FC2ブログ

楽しい農業生活!

農業はラクな仕事ではありませんが、楽にやる方法を模索しています!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

メトロポリタン美術館

さて、NY観光も最後の朝がやってきました…

だんだん疲れてきたのでパイ    au bon pan
   
   手軽で美味しかったので
   また前日と同じカフェで朝食♪

   だんだん胃袋も疲れてきたので
   パイナップルをチョイス…
   スープもペストリーもと欲張って
   結局は食べすぎ(^^;)


   今頃気がついたけれど、
   フリーのWiFiスポットがありました(笑)

   






混雑を予想して、TAXIで先回り(爆)
   
早朝の美術館前



メトロポリタン美術館
重厚な建物です~

ロンドンの大英博物館、サンクトペテルブルクのエルミタージュ美術館、パリのルーブルと並ぶコレクションの多さを誇り、その数は200万点以上!!
世界各国から年間540万人以上の人々が訪れる人気美術館。
ギャラリー数は世界最多を誇り、全コレクションの約4分の1が展示され残り4分の3は収蔵庫に眠っているとか(^^;)常時1800人以上のスタッフ、900人のボランティアで支えている。
年間を通じて30以上の特別展を開催しており、そのつど異なる特別展は専門家の評価も高い。
つまり、訪れるたびに新しい発見があるというわけ(^^)

その昔、大貫妙子の歌「メトロポリタン美術館」(古い!^^;)を聞いてから
ずっと気になっていまして~ 
そこにこうして立っているかと思うと個人的な感慨が起こってくるのであります(笑)


とにかく館内は広い! ギャラリーが細かく分かれているので確実に迷います。
インフォメーションブースでもらえる各国の言葉で書かれた館内見取り図を手に
平面トレッキングのノリで、さあ、出発~!


なかなか行けない場所…
エジプト美術が充実しています~ 

うわ~!リアル~

頭像

このコレクターぶりを見よ!

これでもか~っ! ってコレクションがいっぱい(@-@)
他にも首飾りとか装飾品がごっちゃりと展示されていて~
通り過ぎるだけでもあっという間に時間が(笑)


なんといっても圧巻は、やっぱコレでしょう~


デンドゥール神殿
贅沢な展示の仕方だ~

遺跡を体感できる サックラーホールに展示されているデンドゥール神殿は、アスワンハイダム工事により水没の危機にあったヌビア遺跡を救うためにアメリカが行った援助に感謝して、エジプト政府より寄贈されたもの。
神殿の高さは25mある!

メトロポリタン博物館では、この神殿を復元・設置するためにガラス張りの吹き抜けの大展示ホールを増設した。神殿の周りに巡らされた水盤は、ナイル川の湖畔に立つ神殿のイメージを再現しているとか…

ここだけで小さな美術館1つぶんはありそう(^^;)
 

ローマ皇帝アウグストゥスがエジプトと下ヌビア(現在のアスワン南部地方に当たる)を支配した時代に建設。神殿のレリーフにはアウグストゥスがエジプトの神々に供物を捧げる様子が刻まれている。
すごいって


…とまあ、これだけ見ただけで早くも1時間が経過してしまっていたのでした 

とにかく膨大なコレクションです。
エジプト美術以外にもアフリカ、オセアニア、アジア、ヨーロッパ絵画や彫刻、工芸、武器やよろいに至るまでありとあらゆるジャンルがぎっしり~ 

大好きなレンブラントのコレクションがいっぱいありました。
ゴッホの明るい絵も、ジョージア・オキーフの絵も…
とても一日では見て回れませんし、ブログにも収まりきらない~(^^;)

館内にはカフェもレストランもあります。休憩しながらゆっくり鑑賞するのがいいと思います。
金曜日は夜の9時まで開いていて、
ライトアップされたデンドゥール神殿はなかなかにムーディですよ(^^)

我々は駆け足モードでとっても残念デシタ 


↓お時間の許す方はダイジェスト版をどうぞ(^^;)








今日もおつきあいいただき、ありがとうございます 
ポチッと押していただくと、そろそろフィナーレにします(笑)
   ↓
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ 人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト



| NY | 09:46 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

メトロポリタン美術館、名前だけは知ってま~す(^^)
何度もだけど、写真を撮れるって信じられない~
おかげでこうして見せて頂けて、家に居ながらメトロポリタン~♪
本物の迫力って、ご覧になった方の気持ちも写るんでしょうね。
夜中になると動きだしそうなミニチュア?や、博物館みたい!
エジプトの神殿、凄い~~~!!
大きさが、なんとなく伝わってきましたよ。
美術館と言っても、スケールが違いすぎて物凄いですね。

も~ね~ 私も本物が観てみたいです~♪
今 北九州市立美術館に、モネの作品が来てくれているので
今度行ってきますe-343

| トマコ | 2010/11/14 08:22 | URL | ≫ EDIT

おーーーーー!
憧れのメトロポリタンーーーー!

ウフフ!覚えてますよぉ~
「メトロポリタンミュージアムゥ」って歌ですよねぇ
アニメが可愛かったなぁ…
大きな美術館は3回くらい通わないと満腹には
なれないかもですネ
ルーブルも4回通ってもまだ見てないところが
あるしぃ…
でも、ちょっと残しておいたほうが楽しいかな(笑)

NYって本当に見所満載で凄いですねぇ~
gerogeroさんの楽しいUPのおかげで
絶対行くーー!って決定でございます(←いつ?)爆

| komorebi | 2010/11/14 10:00 | URL | ≫ EDIT

トマコさんへ

そうそう(^^)ワタシも長年、名前だけ知っていましたが
まさか行くことになるとは~(笑)
あまりに大きすぎて自分がどこにいるかわからなくなるくらいでした。
実際、最後は先を急いで出口を探していたんだけど何回も同じ場所を通ったり(爆)

入場料は本当は大人20ドル(65歳以上は15ドル)だけど、
学生や、ちょっと資金がないけど観てみたい人は自分の出せる金額でいいそうです。
お金を払う際に「20ドルでいいですか?」って聞いてくれます!
懐が深いっていうか、広く門戸を開いているというか~
いいものをたくさんの人のために鑑賞してもらおうという意気込みは凄いですね。
もちろん、20ドル以上の価値があるので美術修復&維持への寄付をこめて払いましたよ(^^)

展示の仕方がラフでそのまんま飾ってあります。
ガラスケースなどいっさいナシ!(モノによるけど)
来館者は自由なスタイルでゆ~っくりと観て回れるんです。
ベンチもたくさんあるので休憩し放題♪
写真はここでも、個人で楽しむなら自由に撮る事ができます。
だから、写真には写っていないけどガードマンの多さもピカイチ(笑)

モネの絵は夢のような世界ですよね~ワタシも好きです~
どうぞ楽しんできてくださいね(^-^)/

| gerogero | 2010/11/14 10:47 | URL |

komorebi さんへ

> 「メトロポリタンミュージアムゥ」って歌ですよねぇ

ヨカッタ(^^;)知っている人がいて(笑)

> ルーブルも4回通ってもまだ見てないところがあるしぃ…

e-350 きゃーツワモノですね(@-@)
やっぱり…そうなのかぁ
行くときは覚悟しとかないといけないですね (←いつ?笑)

NY、絶対、お勧めですぅー!!
今回はスルーしましたがコスメとイマドキファッションも満載でありますー
komorebiさん、娘さんと行かれたらきっと倍楽しめると思いますョ!!

| gerogero | 2010/11/14 10:54 | URL |

メトロポリタン美術館、こちらも未だ行ったことがありません~
展示物の数が、圧巻ですね!
おそらく泊りがけで制覇するぞ~くらいの意気込みを要求されそうです!(笑)
それにしても、おふたりで廻っていらして、どちらかの姿を見失うということは、なかったの~?
我が家でしたら、たいていどちらかが、どこかに釘付けになったりしているうちに、一方は、先へ行き~
仕方がないので、出口で落ち合う~というパターンをたどること、多し、です!(笑)
それぞれ、着眼されるところが、似てらっしゃるのかな!?
入場料の2000円くらいかな~の件
懐が深いですね~
お金がなくとも、見たいひとは、見たいのよね~
何度も、何回も~
素晴らしいです~!これぞ、大人の美術館~!

| マルコ | 2010/11/15 09:44 | URL |

マルコさんへ

中は広くて、特にヨーロッパ絵画のギャラリーは迷いに迷いました!
だって部屋には4方向に出入り口があるんだもん(^^;)
わたしは方向オンチなのにウロウロするタイプです。
旦那さまは観賞のついでに私を見張っておいででした(汗)

> 素晴らしいです~!これぞ、大人の美術館~!

そうなんです!マルコさんのおっしゃるとおり~!!
懐が深いですよね。文化水準が高いっていうか…
何もかもが「大人」なんですねぇ(^^)まったく感服いたしました。
ここは一日いても飽きないと思います。
神殿の隅に隠れてお泊まりしてもいいかも(爆)

| gerogero | 2010/11/15 21:52 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://spygrass.blog102.fc2.com/tb.php/1272-16cb7278

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT