楽しい農業生活!

農業はラクな仕事ではありませんが、楽にやる方法を模索しています!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

イタリア旅行2日目

イタリア格安ツアーの朝食は質素だと聞いていたけれど、私たちにはちょうどいい感じでした。
メンバーは催行ギリギリの16人(^-^;)
みなさんリタイアされた方ばかりで、現役は私と一人旅の男の人くらいだったかな。
相席した向かい側の夫婦はめちゃくちゃよう食べる人たちでした。パンだけでも一人3~4個(汗)

すきなあさごはん

荷物をまとめてホテルを8時に出発…


バスを降りて歩きます。 残念ながら雨がザーザー

あめあめあめ


サンタマリア・デッレ・グラッツェ教会
がらすき

ルネサンスを代表するロンバルディア派ゴシック様式の教会。
ミラノ公フランチェスコ・スフォルツァの意向でルネサンス様式と融合した建物になっている。

内装は控えめでかわいい…

かわいい

↑↓画像をクリックすると拡大します

ひかえめ

まりあさまかしら


これ懺悔の箱だよね(^-^;) 赦しを乞うことがいっぱいあるわ。

懺悔の箱?


この上にルネッサンス様式のクーポラがありますが…みんなあまり見ていません(^^;)

じかんまち


時間になったので、一旦外に出て教会左手にあったベージュ色の建物から中へ…

画像↓をクリックすると拡大します
けっこう上方にある

じゃーん!  最後の晩餐 です(@-@)

《最後の晩餐》の鑑賞は完全予約・25人の入れ替制で15分の時間制限付きなのよ!(^^;)
教会を見学しながら時間待ちしていたというワケ。


1495~98年にレオナルド・ダ・ヴィンチがパトロンだったミラノの当主スフォルツァ公の依頼で制作したもの。
フレスコ画なら堅固だったのにダ・ヴィンチはテンペラの手法でこの絵を描いており、 当初から剥落などの損傷が激しかったらしい。

そしてこの絵はサンタ・マリア・デッリ・グラッツェ教会付属の食堂の壁画なのだ。
当然、食堂として使用されていたので食べ物の湿気や湯気などがこもって浸食に拍車をかけ
この向こう側に厨房があったため、入り口のドア ↓ が付けられている (なんてことを!)
イエスの足が描かれていたかもしれんのに!

なんてことを

世界遺産も当時の人にとっては銭湯の富士山程度のものだったのね…(滝汗)


と、ここで賢明な方はお気づきになられたかも知れませんが~


撮影OKだったのです! (もちろん、フラッシュは厳禁ね)


だからこんなことも(笑)

こんなことも

ともかく何回も修復の手が加えられていて時には壁にひびが入るなど大胆な失敗もあり、
17世紀末のナポレオンの時代には食堂ではなく馬小屋になってたってのはあんまりだ!
この間、ミラノは2回も大洪水に見舞われており、壁画全体が水浸しとなったり…
第二次世界大戦ではアメリカ軍がミラノを空爆し、右側の屋根が半壊の憂き目に(@-@)
壁画のある壁は土嚢と組まれた足場で保護されていたこともあって損壊を免れたものの
経済的な理由でその後3年間も雨ざらしに(^^;)

建物は設計図が残っていたため、そのまま復元されたが内部は戦争の爪痕を残すためか
修復は最小限にとどめられている…

と言ういきさつを知ると、これはもう奇跡としか言いようのない壁画であります。

画像↓をクリックすると拡大します
いってんとうしずほう

絵は床から2メートルほどの上に、ほぼ等身大に描かれています。
一点透視図法を用いて部屋の様子が立体的に描かれており、ある位置から見ると、
絵画の天井の線と実際の壁と天井との境目がつながり、部屋が壁の奥方向へと広がって見えるようになっています。

左右の壁にも残っていれば見事だったろうに… 戦争はあかんよ。


窓のまわりはだまし絵的ですね。
画像↓をクリックすると拡大します
だましえ


そうそう(^^;) 反対側にはジョバンニ・ドナート・ディ・モントルファーノ(1440~1504)の1495年の作『キリストの磔刑(たっけい)』があります。
こちらはフレスコ画なのでばっちり美しく残っていますね。

画像↓をクリックすると拡大します
いまいちな



本当は歩いて行ける距離なんだけどバスに乗って移動…

スフォルツェスコ城
さむーい

1450年にミラノ公爵のフランチェスコ・スフォルツァがヴィスコンティ家の居城を改築して建設した城塞。

もともとは星型の形状の広大な城郭であったが、現存しているのは1/4程度以下で
残りの敷地は公園や道路となっている。

あめあめ

現在、城の内部は市立博物館となっていてミケランジェロの最後の作品「ロンダニーニのピエタ」などが展示されているらしいが…
外観だけの見学だった。残念!

どーん


跳ね上げ橋が中世っぽいな~

跳ね上げ橋

いいね


ざっと見学したところでバスに乗り込み~


降りてまた歩く… この頃には雨も小降りになってきてました。

市庁舎

スカラ座
オペラ座だって

オペラの殿堂スカラ座… なんだけど、とっても地味な外観だった(^^;)

その前の公園に建つレオナルド・ダ・ヴィンチと弟子たちの像…

レオナルドと弟子たち


その右手に入口がありました。

がっれりあへ



ガレリア・ヴィットリオ・エマヌエーレ2世
豪華なアーケード

八角形の建物内にある、ショッピングモールの先駆けとなったアーケードです。
イタリアの初代国王の名前にちなんでつけられたそうな。

すごいね~

どこかで見た気がしない? 
東京ディズニーランドのワールドバザールのモデルという噂です(^-^;)

どこの紋章?


牡牛のモザイク画の上でかかとを中心に3回転すると幸せになるという伝説があり…
ミーハーな私たちも回ってみました(笑)

回転するのよ

またイタリアにこれますよう


アーケードの中のショップはブランド品ばかり… お呼びでない雰囲気(^m^)

ブランドばかり

皮のスーツケースって

たかそう

たかそうだ



アーケードを抜けると

アーケードを抜けると…

おおっ!

おおっ

なんとまあ


ミラノ大聖堂(ドゥオモ)
画像↓をクリックすると拡大します
どーん!

イタリアを代表するゴシック建造物。
1386年に着工し、完成までに400年以上かかったそうです(^m^)
圧倒的な存在感を放っています! 荘厳な佇まいに思わずため息が~~

どうやって乗せたの

空にそびえる135本の尖塔には聖人の像が飾られています。

地上から108.5メートルの高さにあるもっとも高い尖塔に設置された黄金のマリア像。
画像↓をクリックすると拡大します
金色のマリア



長蛇の列を飛び越して、予約優先パス?で中に入ると…

どひゃー


どひゃ~~~っ

それぞれの画像↓をクリックすると拡大します
どうおも

きれ~

以前はカメラ撮影禁止でしたが、最近になってフラッシュ無しならOKになったそうです。
あちこちで規制が緩和されているみたい(^m^;)



大理石の床もきれい…
本来なら人ごみでごった返すところなのに、空いていたのでラッキーでした 

ものぐらむ



遠くの祭壇前ではミサがはじまり…讃美歌の声が…
これがまた聖堂内に響いて素晴らしいのよ~

みさが

荘厳な雰囲気を堪能いたしました…





とは言っていても、お腹が空いたよね(笑)

お昼ご飯はリゾットとミラノ風カツレツ、そしてリンゴのケーキ♪

りぞっと

ミラノ風子牛のカツレツ

リンゴのケーキ

もうちょっと盛り付けに気を配ったらいいのにって思うケド、お味はグーでした 



ということで~ミラノ観光は終了!



493789nfy8xzi1n4.gif




バスに乗って次の目的地ベネチア目指してレッツゴーゴーゴー!!

なにせ、移動に4時間もかかるのよ  当然、バスの中はお昼寝タイム♪




夕方6時過ぎにベネチアに到着…
ホテルは昨晩とうって変わってシンプル&コンパクトでした(^m^)

コンパクト

完結です


夕食はホテル内のレストランで
トマトソースのパスタと白身魚のフリット、デザートはティラミス♪

ふりっじ?

白身魚のフリット

てぃらみすうまっ

ティラミス、うまっ(^~^)v



はぁ~一日が長かった(^m^;) お疲れ様です~~
続きはまた明日…かな?



最後まで読んでいただき、ありがとうございます 
ポチッと押していただくと、2倍速で働けます(笑)
   ↓
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン



関連記事
スポンサーサイト

| 今日の作業 | 02:49 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

おはようございます HAL_Kです。

最後の晩餐の前で記念撮影ができるんですね~
戦火を免れたのはやはり奇跡かな?
ミラノ大聖堂は何時間でも見てられそうです。
この建物を見るだけのツアーでも良いなぁ(笑)

| HAL_K | 2016/03/15 05:36 | URL |

geroちゃん おはよー♪

イタリアか~~
行きたいところの1つなんだけど、うちはどちらかと言えば自然観賞派
壁画や絵画や建築物には「ほぉぉ~」と思う程度で心はあまり踊らないのよ(^^;)
今は、ペルーのマチュピチュ行きたいな~
今では夢と化してるけど。
geroちゃん、解説上手いね。
うちなら、綺麗でした~ 凄いですね~ 美味しかった~ 疲れた~ で終わりかな・・・。

| らうっち | 2016/03/15 06:56 | URL | ≫ EDIT

HAL_K さんへ

完成するまで400年というのがね〜σ(^_^;)
権力より信仰の熱さが支えていたのですね。
外はもちろん、内部の柱の数を目にしてゾクゾクしました。
次のベネチアも期待してね♪
写真オーケーは観光客を意識しての事かなぁ〜〜

| gerogero | 2016/03/15 07:46 | URL | ≫ EDIT

らうっちさんへ

ほおお〜〜(^。^) らうっちさんは自然派ですか♪
マチュピチュ、私も行ってみたい!
でもうちの旦那さまは都会派なんで想定外ですねんσ(^_^;)
一段落したら是非行って欲しいな♪
らうっちさんのブログは驚きに満ちてるから
旅行記もきっと面白いと思うよ( ^ω^ )

| gerogero | 2016/03/15 07:53 | URL | ≫ EDIT

gerogeroさん、こんにちは(^^)/

ホントにイタリアだヾ(゚0゚*)ノ?
ホントに行ったんですね(゚‐゚*)
すごいですね、建物。
すごいですね、絵画も。
やっぱりイタリアだo(*’▽’*)/☆゚’
ほんと長い一日。
これが10日間ですね(⌒-⌒)
期待してます。

| すぎさん | 2016/03/15 12:25 | URL |

gerogeroさん こんにちは
やっぱりイタリア、歴史が感じられる
日本建築もいいが、比較にならない
昔の人は偉大だと…
レッカー車なんかなかったんよね
イタリアはリタイア出来たら考える
当分仕事にいそしみます。。。

| まあちゃん | 2016/03/15 17:01 | URL |

すぎさん へ

帰ってきてからもう1週間経ちました(笑)
ホンマに行ってきたんかいな?
鎌倉幕府の頃に着工して江戸中期に完成ってどう思います?
日本だと政権が変わっちゃったらボツですよね…
石造りの文化の凄さを感じました…

| gerogero | 2016/03/15 21:04 | URL |

まあちゃん さんへ

そうですよ~(^m^)リタイアした時の楽しみですよ♪
しばらく旦那さまにお付き合いします~
本当はオンシーズンに行った方がいいのですが
オフもおススメです。なんてったって空いている!
料金も安いし(笑)

| gerogero | 2016/03/15 21:11 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://spygrass.blog102.fc2.com/tb.php/3391-fc8f1d8d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT