FC2ブログ

楽しい農業生活!

農業はラクな仕事ではありませんが、楽にやる方法を模索しています!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ショウガを植えた

しょうが…
  
  建物の日陰だからと
  砂漠地帯に植えて大失敗した
  昨年のショウガ…

  今年は  と場所を入れ替えて
  リベンジ! 



初心に返って、調べてみました(汗)

ショウガに含まれるジンゲロールには、血行促進&発汗作用があります。
風邪のひきはなに飲んだり、冷え性を改善したり、つわりや二日酔いの吐き気を抑えたり…
またその強い殺菌効果を利用して食中毒を予防するために刺身の薬味やお寿司のガリなど~
どちらかというと薬的な使い方をされてきました。
最近の研究では、抗酸化作用で種々の疾病や老化防止に期待が持てるらしい(^^;)

ショウガはタンパク質分解酵素のプロテアーゼを含んでいるので、肉を柔らかくする効果も♪
ピリッとした味と香りが食欲をそそり、おまけに消化促進に役立つ!
ああ、豚肉の生姜焼き万歳! (なんのこっちゃ^^;)

お多福

ショウガはインド・マレー原産で高温・多湿を好み、直射日光と乾燥に弱い。
連作障害が出やすいので2年以上開けなければならず、始めの生育がとてもスローです。

効能とは裏腹で、とても気難しやさんだ~(^^;)


ショウガの育て方

1 4~5月、遅霜がなくなってから
2 半月前に石灰50g/m 植え付け直前に元肥を入れ、幅60cmの畝を準備
3 種芋は2~3芽つけて50g前後に分割し、芽を上に向けて株間5cmに植える
4 6月上旬、7月上旬の2回追肥と土寄せをする
5 乾燥に弱いので水切れに注意。敷き藁をしておく
6 収穫は、7~8月に筆ショウガ(新芽の太さ1cmくらいのもの)10~11月に新生姜

ショウガ植え付け完了~

 のバアイ…
黒豆の跡地なので元肥料はなし(^^;) 表面の草を削っただけでそのまま植え付けマシタ。
目印に籾殻を置いています(爆)

手前をよく見たら、この畑のヌシが顔を出していますね…(汗)



「わしらの出番はいつじゃ~!」

ミニ温室で待機中

混みあってきたので、ポットに植え替えました(^^;)
縦型のガラス温室は日当たりが悪いので、外の仮設温室で待機中です~

暑い日は換気します~

玉ねぎを収穫するお師匠様    日差しがきついときは
   換気してますよ~
   畝の準備ができるまで
   もう少しガマンしてねー(^^;)





   翌日から雨の予報が出ていたので
   「倒れたものだけでも」 と
   玉ねぎを収穫するお師匠さま…
   
   ご苦労さまですぅ 









今日も読んでいただき、ありがとうございます 
ポチッと押していただくと、2倍速で働けます(笑)
   ↓
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ 人気ブログランキングへ



関連記事
スポンサーサイト



| 野菜作り ショウガ | 11:39 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

わ~! ショウガ切って刻んで植えてる~(^^)v
うちもそうしたけど、まだ芽が出ないから少々心配になってて(笑)
大きなまま植えられてた方もあったので、あれれ?
って思ってたんですよ~
安心したぁv-221 もうちょっと待とうっと。

実はショウガの佃煮(手作り)を頂いて、それがとっても美味しくて
今年はどうしても植えたかったんです。
その方のおっしゃるに、漢方の基本なんだそうです。

え? 7~8月に出たら、採ってもいいの?
同じショウガで二度楽しめるってこと??
ウヒヒヒ・・・いっそう嬉しくなってきた(^Q^)

玉ネギ、もう倒れてるんですね~
うちは今年もちょっと、オカシナ感じだけどどうだろう・・・
そろそろ倒れてきたのもあるから採ってみようっと♪

| トマコ | 2010/05/26 18:03 | URL | ≫ EDIT

たんじゅん農法!

まだまだ強力なものが、控えていて楽しみですね
僕は、最近農文協の現代農業の「塩まき農法」と「土ごと発酵」の記事を繰り返し読んでいます。
同じ作物でも、腐りやすいもの、不味い物、と美味しいの差がありすぎますよね。
それには、作物のミネラルの過不足や、土が腐敗型か発酵型の状態になって違うようです。

自然塩を作物にまくと、世の中にある100種類のミネラルの大半が得られて、美味しい作物になるような・・

肥料は土の中に入れると窒素過剰になって、腐敗型の作物になる・・虫や病気になり易くて、おまけに体にもよくなくて、まずい作物になる・・

そこで肥料は土の表面にかき混ぜる程度、もしくは表面にじゅうたんのように覆う、その肥料には、窒素分の少ない、腐敗しないような炭素が多い、わらや籾殻、木材チップなどをまいて覆ってしまう。
そうすると、土の中の微生物が時間をかけて、窒素、りん、カリやあらゆるミネラルを作物が吸収しやすいような形に提供して、健康で美味しい野菜が出来るそうです。

その発酵型の作物は、虫には毒になるし、人には美味しい薬になるということでいいことずくめ・・・

まだ、ここ10年ぐらいの作り方なので、まだまだ、一部の人達が、炭素材の肥料でいろいろ試行錯誤しているみたいですが・・・

げろげろさんの畑を見ている感じでは、この発酵型の土地作りの不耕期栽培が合ってるような気がしますよ。

僕は木にはすごいエネルギーというかなんとか肥料出来ないかと考えていたんですが、この本とか読んで、あ、そうなんだな・・自然塩と木の活用がいいんだなって感じです。

経済的にも肉体的にも、割合と楽に野菜作り出来る方法かなと考えています。

げろげろさんは、どう思いますか?

| お客様 | 2010/05/26 20:42 | URL |

トマコさんへ

> 安心したぁv-221 もうちょっと待とうっと。

ヨカッタ~同じ人がいて(爆)
切らないで植える?それは初耳です~(^^;)
昨年のことはすっかり忘れてしまったけれど、
芽が出るのはとっても遅かったような気がします~

やっぱ、漢方薬ですよね(^^;)
うちは冷え性の体質改善に力を入れています(笑)

> え? 7~8月に出たら、採ってもいいの?

葉ショウガらしいよ(^^)
でも、とっちゃったらあとはどうなるの?って思って
昨年はとらなかった~(爆)

玉ねぎ、今年は遅いですね。芯が腐ってなきゃいいけど(^^;)

| gerogero | 2010/05/27 00:30 | URL |

お客様へ

農文協の現代農業は、図書館で時々読んでいますよ~(^-^)
実践的なことが詳しく載っていてとても勉強になりますね。
「塩まき農法」と「土ごと発酵」?
最近、ご無沙汰していたので知りませんでした…
またまた面白そうなのが出ているんですね(@-@)
自然塩は確かにミネラルの宝庫だと思います。
今の畑は野菜が全部吸い取ってしまっているってことなのでしょうか。

家庭菜園も、最近は肥料や農薬を使う従来農法から自然農法へと移行してきていますね。
資材を売るメーカー側からするとあまり歓迎はできないかもしれないけど
メタボな生活から抜け出して体調を整えるように、みんなが
畑の健康を考え直すことに気がついただけでもいい傾向だと思います(^^)

わらや籾殻、木材チップなどが有効なんですね。
なんだか自信がわいてきました!
私は育てる作物も土の中の状態も、多様化が鍵だと思うのです。
もちろん土地自体も個性のひとつですよね。
隣地でうまくいったことがうちには当てはまらないことも…
色々試してみて、残ったものが自分の答えだと思っています(^-^)
土の中の微生物をたよりにゆるゆる頑張ることにします。
ありがとうございます e-466

| gerogero | 2010/05/27 01:08 | URL |

大好物で~すo(^▽^)o

 僕はショウガ大好き人間で
いっつもぱりぱり食べてるんですよねぇ。
ショウガ焼きもカツオも
ショウガが山ほどかかってるのが好き(#^-^#)
 あの水はけの悪い愛菜園にも植えたかったんですが
家族の反対で断念しました(T_T)
 ところでそんな連作障害の激しい野菜は
野生でどうやって生き延びてきたんでしょうねぇ? 
 おっ、これがお師匠様の御姿ですか。
何となく仙人のような服を着ておられるイメージだったんですが
結構、カジュアルなお衣装ですね(・_・;)

| まなパパ | 2010/05/27 07:38 | URL |

まなパパさんへ

ショウガ、お好きなんですね(^-^)V

ええーっ(@-@)
ナゼに反対? 水はけの悪い場所なら乾く心配ゼロなのにー
あとは植えっぱなしで楽勝なのに(^^;)
ま、意見の食い違い、我が畑でもしょっちゅうです~
こっそり植えちゃえば~(爆)
芽が出るの遅いからバレるのも先送りできるよ(おいおい^^;)

お師匠様の帽子に着目!
平安時代の女子の旅姿みたいな垂れはお師匠様オリジナルです(^^)V

| gerogero | 2010/05/27 09:07 | URL |

うんうん!!基本に忠実ですな・・・。


これなら期待できるのでは!?

| T.I-tom | 2010/05/27 21:57 | URL |

高温多湿

しょうがの育て方もよくよく調べず昨年植えて芽は出てきたものの
失敗v-22
gerogeroさんのブログで原因がやっとわかりました。
高温多湿で乾燥に弱いんですね。
日当たりはいいところがいいんでしょうか?

ところで、昨年も普通のしょうがを上の画像のようにカット
して植えたのですが、本当はお芋のように種イモならぬ
種しょうがっていうものがあるんでしょうか?
ごめんなさい。知らないことばかりなので質問攻撃でしたv-209ペコリ

| Yumi | 2010/05/28 07:59 | URL |

T.I-tom さんへ

今年は失敗したくないでーす。
毎年言っているような気がするけど(爆)

| gerogero | 2010/05/28 09:13 | URL |

Yumiさんへ

ショウガの日本での特産地は高知県が有名です。
温暖で湿潤なところが適地といえます。
日当たりはほどほど…半日陰くらいがベターかも(^^;)
あんまり日が当たらないと光合成できないだろうし
かといってカンカン照りだと葉焼けして枯れてしまう恐れも~
うちは今回湿気は確保できましたが、さえぎるものがないので
日照りのときは寒冷紗をかけようと思っています(^-^)

うちは前回のものが元本割れ(爆)して食べてしまったので
また新しく種ショウガを買いました。
基本的にジャガイモと同じだと思います。
食用のものを植えても問題ないはず~(^^;)

芽が出るのが遅いので忘れてしまって水切れした~
というのが敗因でした(笑)
今年は私もがんばります e-442


| gerogero | 2010/05/28 09:29 | URL |

失敗したの?

あんまり、放任では、駄目でしょうね。
連作障害なんて、我家では、ありません。
すくすくと、ショウガも育ちますたよ。
ようは、保水せいもある土作りです。
砂地の改良は、保水性をもたせて、肥料分が逃げないようにすることです。木の葉や草、籾殻、米糠や、生ゴミ堆肥などを土に混ぜ、酵母液を掛けて、改良して、とてもいい土になりました。
ショウガを植えた後は、土寄せなどは、しませんでしたよ。乾燥しないように、藁を掛けたり、酵母液を時々掛けていました。
ゲロゲロさん、昨年は、優雅に海外旅行などされていたからでは?
畑は、観察し、手を掛けてやらないとね。塩撒きは、自然塩高いので、止めました。
酵母液の中に塩分も含まれているし、貝石灰にも、ミメラルたっぷりなので、代用しています。
年々、米糠や籾殻撒きで土が変化して手ごたえを感じています。
四年目になり、土ごと発酵で、土がよくなり、花畑の花も元気になっています。
何もそれ以外のことをしていないのですが、花畑の中のイチゴの葉がびっくりするほど、大きく育っていますよ。継続が大事ですよ。
久しぶりに、訪問し、えらそうなことばかり書きました。
すみません ( ^_^;)

| みかんちゃん | 2010/05/30 06:25 | URL |

みかんちゃんへ

なかなか一朝一夕にいかないことがよくわかりました。
みかんちゃんの畑と違って我が芋畑は本物の砂漠なのでした。
まだまだ課題が山積みです(^-^;)

> ゲロゲロさん、昨年は、優雅に海外旅行などされていたからでは?

痛いところを突かれました~ e-441
おまけにアルバイトに精を出しすぎて畑仕事がオロソカになってました。
ブログ書いている暇があったら、畝の草でも刈れ~! ですね(^^;)

みかんちゃんのおかげで目が覚めたe-250 は少し賢くなってきましたよ(笑)
酵母液は本当にいいと思います!
おっしゃるとおり、塩分もミネラルも含まれていますからね。
コボレ種(天道生え)の場所こそ土に変化が起きている場所だと思っています。
今は色々やってプロセスを楽しんでいるところです。
何もかもがうまくいくようになったらブログも卒業かな~と思っています(^^)V

| gerogero | 2010/05/30 09:21 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://spygrass.blog102.fc2.com/tb.php/1115-6e0c9987

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT