FC2ブログ

楽しい農業生活!

農業はラクな仕事ではありませんが、楽にやる方法を模索しています!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

かぐや姫の物語

ずいぶんと前から何度も予告編を見ていたので、楽しみにしていました。


かぐや姫の物語
かぐや姫の物語

観終わったあと肩から力が抜けました。
あれれ~?って感じ。
ひょっとして期待が大きすぎたかな?

というわけで、先週にみていたわりに感想が遅くなってしまいました。
今ごろになってじわじわ~っとわきあがってきています。
それだけ静かな映画でした。
日本人なら誰でも知っている「竹取物語」
それを忠実に表現しています。
「姫の犯した罪と罰」というキャッチフレーズが先走りしすぎて変に期待させすぎたかも。
斬新な解釈も、意外な展開も何もありません。念のため。

高畑監督らしく、まるでその時代にタイムスリップしてロケハンしてきたかのごとく、
背景や小道具、人物の物言いや所作に至るまでなにもかもが絵巻物から抜け出てきたよう!
古典が好きな人にはたまりません。
NHKの大河ドラマでも時代背景をこうも緻密には描けませんよー
竹取の翁が竹を切り落とす描写ひとつをとっても、すごい。
竹は切ってもどーんと倒れないのです。上の笹の葉が絡まっているからね(^^;)
翁がすいっと引いて倒していくところがリアルで唸ってしまった。
それだけ隅々まで緻密に作られています。色の無い空白に濃密な空気を感じさせる…
筆書きのラインを生かしながらセルを何枚も描くのは大変だっただろう。

劇中のわらべ唄とエンドロールの歌がすべてを物語って胸をしめつける。




今日も読んでいただき、ありがとうございます 
ポチッと押していただくと、2倍速で働けます(笑)
   ↓
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン

映画の感想は個人的なものなのでコメント欄は閉じさせていただいています… 
あなたはこの映画を観てどう感じるでしょうか。




関連記事
スポンサーサイト



| 映画館で見た映画 | 00:13 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://spygrass.blog102.fc2.com/tb.php/2351-bbf8ad5b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT