楽しい農業生活!

農業はラクな仕事ではありませんが、楽にやる方法を模索しています!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ターナー展に行ってきた

畝を立てた翌日の金曜日は予報より早く雨が降り出した。 しめしめ(^^)
グッタリ疲れていたけれど、この期を逃したらチャンスがないし、
平日だから空いているだろう! ってんでー


神戸市立博物館で開催されていたターナー展に行ってきました!




風景画の可能性と、英国絵画の地位を飛躍的に高めたターナーは、その生涯を通じて自身の絵画表現を追求し続ける求道者でした。本展覧会は、世界最大のコレクションを誇るロンドンのテート美術館から、油彩画の名品30点以上に加え、水彩画、スケッチブックなど計約110点を展示し、その栄光の軌跡をたどります… (以上、HPから)

実はワタシはターナーの事はあまり知らなくて…
絵の具メーカーの名前だと思っていたくらい(笑)

写実的な美しい風景画を描いた作品の印象しかなかったのですが~

チャイルド・ハロルドの巡礼-イタリア

今回は水彩画がたくさん展示されていたというannさんの言葉に魅かれたのでした…

水彩画と言っても、几帳面に隅々まできっちり濃厚に描かれていました。
のちに描き始めた油彩と見分けがつかないほど… (おマエの目が節穴かも)
鉛筆の下描きのタッチが間近で見られて満足(^^)v

HPから拝借したものはみな油彩なのですけどね(^^;)
建築家の助手をしていただけあって、建物を緻密に描いています…

ヴァティカンから望むローマ ラ フォルリーナを伴って

産業革命やら戦争やら旅行ブームやらの激動の時代にあって
ターナー氏は自身の絵がパトロンや一般市民から高評価を受けることに熱中し
流行や商業的なことを意識していたという側面が知れてとても面白かったです(^^;)
ただ、晩年はだんだん抽象画っぽくなっちゃって…ま、好みは人それぞれですけれど。

レグルス

一緒に展示してあった分厚いスケッチブックや絵具箱も素敵だった。
このころはまだ金属製のチューブが発明されていなくて、
絵の具は豚の膀胱で作った袋に入れられていたなんて! (←そこ?!)
小さい巾着袋が紐で結わえられて並んでいました。
パレットがコテコテに汚かったのがなんとも… (おいおい^^;)



もちろん、絵は素晴らしくとても目の保養にはなりましたよ(^^)v





さて、帰り道…三宮駅までは徒歩10分ぐらいなのですが、どんどん歩いて来て


あれ? 駅が無いゾ 

阪急とJRはあるんだけど、阪神線のホームが見当たりません(@-@)あれれ?

しばらくウロウロ必死に探したけれど発見できず(笑)
お腹が空いていたのでとりあえず近くのビルで遅いランチを食べました。



「大人のお子様ランチ」
デザートとコーヒーで1600円です♪
ま、前日の重労働をやった自分への
ご褒美ですかね♪


さっきまで降っていた雨が嘘のよう…
陽光がキラキラ輝いているな~ と、
6階の窓から下を眺めていて
気が付きました。


そうだ、阪神の駅は地下だった!



これだからイナカモンは嫌だね~ 
お~、恥ずかしい!!



というわけで、無事に帰宅いたしましたョ(ナイアガラの滝汗)









今日も読んでいただき、ありがとうございます 
ポチッと押していただくと、2倍速で働けます(笑)
   ↓
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン

関連記事
スポンサーサイト

| 心も身体も資本です | 15:59 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

おー行ってきたのね

滑り込みセーフね、もう会期終わりでしょう?
ちゃんと説明も読んだんだね~、音声案内も買ったの?
一緒に行った娘は音声案内を聞いて隅々まで見ていたけど、アタシは隅々まで見ると飽きて途中で疲れてしまうので、さーっと流して、二週目に好きな絵をじっくり見るという(笑)

ホントにね~~、うまい人が描くと、倒木さえも絵になるのか、とショックを受けましたよ
初期のころの水彩画で、牛の絵があったでしょ、アタシはアレが気に入りました

| ann | 2014/04/07 18:36 | URL | ≫ EDIT

ann さんへ

6日までやなーと思いながら仕事していて、土日は混むだろうし
行くなら金曜日?と思って必死になって畝立てた(笑)
やっぱり、目標があると仕事がはかどるねー

音声案内買ったよー。ターナーの事は全然知らなかったからね。
面白かったけれど、音声に気を取られて変なとこしか見てなかった気がする。
サッパリ、サラ~っと描いてあるのが水彩画だと思っていたので
空白の無い隅々まで塗り込んだ濃厚な画面に吃驚しました。
余白はどこっ? って(笑)
初期の頃の牛の絵…牧歌的なヤツだっけ? うんうん(*^^*)
私は数点しか無かった挿絵が好きです。
ダラム大聖堂の内部と…スカボローの海の描き方がよかったです〜
たまには展覧会にも行かないとね。
annさんのおかげさまです〜(^。^)v

| gerogero | 2014/04/07 21:21 | URL |

英国の画家はまったく知らなくて・・・
ターナーって方なんですね~
良い絵が観れてよかっタナ~ なんちゃって(^^;

「大人のお子様ランチ」
私の好きなものばかりを集めた、夢のプレートじゃないですか!
これにビールがあったら、たまランチ。

| トマオ | 2014/04/07 21:44 | URL | ≫ EDIT

トマオ さんへ

美しいものを見ると自分も美しくなった気分になります(笑)
普段は土にまみれて邪悪な気分だから(爆)
あいかわらず、ダジャレの調子がいいですねー!

> これにビールがあったら、たまランチ。

ワハハ \(^o^)/

| gerogero | 2014/04/08 13:18 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://spygrass.blog102.fc2.com/tb.php/2489-213c2288

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT