づいて、イカ耳になってるのがなんともはや… 

りきいし


さてさてさて~~ 2時間のドライブを経てセビリアに到着♪


スペイン広場
ひろすぎ

1929年の万国博覧会『イベロ・アメリカ博覧会』にパビリオンとして建てられたものだそうです。 っちゅーことはわりと近代の建物ですね(^-^;)
半円形に伸びる回廊には、スペイン各県を紹介する、紋章と歴史的出来事を描いた絵タイルがはめ込まれています。

ふううん


テラスに上ってみました… まぶしー!
めっちゃいい天気ですわ(^m^;) 真冬でこの陽射し。 真夏だったら倒れてるわ。
暑そうに見えるけど、気温は12℃くらいだったからね

まぶし~~~

スペイン広場といえばローマが有名!
で、スペイン国内はもちろん世界中に「スペイン広場」があるんだけど、
ここセビリアのスペイン広場が世界一美しい…

映画、「アラビアのロレンス」や「スター・ウォーズ エピソード2」のロケ地になったそうな。

石が!

 この碁石みたいなのをモザイクのように埋め込んで模様を作ってんのよ 
スペイン人も根性ある!!!




さて、次は

セビリア大聖堂
めっちやいいてんき

何度もしくこく出てくるけれど、
スペインの聖堂はもとはイスラム教のモスクをリユースしているので、イスラム教の面影が残った建物になってるのがいちばんの特徴ですね…
ガイドさんが世界3位って言ってたけど…あれれ?トレドでもそんなこと言ってなかった?

とうに

せびーじゃ


ここら辺はゴシック様式? びっしり張り付いているのは聖人の方々だとおもう…(汗)

いっぱいいてはりますよ

オレンジの木が並ぶ前庭はイスラム形式。 
水場があり、イスラム教の信者はここで身体を清めていたんだそうです。

おれんじのひろば


ヒラルダの塔 に上れっていうので~
スロープ

そうです! 階段じゃないのよ~~(@0@)

どうしてだと思う?




聖職者がロバに乗って塔の上まで行けるように、スロープにしたんだって!

うっそぉ(@-@) マジっすか?
歩けよ!聖職者ぁ!! ロバがかわいそうだよっ 



狭いスロープ…
34回もグルグル回ってあがりましたよ…けっこう足にきたわ…

かね


いい眺め…

びっちり~~


教会の天井部分はこんな風になっているのね…

どーむのそとはこんなかんじ

というよーなことを踏まえて、降りて来たら内部の見学!



まぶし~~

くびが~くびが~

首が、くびが~


と、思ったら、天井の細工をラクに観るための鏡が用意されとりました。

かがみが


1492年に新大陸を発見して帰国したものの、コロンブスはあまり歓迎されなかったらしく
遺骸はゆかりのある各地を流転したそうな(^へ^;)
最終的にキューバの首都ハバナからここに運ばれてきて
カスティーリャ・レオン・アラゴン・ナバラの4人のスペインの王たちが担ぐ棺の中に納められているらしい…

4人のおうさま


1人の王様が剣で串刺しにしているのが柘榴=イスラム  だそうです。

柘榴はイスラム



他に、聖書のエピソードを1000体以上の彫像とレリーフで表現した金ぴかの主祭壇や
聖歌隊席など、みどころはたくさん…
でも、この頃にはだんだん…見飽きてきて… (コラコラ^^;)

聖堂内にはセビリア出身の画家を中心にして絵画がたくさん飾られているはずなのだけど
あまり見ることができなかった。
例のゴヤの絵もあるはずだったのに… 残念~!

聖アントウスの幻視
ぬすまれたらしい

これ、下の聖アントニオの部分だけが切り取られて盗まれたそうです。
あとで無事にもどってきたそうで、よく見ると修復のあとがありました。 
でも、なんで? こんなおっさん(コラコラ)を盗まなくてもねぇ…



バル

あちこちにあるオレンジの木に生っている実は渋オレンジ。
食べられなくもないけど、ぜんぜん美味しくないそうで、現地の人は誰も取らないらしい。

見分け方は、葉っぱの軸近くにちいさな葉っぱがついているかどうか。

はっぱが2つ

こういった渋オレンジは加工されてママレードや洗剤になるんだそうですョ(^m^)



相変わらず綺麗な路地。 バルの前にいたスズメも手持無沙汰でした…

すずめたちもたいへん



これでセビリアの観光はおしまい!

バスは一路次の目的地ラリネア(300キロ約3時間)を目指してぶっ飛ばす~~~!!


19:30ごろホテルに着きました…
今日もシンプルイズベスト! ちょっとだけオシャレ (^-^;)

シンプル~~

ちょっとだけおしゃれ

まずは、水が出るかチェックする旦那さま。 
これ、重要ですョ(^m^)たまに出ないことがあるからネ。

コンパクト


晩ごはんまで時間があったので、近くのスーパーへ買い出し♪
こういうのが楽しみだったりするのよね(^^)

しりあるにかえるが

シリアルのパッケージにカエルが採用されているのは初めてです(@-@)

ペット用品や雑貨コーナーなどによく売ってるんだけど、野菜の種は無かったわ…

うっていない



晩ごはんはホワイトアスパラガスのスープとチキンステーキ♪

ほわいとあすぱらがす

ちきんすてーき

でかい!(@m@) すごいボリュームだわ… (鶏肉嫌いの旦那さまは可哀そうだった)

でも、このチキン、どうやって料理したのか、と~~~~っても柔らかくてジューシー!
ナイフを入れるとホロホロに崩れて食べやすく、薄味で美味しゅうございました(^~^)

で、そうしたらデザートもどんなんかな~? って期待がわくじゃない?

ヨーグルトっていうから自家製?? って♪

ワクワクしていたら


ポンッ! って



ええっ?


お後がよろしいようで(笑)


続きはまた明日のこころだ~~~ 






今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございます 
ポチッと押していただくと、畑仕事もガンバリマス(笑)
   ↓
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン



スポンサーサイト



| スペイン | 23:13 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ももの移植と庭木に寒肥

コンニチハ! かなり降っています(^m^;) 
さっき、傘をさしてワンコの散歩から帰ったところ。今日はいちにち降るらしいですね…
雨が降るのを見越してやっていたことを順にUPしていきます~ 


いつ植えたのか忘れたので過去ログを探すのに時間がかかってしまった。
この白桃は、2009年にホムセンから買ってきた 「白鳳」 らしい。

はくとう

その後、鉢ごと埋められたり移動したり変遷を経て、このプランターに植えられて
ほぼ忘れられた状態で放置されていました(滝汗)



それと同時期に、
最初に植えたものが枯れてしまってリベンジに植えた 大玉あかつき桃 でしたが…

おおだまあかつきもの

2015年に突然枯れ始め、お亡くなりに 

そのまま一年様子を見ましたが復活する様子が無いので(笑) 撤去することに。

旦那さまに掘り上げてもらいました!スコップの陰に旦那さまの足が写っています! 

こんなに根が太いのに

こんなに太い根が張っていたのに、枯れてしまうなんて… 
桃の命は儚いなぁ…

。゚(゚´Д`゚)゚。





少し西側に穴を掘って、白鳳を植えました。

きりつめました

枝を切り詰めて、必勝祈願! ←なんか違うと思うケド 

苦節10年+? 桃栽培の、新たな挑戦です~~



ついでに、庭木にも寒肥をやっておきました。 (By 旦那さま)

寒肥



今日も読んでいただき、ありがとうございます 
ポチッと押していただくと、2倍速で働けます(笑)
   ↓
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン


| 果物作り 桃・スモモ・サクランボ | 11:22 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

メスキータと旧ユダヤ人街

一夜明けまして… シンプルなホテルの朝食です。
他にも色々あったけれど、身体の事を考えて控えめにしました(笑)

かるめです

9時出発なのでみんな集まってきました。
今回のツアーは一人旅の男の人1人入れても15人のツアーです。
最少催行人数ギリギリ(汗) イヤ、私はそれを狙って申し込んでるんだけどね。

イスラム風

ここのホテルはイスラム風なのかな? ホールが広くて池が作ってありました。

鯉が

池の中までシンプルやーん 






さてさて、バスはコルドバの市街地に到着~

なんと! 

南に来た気がする~

南に来た気がするわぁ~~(^m^)



橋を渡ってむこうに見えるのが、世界遺産コルドバの街。

とおい

ローマ橋は全長230m、16のアーチで支えられている。
紀元一世紀にローマ帝国によって本格的なコルドバの都市建設が始まった時に架けられたもの。その後イスラム時代に補強され、さらにキリスト教徒の時代に改修されたんだそう…


歩いて橋を渡っていると、
急に空から鳥がいっぱい降りてきて…

とりがあつまってきた


あ、なーんだ、そういう事ね♪ オジサンがパンか何かをまいていました。

そういうことね



いざ、コルドバの街へ!

コルドバの町へ



先に旧ユダヤ人街を回ることになりました。

旧ユダヤ人街をまわる

お気づきになられた方もおられるでしょうか…


スペインの街、ゴミがひとっつも落ちてない!


どこもかしこも、
たった今、ダスキンメリーメイドが入ったんちゃうか?と思うくらい、
めっちゃきれいなんです(@-@)

きれー

スペインってスリが多くてアブナイ国 = 荒んでて汚れた街 
かと思っていましたが大間違いです。
街の人はにこやかで親切だし、静かだし、
何か買い物してもお釣りをごまかしたりしないです (どういう例えや!)

どこ?

10~15世紀にかけてユダヤ人たちが住んでいた地区です。
アンダルシア地方独特の白い壁の家々が連なり、迷路のような小道が入り組んでいてガイドなしでは迷子になっちまう。

現地ガイドのイサベッラちゃんが早口で、で見どころをどんどん紹介してくれるんだけど~
足が早いんで、 へー? ほ~? と言いながらあとを着いていくので精一杯さ(笑)



これは病院? いや、大学って言ってたかな~~ もう、どんどん忘れていく私… 

だいがく?



コルドバ職人協会の中庭
なかにわ

白い壁に花の鉢植えが飾られているというアンダルシア地方特有の建物です。
お花の季節だったらよかったんだけどね…

代わりにカワイイにゃん♪がいました。

かわいいニャン♪


窓にかけられているのはゴザ?! 

ござが!

それほど真夏の日差しがきついってことです!
アンダルシアはスペインのフライパンって異名があるらしいよ 

壁が白いのは太陽光線をはね返すため。 光と熱気を入れないように窓が小さくなってて
狭い路地も陽射しを避けるためなんだって 

そのかわり、木陰の涼しい中庭が充実しているのね。

庭


しかし!今は真冬! 

この日のコルドバの気温は5~12℃でした


朝は曇っていたのでとっても寒かった 
汗だくにならなくてある意味、ラッキーだったかも…


それぞれのお店の奥には綺麗な庭がいっぱい。
それはまたの機会に紹介しますね~(^m^)/




Sinagoga (14世紀のユダヤ教会) 
しなごーがって?

アンダルシア地方唯一のユダヤ教会。 


マイモニデス像
ゆうめいなおいしゃさん

コルドバ生まれのユダヤ人。神学者で哲学者で、医師でもあった。
特に、痔の治療法に秀でていたそうな(^m^;)

金ぴかの靴を履いているように見えるのは、
みんながマイモニデスの多才な才能にあやかりたくてナデナデするからだそうです。
ビリケンさんの足の裏みたい?

はなのこみち



さ、いよいよメスキータに入ります!

はいります

10ゆーろ

後ウマイヤ朝では主都として栄えたコルドバ。
メスキータとは、スペイン語でモスクのこと。もとはキリスト教の聖堂があった場所に、ウマイヤ王朝のモスクに改築され、その後どんどん増築されて2万5000人もの信者を収容できたという。

西ゴート、イスラム、カトリックなど様々な文化が交じり合った、他に類を見ない不思議な建物。 
レコンキスタ(再征服戦争)でキリスト教勢力になると再び聖堂になり、
今は 聖マリア大聖堂  になったが、通称?はメスキータのまま。

昔は青空聖堂だったところへ、キリスト教になってから天井を付けたらしい…?

天井は木ですね

円柱やレンガと漆喰のサンドイッチになったアーチはローマ風。
同時期に奈良にも中国を経て円柱がきてますね…

もりのよう



ミフラーブ
うむむ

イスラム教徒が祈りをささげるための、メッカの方向を向いているくぼみ。
金色のモザイクで飾られていて、コーランの一節が刻まれている…

しっくできれい

今はキリスト教の教会の中に、イスラム教の拝殿があるようなものです。

よく壊さずに残したよね~ 
荘厳すぎて手を付けられなかったのかも知れないね(^-^;)



そして、最後に…
再征服後に建てられた、中央祭壇  ゴシック様式の楕円形のドームが圧巻~!

ちゅうおうさいだん

椅子に座って休憩(笑)

他にも凄いのがいっぱいあったけれど、以下省略~
詳しくは別サイトの旅行記を見てね → ココ

いそがしいねん





さ、さ、ランチだ~~!! 歩いてお腹減った~~!!

いろいろあるみたい


外国は水にもお金を払わねばならぬ。
だったらもうちょい出してサングリアを飲もう… できたら氷抜きにしてほしかったぜよ。。。

さーむーいいいんだから~


昨日、ラマンチャの男が拒否したという、郷土料理がでました。
私はどうでもいいんだけど、添乗員さんが店側に交渉して作ってもらったんだそうです。
一応、ツアーではその地方の名物料理を食べるって書いてあるからね(汗)

ビストマンチェゴ? 野菜のトマトソース煮込みポーチドエッグ乗せ♪
ラタトゥイユみたいですね。 まあまあ美味しかった(^~^;)

ぴすとまんちぇご

こちらはコルドバ名物の肉巻フライ  すごいボリューム!!

肉巻フライ


そーしーて、注目のデザートは?!


デタ! 焼いてないプリンの中身(笑) マリービスケット乗せ!

でたっ!

まあね…日本でもさ… 
お汁粉とかを食べるとガイジンがこういう反応するんじゃないかと思うわけですw

ごちそうさまでした(^m^)/


アルカサル?の前にあった糸杉?? めっちゃ高い~~
昨年の台湾旅行で食べたソフトクリームを思いだしたわ(爆)

杉?


というわけで~


コルドバ観光は終わり。次のセビリア目指してバスは出発進行~!!

もっとみなみへ~


今日も読んでいただき、ありがとうございます 
ポチッと押していただくと、2倍速で働けます(笑)
   ↓
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン


| スペイン | 00:57 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |