FC2ブログ

楽しい農業生活!

農業はラクな仕事ではありませんが、楽にやる方法を模索しています!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

台風17号でした

朝は曇りで平穏な日曜日。
どうせ来ないだろうとタカをくくっていたら、昼過ぎから横殴りの雨~

横殴りの雨~~

どんどんひどくなって、雨漏りするし(笑)


畑が水に浸かっているー!

あふれてる~

排水路が詰まっているみたいです。(←のちに、お師匠様が板をたてかけていたと判明!)
隣の田んぼからの落ち水も加わって、どんどん水が溜まってきてます。
このままの調子で雨が降り続いたら、
畑の隣に建っている私たちの家が浸水してしまいます 
どげんかせんといかん!



あちこち掘って排水~

水浸し

幸い、夕方には雨脚が弱くなったので事なきを得ました。やれやれ~~



翌日…

倒れちゃった

走り去る台風17号の残り風でみんななぎ倒されていた。


フルーツトマトも半壊(^^;)
カラスのパー子、よく飛ばされなかったねぇ?

倒れそうだっちゃ

バカァ…





今日も読んでいただき、ありがとうございます 
ポチッと押していただくと、2倍速で働けます(笑)
   ↓
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン






関連記事
スポンサーサイト



| 今日の作業 | 09:35 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんばんは。
ごめんなさい、帰りが遅くなっちゃいました。。。
ポチ逃げ!
コメ返不要ですm(._.)m

| まときち | 2012/10/02 22:39 | URL |

まときち さんへ

おつかれさまなのに、コメントありがとう~(^^)/
おやすみなさぁい~~ e-463

| gerogero | 2012/10/02 22:50 | URL |

おはようございます HALです。

暴風雨の中で溝を掘ってたんですか?
気を付けてくださいね~

パー子が飛ばされなかったということは、被害が比較的軽微だったようですね。

| HAL | 2012/10/03 05:15 | URL |

おやあ~~

大変だったんですね、台風
こちらはかすりもせず素通りしてくれて助かりました
種蒔き直後だし、と思って種蒔きポットなど避難させていましたが、準備したときはそういうものですよね
雨の中排水作業を?おつかれさまでした
浸水まぬがれてよかった!

| ann | 2012/10/03 05:57 | URL | ≫ EDIT

HAL さんへ

排水溝はあったので、水が溜まるハズはないとタカをくくってました~(^^;)
まさか板がはめてあったとは!
夏の間、用水が出るたびに里芋の畝に水をためていたらしいです e-351
やれやれ…
おかげさまで、被害は写真に出ているくらいです~(^^)v

| gerogero | 2012/10/03 08:45 | URL |

ann さんへ

芋畑を挟んで川と用水路があり、随分昔の台風で一面海になったことがありました。
我がボロ家の建っているところが、畑面ではいちばん低いところなんで
浸水しなくともすぐそばまで水浸しというのは精神的にどうも…(^^;)
日頃から排水溝はチェックしとかないといけませんね~ e-441

annさんのところ、風も吹かなかった?
どうりで庭の花々がそそとしていると思った~(^^)

| gerogero | 2012/10/03 08:50 | URL |

大変でしたねー

ホント 横殴りのすごい雨でしたねぇ!
稲は倒れませんでしたか~?
我家は毎年倒れてしまう所が倒れたぐらいなので、まぁシャーナイかと・・・
稲刈りが済むまで、どうか台風が来ません様に!!!

「伏せ越し」とは、田んぼの地中を水上から水下へと土管が横切っており、排水装置のようなものです。
田に水を溜める時には、土管を掘り当て詰めをします。
稲刈りの時には、水を切ったあと表面の数株を移動し、土管まで掘り、詰め物を外して空気を通します。
石垣に印しは付けてあるのですが、直径15cmほどの土管の開口部を掘り当てるのは経験を要します。

一番下の田の伏せ越しを空けたいのですが・・・
滲み込んだ泥水が最初にコップ一杯ほど出る程度なのに、下の家のジジイが文句を言うんです。
市街地での農業は 本当にやり難くなりました。

| taru | 2012/10/03 10:12 | URL |

gerogeroさん こんにちは♪

結構雨量が多かったのかしら。
やはり影響がありましたね。
カラスのパー子ちゃんは飛ばされなかったんだ~(^0^ すごい!
でも 大したことなくて良かった。
あのままの勢力で本州に行ったらきっと大事だったよ。

>そうそう 瓦が飛ぶって沖縄では考えられないんだけど
(しっかり固定してある)
そちらは置いてあるだけなんですってね~
台風もだんだん本土へ向かう確率が増えてきたから
家の建て方もそのうち変わってくる時代が来るかも知れないね。

| mana | 2012/10/03 14:26 | URL | ≫ EDIT

taru さんへ

> 稲刈りが済むまで、どうか台風が来ません様に!!!

ほんと(^^;)
今回はどこも倒れませんでしたが、倒れた稲を刈るのって大変だもんね。
上等のコンバインは倒れてても何でも拾って刈ってくれるらしいけれど、
大抵は手で刈~るだもんね e-259

> 「伏せ越し」とは、田んぼの地中を水上から水下へと土管が横切っており、排水装置のようなものです。
> 田に水を溜める時には、土管を掘り当て詰めをします。

うっわ~ v-11 それは初耳!
水はけの悪い畑に暗渠(あんきょ)パイプを埋め込むのは聞いたことがありますが、
田んぼの、それも逆バージョンは初めてです(@-@)
うまくいくといいですね…
確かに。お隣さん同士のおつきあいはなかなか難しいものがありますよねぇ e-441

| gerogero | 2012/10/04 09:20 | URL |

mana さんへ

水があふれそうになったのは詰まっていたからで…
日頃の管理不足ですね(汗)
大体、雨になりそーだからって朝から映画に行っているようなフトドキものだから
神様が罰を当てられたのでしょう e-351

うちの本屋(母屋)は、昔気質の大工さんが建てたので…
本瓦が乗っかっていますが、あまりの数の多さに重みに耐えられそうにないと
屋根瓦を接着すべき土を半分しか乗っけてないのだ e-258
そのくせ、昔気質の大工さんだったから、
屋根板の上に防水シートなんてハイカラなものは貼ってくれておりません。
よって、横殴りの雨が来たら、瓦の隙間から水が入って雨漏りするのだー!!
ありえへんし(^^;)
10数年前に来た風台風では小屋と離れの瓦が飛んで、大修復になりました。
確かに、本州の瓦は固定していないかも…
鬼瓦はワイヤで止められているのは目撃したけどね(^^;)
傍目に立派な日本家屋には大きな欠点があったのだ。とほほ。

| gerogero | 2012/10/04 09:30 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://spygrass.blog102.fc2.com/tb.php/1836-5be65ffc

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT