FC2ブログ

楽しい農業生活!

農業はラクな仕事ではありませんが、楽にやる方法を模索しています!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ザ・ドキュメント 稲刈り(笑)

昨日の朝、フツーに起きて、フツーに朝の支度をし、
みんなの弁当をつめて、朝ごはんを食べようかな~と思っていたら
天気予報を見ていた旦那さまが、
「明日、雨だって言ってるで」
「ヤバイやん!」
そうです。明日、稲刈りをしようと段取りを付けていたのに 

天候相手だからしかたありません。雨が降ると刈れません。
そこで、急遽会社を休んで、稲刈りをすることになりました!

あわただしく準備して、現場に急行~。
何としても、今日中に半分は済ませなければ!!
田んぼの四隅の稲を手で刈る!
  稲刈りは2人でします。
  旦那さまが機械をあやつり
  私はそのサポートです。

  とりあえず、オドシのテープと
  棒を撤去してから
  まず、田んぼの四隅の稲を
  鎌で刈ります。
  機械が田んぼに入れるように
  スペースをつくるのです。

田んぼに梯子をかけます
  段差があるので
  田んぼに鉄製の梯子をかけ
  機械が入れるようにします

  畦が道と同じレベルで
  段差がないと、
  こんなことしなくても
  いいんだけどな~ 




機械が無事田んぼに入りました

切り替えしして、刈り始めます田んぼに無事に機械が入りました
切り替えしして、刈り始めます。

サテ、こうはしちゃおれん!
行く先の隅の稲も
刈りにいかなくっちゃ!

機械は稲があると曲がれません…
え? 
オマエは稲刈り機と違うんかい!
と思うでしょ~(笑)
と~こ~ろ~がっ!
曲がり角は人間が刈ってやらないと、イケナイのです… 
隣の畦が高かったり、民家の塀があったりすると、てきめんアウトですねー。
特に、ブロックに機械がぶつかると壊れますから(笑)
機械がうまく切り返しができるようになるまで4~5周は先走りして四隅を刈り続けます…

籾袋がいっぱいになったら交換します  
  袋には籾がたまってきます。
  いっぱいになったものを
  機械から下ろして
  トラックに積み込みます…

  これが、結構

  腰に来るっ!







畦に放置ざれている籾袋を回収骨組みだけの一輪車が便利です!








刈り始めは
途中でいっぱいになってしまうので、
畦に放置された籾袋を
回収します…

今日は真夏日です!!
予報では28℃っていってたけど
こりゃ~、完全に30℃超えているよ~  汗が滝のようです。
この時点で、1ℓくらい飲んでいました…
調子よく刈り進んでいます
  調子よく刈っていますね~♪
  一周ごとに
  袋を下ろすようになると、
  しばらくは休憩できます。
  お日様ギラギラ暑いので
  日傘をさしていました(笑)
  
  旦那さまは休憩無しなので
  大変ですね…



28袋積めました!  途中、昼食休憩をはさんで
  1枚目の稲刈りが終了!
  全部で28袋積めました。
  これから家に持って帰ります。

  昨年、積み方が悪くて
  途中で道路に落っことした
  前科があります…
  今年は旦那様のチェックが
  入りました。
  わはは 


乾燥機で籾を乾燥させます
  持ち帰った籾袋は
  小屋に設置した乾燥機に
  入れます…
  一回20袋づつ。
  電気で内部を回転させて
  灯油の燃焼で乾かします。
  大体、半日くらい?
  稲の乾きぐあいに
  左右されます。
  セットした水分量で
  機械は勝手に止まります。

チェーン脱落!

さあ、急げ!
2枚目の田んぼに直行です!
この田んぼは水はけが悪くて
機械がめり込むので
雨が降ったら
稲刈りは2~3日は無理です
何としても今日中に…
と、思ったとたん
チェーンが外れた!

ガ~ン!何ということでしょう!
稲を手繰り寄せる部分のチェーンが外れてしまいました 
これはシロウトには無理なのでエンジニアを呼びました。
ネジに止まったウルトラマン
う~ん、時間のロスです。
旦那さまはしきりに時計を何度も見ています。
彼の頭の中には
今日中に刈れるのか否かの問答が
渦をまいているに違いまりません
滅多に怒らない人ですが
ここはそっとしておくに限ります…

ネジ山に止まったバッタ
ウルトラマンみたいですね
と、気を紛らわす…(笑)


助っ人登場!  
  ほどなく助っ人登場!
  神の手をもつエンジニアです。
  一部、分解して
  チェーンをはめてもらいました。
  やれやれ…
  やっぱり、
  粗稙によって稲の茎が
  硬く太くなっているのと
  こまめに油を注していなかった
  のが原因とのことでした。
  あと、機械の老朽化も…
これにはあんまり触れられたくないなあ(笑)
なんとか日没前に刈れそうです
だんだん日が傾いてきました
一時間のロスを埋めるべく
モーレツに、慎重に(笑)刈り進めました。

最後に、手で刈った稲も機械に突っ込みます。
手で刈った稲は最後に手で機械にツッコミます
なんとか暗くなるまでに刈り終えることができました!


もう真っ暗です。早く帰りましょう!
  荷物を積んでいる間に
  真っ暗です!
  早く帰りましょう!



帰宅したあとは、籾袋を小屋に運び込んで今日の作業は終了です!
あ~、ヤレヤレ 


シャワーで汗を流し、で乾杯!
今日はピザの宅配で~す(笑)
宅配ピザで、乾杯~♪

このあと、疲れた2人は、9時には寝てしまいましたとさ(笑)

ここまで長々と読んでいただきありがとうございました 
市街地における小規模稲作農家の刈り取りレポートでした。
後半戦は土曜日です。(げっ、明日やん…)
関連記事
スポンサーサイト



| 米作り ヒノヒカリ | 12:58 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

本当にお疲れさん

tgerogeroさん、こんにちは。一日のハードワーク、本当にお疲れさんでした。農家の方の大変さを垣間見ることが出来たような気がします。大変ですね。それに畑もされるのですからね。

ところで、刈られた稲穂を籾にされた後の藁は、写真ではチップ切りされているように思いますが、藁を切らないで残して、畑に使われないのでしょうか?もったいないような気がするのですが?

乾杯v-275は格別の味だったでしょう。
お疲れ様でした。

| 楓山→gerogero | 2007/10/05 13:46 | URL |

楓山さんへ
さっそくのコメント、ありがとうございます~!
昔に比べたら、ラクなもんです。(本当に?笑)

しかしながら、さすが!楓山さん!
目の付け所が違いますね~ e-451
刈り取りと同時に粉砕されて出てきた藁は
あとで、トラクターで耕して田んぼに漉き込んで、元肥えにします。
もちろん、畑に使うために藁はとりますよ!
それは、明日のお楽しみで~す♪

| gerogero | 2007/10/05 13:57 | URL | ≫ EDIT

おつかれさまでした

gerogeroさん、こんにちは。
ゲロゲロさんてお名前だったのね、今知りました(わは)
稲刈りおつかれさまでした。
お天気の都合もあるもんね~。

私も子供のころは稲刈り手伝ってましたよ、腰が痛くなるんですよね。
手も荒れてがさがさになっちゃうし。

私が住んでた山里は、小さな田んぼが積み重なった棚田でしたので、おじいさんが、
「その田は小さいから一人で刈れ」とか言って次の田んぼへ行っちゃうんですよ。
子供心に「任せられた」といのがうれしくて、一生懸命刈りました。
棚田は大きなコンバイン?とかが入れなくて(道もなくて)全部人の手で刈ってましたね。

じゃあ、もうすぐ新米が食べられるのね。
米を自分で作れるって、スゴイよね~。

| ann | 2007/10/05 15:55 | URL | ≫ EDIT

前半戦の稲刈りお疲れ様でした。
それから長編の記事のUpお疲れさまでした。
私は、稲刈りの知識がまったくなく
gerogeroさんの記事でよ~く分かりました。
車や稲刈機、乾燥機など設備投資も大変でしょう!?
農家の方には、つくづく頭が下がります。
美味しいお米を供給するため、どれだけ苦労されているか・・・
お茶碗に1粒も残さないように、
今日からあらためてゴハンを頂くようにします。
明日の後半戦、頑張って下さいね。
くれぐれもお体をお大事に(^_^)/

| トマオ | 2007/10/05 20:58 | URL | ≫ EDIT

おお~

懐かしい~。袋運び・・・今はもうやっているところありません。家庭での乾燥機も。共同ででっかいライスセンター持っているので、一晩中うるさい(スミマセン)乾燥機は要らないのです・・・
袋も直接軽トラックにでっかい袋すえつけますから問題ないです。ラクになりました。いまでは稲刈りの手伝いさえ声がかかりません。
でも、藁ほしいな~明日田んぼにいって短い藁でもいいから集めておこうっと、タマネギやるときに使ってみるか~

分かります分かります。農作業はとても疲れます。ブログなんてやっている体力よくありますね~。お疲れ様です。疲れを翌日以降に持ち越さないようにしましょう。三日後に節々が痛くなる年代ですが・・・私もです・・・

| ワル猫です | 2007/10/06 00:22 | URL | ≫ EDIT

稲刈り前半戦お疲れ様でした。
いよいよ、ハーフタイムを挟んで後半戦に突入ですね!
ドローだと延長戦、それでも駄目ならピーケー戦が待っていますので、体力を温存しておいてください。
何のこっちゃ?(笑)

gero2さんの記事を見て、農家の方のお米の栽培が大変だということが少し分ったような気がします。
我が家の手抜き菜園とは別物です(笑)

| ポム・ド・テール | 2007/10/06 00:25 | URL | ≫ EDIT

暑かったでしょう。

それにしても ピザ 多くないですか?
大食漢のご主人?ですね。

やっぱり ビールはアサヒのスーパードライですか。
ドライで潤うなんて、スーパーだーーー

よく出来たお米ですね。
水稲の被害届は必要ないようです。 v-218

| RSくん | 2007/10/06 01:04 | URL | ≫ EDIT

ann さんへ
棚田を手伝っておられたんですね~。エライ!
うちも子供の頃は小さい田んぼがちらほらありまして
機械が入れないから人力でしたe-263
ま~、今でも人力みたいなものだけど(笑)
早く新米食べたいな~♪


トマオさんへ
ありがとうございます!みんながトマオさんのようにお米を食べてくれたら、もっと嬉しいですが♪
設備投資はすごいですねー。決して安くないです。
ハッキリ言うと赤字(爆)
まー、仕方ないですね。続けることに意義がある?ははは。


ワル猫さんへ
いいなあ~、うちの地域もそうなるといいんだけど!
奈良県も南部の方は農地が統合されて、共同作業っぽくなっているらしいですが…
北部はたぶん、宅地になるほうが早いと思う e-286
最後まで抵抗しますけど(笑)


ポム・ド・テールさんへ
こうして一気にだーっと記事にすると引いてしまう人が多いと思いますが、年間で本当にしんどいのはほんの数日です。現に、米作りに関してのUPは少なかったでしょう?
もっと機械化すればラクになるけど、そこは投資のバランスが必要で(笑)
それより、野菜作りの方が大変だと思います。だって、毎日のように世話しなければならないし、虫や病気や、収穫もマメにしなければお化けになるし…!!
その点、米作りは急に大きくなるわけではないし、半年という長いスパンでできるので意外と楽だといえます。
新潟とかだともっとラクだろうし、過疎化が進む農村では耕作放棄された田んぼが広がっているでしょう。
我が家は、本当に、中途半端な米作農家といえますね。


RSくんさんへ
あ~、これ、大人4人分ですよ!!
私と旦那さまと、子供2人分(笑)
一応、メタボ、恐いですから~。ははは。
台風が来なかったので、一応豊作みたいです。嬉しいような、悲しいような。
どうしてかって?それはね…次回に続く(笑)

| gerogero | 2007/10/06 21:32 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://spygrass.blog102.fc2.com/tb.php/170-9a4ef89d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT