FC2ブログ

楽しい農業生活!

農業はラクな仕事ではありませんが、楽にやる方法を模索しています!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

荒おこし

今日は早朝から(?)昨年にやれなかった、田んぼの荒起こしをしました。

耕し方には色々あって、
不耕起の人もいるし、春までに3回くらい耕す人も。

ポイントは、田んぼに残っている稲の株を土の中に漉き込んで分解させておくこと。
5月までに十分に腐ってなくてワラのままだと、
田植えの準備のために水を入れて代掻きしたときに

ワラワラ~ッと 浮かび上がってくるのだ! 

昨年は雨などで時期を逸して…
ついに田植え前まで1回も耕さなかったため、
田んぼ一面にワラが浮かんじゃって、掬い上げるのに苦労しました(^^;)

今年も2ヶ月遅いけれど、とりあえず1回は耕せたのでヨシとしよう!
田んぼ用の発酵促進剤もあるけれど、予算の都合で使いませ~ん(笑)

冬枯れの田んぼA。
なんとか無駄な動きをしなくて済むように、一筆描きをイメージしながら耕していきます。
一筆描きをイメージしながら…

黒いヤツ、参上!
さっそくカラスが!

掘り返されて
土の中から飛び出た虫を
狙っているんです。

鳥もラクを覚えるんですね~(笑)


あ、木の上にも鳥が!
あ、鳥だ!

何かな~?モズっぽいけど??
野鳥の写真って難しい~ですねえ。
モズかな?

さて、仕事をしよう。
今日の私の仕事は、機械で耕せない田んぼの四隅を鍬で耕すことと、
排水を良くする為に溝をつけておくこと。
今日は息子を手伝いに雇ったので楽勝です♪

機械が入らない四隅を耕します

田んぼB
続いて田んぼBに移動。
先週、たっぷり雨がふったあとも
ぱっとしない天気だったので
土が重たいです…

機械に負荷がかからないように
ゆっくりモードで浅めに耕します。


そこへ、渡り鳥の夫婦が飛んできました!
さりげな~く様子を伺っています(笑)
渡り鳥の夫婦

この渡り鳥夫婦は毎年、この田んぼの真ん中に巣を作って雛をかえしています。
今年はどうにか早めに耕したので、さっさと巣作りして
春には巣立ちしておいてほしいです。

遅れたら、春に耕しに来たときにパニックになっちゃって大変!
歩けるようになった雛を安全な場所まで避難させる間、
私に急降下して襲いかかるんだな~ 

機械を洗って終了!
  明日は天気が下り坂らしいので
  旦那さまは休みなしで
  続いて田んぼC、Dを一気に耕して
  夕方に作業は終了しました~!

  機械を洗っておしまい♪



今日も読んでいただき、ありがとうございます 
ポチッと押していただくと、冬眠せずにがんばれます(笑)
   ↓



関連記事
スポンサーサイト



| 米作り ヒノヒカリ | 01:05 | comments:15 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

お疲れ様です

農作業だったんですね。でも、麦は作っておられないようで・・・
稲を刈った後の畑ですね・・・麦に比べれば・・・
麦の後は大変なことになります。ワラが頑丈です・・・
ぷかぷか浮かんで中に入って掻き寄せ、重労働です・・・

畑で麦わら燃やせないことになって・・・大変だ~
麦わらを畑にすき込む専用の道具買わないといけなかったそうです。数十万円とか・・・

いままでの稲とか燃やした後の麦なら、普通に耕すだけでよかったのに・・・

渡り鳥が襲いかかるんですか・・・子供を守るために必死ですね。渡り鳥やカラスに襲われないよう気をつけてください。
折角冬眠せずに頑張っておられているようですから(笑)

| ワル猫です | 2008/01/20 07:42 | URL | ≫ EDIT

荒おこしは、畑でいう天地返しのようなものなんすかね~!!

うちもトラクターを追いかけるように耕した後を
スズメがトコトコと歩いてついてきます(笑

たまにスズメ同士が餌の取り合いでケンカです。

| 韋駄天56号 | 2008/01/20 07:47 | URL |

おはようございます。

藁を発酵させるには、秋に石灰をまいたり、米糠を撒いたりすると、発酵菌が藁を分解してくれます。藁の分解は納豆菌だそうです。納豆菌が分解したのを、さらに酵母菌が分解して、アミノ酸を作ってくれるようです。それを稲が吸収します。ミミズなども増えます。
魚沼では、秋に一回軽く耕起します。
田んぼはあまり乾燥させないほうが、酵母菌にはいいようです。
魚沼は、冬はずっと雪で湿っています。
豊岡のコウノトリの里も冬は冬季潅水です。
今からでも、米糠や鶏糞、石灰などまいてみてはどうでしょう?
そちらのほうが、魚沼より暖かいので、発酵は早いと思いますよ。
私のブログの米作りなども良かったら参考にしてください。

| みかんちゃん | 2008/01/20 09:52 | URL |

先日の野菜畑の開墾と堆肥作りに続き、今度は田んぼの荒起こしですか!!
gerogeroさん大忙しですね(^^)

お米を作り方は知りませんでしたが、
gerogeroさんのブログを拝見させていただくようになってから、
いろんな作業があるのがよく分かりました。
荒起こし等の田んぼの下準備があってこそ美味しいお米ができるのですね。
大変、勉強させていただいております。 ありがとうございました。

| トマオ | 2008/01/20 11:59 | URL | ≫ EDIT

おつかれさまです

やるとなつたらトコトンやるぞーーー
の声あるいは気合がきこえてきましたーーー
荒地AにはじまりたんぼDまで凄い空間を縦横無尽にーーーーおつかれさまでーす
土おこしして、ゆくゆく堆肥に育ってほしい藁をすきこむ作業だったんですね
むすこさんの助っ人、頼りになりますね
広いたんぼでは、渡り鳥もいこいの友になるのかな?
小さな畑をいまから耕します

| マルコ | 2008/01/20 12:33 | URL |

ワル猫さんへ
困った世の中になりましたよね~(^^;)
乾いた頃に株を燃やしてしまうと灰になって、漉き込めて一石二鳥だったんですが…
お師匠様が嫁に来た頃は麦を作っていたそうです。私は見たことないので、麦の株がどんな風なのかはわかりませんが、稲で大変なんだから、想像できますね。
機械って買うと高いでしょう? 国の方針に合わせていくのも時々ため息がでますね e-286
渡り鳥は必死ですね。
襲うかと思えば、羽を広げて偽傷に見せかけて誘ったり、夫婦連携プレーで涙ぐましいです。
今のところ直接ぶつかられたことは無いので、いいですけどね(^^;)


韋駄天56号さんへ
そうそう(^^)天地返しもあると思います~。
空気を入れるのかな。
あと、うちの場合はちょっと乾かしたいんですね。
鳥も一生懸命で可愛いです。虫は迷惑でしょうけど(^^;)


みかんちゃんさんへ
米作りは有機農法でされているんですね。
魚沼産コシヒカリ!超有名ブランドですっ! v-9 
今、米作りの様子を最初から全部読ませていただきました。
自分で田んぼの管理をされるなんて、すごいです。
私は旦那さまの手伝い程度なので、米作りに関しては何も言えませんから、みかんちゃんさんの奮闘ぶりには驚くやら、感心するやらです!(^^)
私もマイ田んぼが欲しくなりました~♪
発酵菌を利用した米作りや畑作りは今までの常識を覆すというか、近代化学によって忘れ去られていた大切なことの再発見だと思います。
とても興味があるので、今年は出来る範囲で少しづつ実践していこうと思っています(^^)V
また、色々教えてくださいね e-466

田んぼは本当は11月に耕し、翌年2月~3月に2回くらい耕せたらいいのですが、よく雨が降るし、休日も仕事があったりしてなかなかうまくいきません。
雨が降ると草ボーボーになります(笑)
肥料はJAの指導よりちょっと控えめかも(^^;)
なぜかというとこの地方の水は回し使いなので、少なくても隣の田んぼから流れ落ちてくるんです!(笑)
それと、台風のメッカだから、少なめにしないと倒れます…
田んぼは全般的にぬかるむタイプなので、中干し、溝堀は避けられません。コンバインがめり込みますよ~(笑)
うちはこの地方に合わせたヒノヒカリを作っています。
温暖化にともなって、あと数年ほどしたらまた違う品種になるかもしれません e-286
米作りも色々~♪ですね(^^)



| gerogero | 2008/01/20 13:56 | URL | ≫ EDIT

トマオさんへ
私なんて、米作りはただのお手伝いさんですから(笑)
前出の みかんちゃん さんは自分で自分の田んぼを管理されて、米作りをされています。スゴイです!

米作りは機械などを使ってどうしても大掛かりになっちゃうので大変そうですが、野菜作りのほうが手間がかかるかも!
昨年半年間で身にしみましたよ~(笑)
私のテリトリーは畑(の一部)ですので、しみじみガンバリマス!


マルコさんへ
基本は畑も水田も変わりないですね。
肥料と、水と、空気との関係をうまく取り持つ?ようにしてやるといいんだな~というのがようやくわかってきたところです。
それをどうやって手抜きでやるか(笑)
私の場合は気抜きもあるかも(^^;)
力仕事はたまにはいいです♪サロンパスばんざい!(笑)

| gerogero | 2008/01/20 14:11 | URL | ≫ EDIT

あらっ おこし

浅草に行かれたのかと思いました。
あっそうか あちらは雷おこしで
gerogeroさんとこは、あらオ腰は大丈夫でしたか・

抹消してください。このコメ。v-41

| RSくん | 2008/01/20 19:26 | URL | ≫ EDIT

お米を作るのにもいろいろな作業があるんですね。
荒おこしって、初めて聞きましたよ!
浮かんでくるワラをすくうのも大変そうですね。
今更ながら、お米の自給自足も大変ですね・・・(^^;)

| ポム・ド・テール | 2008/01/21 00:14 | URL | ≫ EDIT

 ああ、お米づくりの人たちってこんな時期にも懸命に働いているのだって感動しちゃいましたねー。
 ほんとお米づくりはたくさんの仕事があって大変だけど、それだからこそ収穫時の喜びというのは大きいんだ~と思いましたよ。 ちょっと刺激をもらっちゃったので何か始めようかな、本ばっかりでもなかなか考えや計画がまとまらないし~。
 そうそう、ここのコメントにあるみかんちゃんて、魚沼で有機農法とあるので、盗み見にいっちゃおうかなと思っています。 失礼。 v-7

| yujiroumaru | 2008/01/21 07:29 | URL |

RSくん さんへ
あらオ腰!わははは~大丈夫ですよん v-8
私にはコルセットという強い味方が!
人工筋肉バンザイ! v-437

ところで、
削除の依頼は今のところ受け付けておりまっせ~ん(笑)


ポム・ド・テールさんへ
完全に腐ると浮かばないハズです。
中には田植えまで不耕起で、ワラが浮いても気にしないという人もいます。
うちでは、例年、浮かんだワラは畦に上げていますが、
これはこれで、しばらくは草が生えないし(笑)
痩せた畦の土になるので利用価値はありますね(^^)
二の腕の鍛錬にもなりマ~ス e-319

yujiroumaruさんへ
米作りの手間は昔に比べると段違いですぅ。機械化が進みましたから。
工芸でも食べ物でもありとあらゆる物、なんでもそうですが、
物づくりは手間をかければかけるほどいいものが出来るはずです。
同じものでも手作りは一味もふた味も違って当然。
そこに自分だけのオリジナルなものが加味されるからですよね。
魚沼の みかんちゃん さんは色々研究されていてすごいですよ!
是非、覗きに行ってくださりませ e-466

| gerogero | 2008/01/21 09:41 | URL | ≫ EDIT

褒めていただいて、ありがとうございます。
昨年から、看護師から転職し農業を始めました。
私の教科書は「現代農業」です。この本から、ヒントを得ていろいろ試しています。

私は、健康を維持するには、やっぱり、食事が一番大切だと思うのです。そのためには、安全な物を作って食べたいと思います。美味しくて、安全で、環境を汚染しない
エコな農業を目指しています。
台所から出る生ゴミや廃液を肥料に変えて、野菜や米作りに使っています。
これからもよろしくお願いします。

| みかんちゃん | 2008/01/21 17:35 | URL |

みかんちゃんさんへ
こちらこそよろしくお願いします e-466
そうですか…看護師をされておられたんですね。
医食同源ということでしょうか。
環境を守るには、余計なものを入れずにまた持ち出さずに、
そのなかで循環させるというのがいいみたいですね。
本来あるべき自然の連鎖を復元していくつもりで
私もぼちぼち(^^;)やってみようと考えています!

| gerogero | 2008/01/22 01:16 | URL | ≫ EDIT

雑な私ですが

いつも元気ありがとうございます。私は中年どら焼屋でして、「半農半商」の身で、百姓はどうも苦手でした。でも貴殿のHP拝見し、楽しい百姓ってこういったことなんだと目からうろこです・・・寛珍

| 寛珍 | 2009/02/12 05:56 | URL |

寛珍さんへ

いらっしゃいませ~(^-^)コメントありがとうございます e-466
私のほうこそ、みなさんに元気をいただいいるんですよ~!
ブログに書くぞ~!と思いながら畑を耕したり、草引きしたり(笑)
どら焼屋さんですか~。こちらでは回転焼きといいます(^~^)白あんが好きです♪
稲作をされているのでしょうか。畑ももうじき開幕ですね e-350
これからもよろしくお願いします(^^)V

| gerogero | 2009/02/13 22:26 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://spygrass.blog102.fc2.com/tb.php/283-03c69f79

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT