楽しい農業生活!

農業はラクな仕事ではありませんが、楽にやる方法を模索しています!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

海街diary

気になってはいたものの、アサイチにアポがあったので仕事に行きました。
そして、帰ってきたらー

昨日の大雨で倒れたトウモロコシは支柱を立ててもらっておりました(@m@)



お師匠様、ありがとう!

傾いたキュウリの支柱を直すついでにやってくれたみたいです(^^;)
感謝永遠に~~ 


大雨の中ひるむことなく突撃したおかげかどうだかわからんけど~
6日間を予定していた仕事が2日半で終わったので残りは有給休暇になりました♪ 
ヤッタネ 




b_illust_61_0M_20150702215352ce3.png





というわけで~(^へ^;) 仕事休みの娘と映画に行って来ました。
これ、観せたかったんだよね。



海街diary
現代版細雪?

鎌倉で暮らす長女・幸、次女・佳乃、三女・千佳の香田家三姉妹のもとに、15年前に家を出ていった父の訃報が届く。葬儀に出席するため山形へ赴いた3人は、異母妹の少女すずと会う。
父が亡くなり身寄りのいなくなってしまった彼女だが葬儀の場でも気丈にふるまう姿を目の当たりにした幸は、思わず、すずに鎌倉で一緒に暮らそうと言うのだった。
異母妹を迎えて4人となった姉妹の共同生活を軸に、彼女らを取り巻く人々の心象風景を細やかに描いています…


このお話には原作がある。

蝉時雨のやむ頃

吉田秋生の漫画だ。

私は彼女のデビュー作をリアルタイムで読んで以来のファンである。
昔から話の組み立てが巧みだったけれど、この話は秀逸。
圧倒的な画力とセンスのあるセリフで、ありふれた日常を生き生きとそして感慨深く描いている。
四姉妹というと「細雪」を思い出す。若草物語もあったっけ。家族の話だと向田邦子…
そのくらい、このお話は完成度が高い。もはや文学作品といえるのだ。

fc2blog_20150702211510d31.jpg

映画はそんな原作をくずすことなく丁寧に撮られていた。
エピソードをパッチワークしたようなかんじ。
とりたてて事件が起こるわけでもなく淡々と日々が綴られていく。
その描き方が…実にさりげなくてね。
人によっては物足りないというか~わけがわからないかも知れないけれど
あ、そういうことなんだ! と一人落ちながら観る映画です。
ほのかに漂う移り香のような、静かな作品。

すずちゃんかわいい

人生はいろいろあるよね。
だけどそれをいちいち説教臭く言う気になれなくて。
こういう映画に頼っちゃいます(^^;)

娘はいいお話やん…って言ってくれたので見せた甲斐がありました。






今日も読んでいただき、ありがとうございます 
ポチッと押していただくと、畑仕事もがんばります(笑)
   ↓
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン


映画の感想は個人的な物なのでコメント欄は閉じさせていただいています。
関連記事
スポンサーサイト

| 映画館で見た映画 | 23:21 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://spygrass.blog102.fc2.com/tb.php/3074-e26b4185

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT