楽しい農業生活!

農業はラクな仕事ではありませんが、楽にやる方法を模索しています!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

イタリア旅行3日目その2

まー、とにかく凄いところデシタ(^^;)


ドゥカーレ宮殿
9世紀に建造

9世紀ごろ、国家の威厳と富の象徴として建てられた政庁兼総督の邸宅。
ゴシック様式の、ちょっぴりイスラム文化も混じったアーチが連なる回廊が美しい~

画像↓をクリックすると拡大します
こまかな細工



いくつもの評議室があり、どれも贅をつくしてきらびやかなのだが(@-@)
天井を見てね!って現地ガイドさんが言う。

木造ですねん

木造やん! 


そうなのだ(^-^;) 

地盤の緩いところに建てるにはおもいっきり軽量化する必要があり、
建物のほとんどは木が使われているのだ。
石に見えるのは漆喰。大理石の部分も薄い板状のものを貼っているんだそうな…

どう見ても、石の彫刻にしか見えないんだけどな~

大理石にしか見えない

24時間時計

うーん

すごい~~



中でも圧巻なのが、外国から来た客が必ず通される 黄金の階段

画像↓をクリックすると拡大します
きゃ~~

24金の金箔と漆喰(しっくい)とフレスコ画で飾られた豪華絢爛なものです。
上から覆いかぶさるような威圧感(^-^;)
共和国の莫大な富とドージェ(元首・総督)の権力を見せつけるためのものですね~


といっても、独裁ではなくて、政治のすべては議員による評議で決められていて
元首と言えど、安月給だったそうな(^^;)


国家を守るための装備もいっぱい…

長い~

中世

大砲

ダビンチ作の機関銃

ダ・ヴィンチ考案のマシンガン? とか言っていたけどホンマかいな(^^;)

ヒミツの通路
ここでは罪人の裁判も行われていて…
そのほとんどが政治犯だったそうです。

1000年もの長きにわたる共和国政治には
政府を転覆させる企てを阻止する必要があり、
密告が奨励されていたらしい (^へ^;)


裁判と言っても
死刑か終身刑の2択 (@m@)

いらんわ~~



きゃーん

こわっ

判決後、この独房に向かう囚人が通った橋が、「ため息橋」
ヴェネツィアの美しい景色を見られるのもこれが最後だと、ため息をついたから…

石でできた格子窓の隙間からかすかに外が見えます。

最後に見た景色

ためいきばし

ね? シビアでしょ… (^-^;)




さて!


ここは1000~2000人以上の議員が集まったという大評議会場の間。

木造です

こんなに広いのに柱が1本もありません(^-^;) 吊り天井だそうです。凄い技術!
そして、世界最大級の油絵があります~

ティントレット作 「天国」
世界最大

この時代はフレスコ画が主流だったのだけど、湿気に弱いため
ベネチアでは油絵の技術がいちはやく発達したらしい。

この素晴らしい大広間であれこれ論議する評議員になるのが市民のステータス!


絵の中にはベネチアの守護聖人、聖マルコがその象徴のライオンとともに描かれています。

マルコさん

ベネチアに何がしかの象徴が欲しくなった商人が
西暦828年、アレキサンドリアにあった聖マルコの遺体を略奪して持ち帰りました(^m^;)
この聖マルコの遺体を祀るために建設されたのが 「サン・マルコ寺院」 になります。

中庭から見た、サンマルコ寺院
サンマルコ寺院が見えます

まあいっぱい

東ローマ帝国の影響を受けた、ビザンティン様式を代表する建物とされていますが
中は…ロマネスク、ゴシック、ルネッサンス様式と様々な建築様式のごちゃ混ぜ(^^;)
キンピカできれいだったけれど、写真はありません(^-^;)

十字軍の遠征でゲットした戦利品の異国の大理石がパッチワークのようにはめ込まれていて
その重みで床にひずみが入ってところどころ浸水しておりました。
せっかくの建築技術が水の泡という…



サン・マルコ広場
サンマルコ広場

手前に並べられているのは、もしも水位が上がって水浸しになった時の踏み台です(^^;)
満潮と高潮が重なった時、観光客はこの上を歩くのだ。

ムーア人像が鐘を打ち鳴らす、時計塔
時計塔

サンマルコ広場の片隅で

目に下に隈のあるカモメ…

めのしたにくまのあるかもめ

せんせーに言うたろ~  餌やったらあかんねんでー 50ユーロの罰金やねんでー

せんせーにゆうたろ


このあとベネチアングラスの工房を見学…

せんせい~

飴細工

あっという間に水差しを作って、ドヤ顔の先生♪

すまん


本来はグラスが主流なんだけど、この鳥たちが素晴らしかった。

画像↓をクリックすると拡大します
これはすばらしい


                 

お昼ご飯はイカ墨のパスタだったんだけど~
その前になんでかピザが出てくるのョ(^m^)  これだから太るんだよ!

これだからふとるんだよ

まっくろくろすけ

初めて食べたイカ墨… ドキドキしたけど、めちゃウマ!(^~^)
みんな夢中になって食べました~

シーフードのフリットもウマウマ♪ ワインがすすむわぁぁ~~

シーフードのフリット

しゃーべっともうまっ




リアルト橋 
しゆうふくちゅう

一部修復中でした。
ここから少しだけ自由行動…

りあるとばしをわたる

カーニバルの仮面を売るお店とか… いろいろ。

有名人がくるみせなのかな

どこかのひろば

迷ったら大変

細い路地が入り組んでいて、迷ったら大変~

うらどおり

でも、静かでいい感じでした…





以上でベネチアの観光は終了~
また水上バスに乗って、トロンケット島まで戻って次はフィレンツェを目指してゴーゴゴー!

途中、トイレ休憩をはさみながらバスに揺られること3時間半…


森の中のリストランテに到着♪ 

いい感じのレストラン


野菜スープうまし!

野菜スープうまっ


チキンディアブロはスパイスが効いていて皮がパリッパリに焼けていて美味しかったです♪
普段はチキンを食べない旦那さまがペロリでした…

ぱりっぱり


あ~、お腹いっぱい!
だけど、チョコレートケーキは入るんだな、これが(笑)

別腹


出るときに見つけたカエルの置物♪ こんなところでアルバイト?

こんなところであるばいと


20時半ごろ、フィレンツェのホテルにチェックイン~

だいりせき~

しっくでおちつく~


お疲れ様でした~~~



最後まで読んでいただき、ありがとうございます 
ポチッと押していただくと、次回から短めになると思います~(笑)
   ↓
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン


関連記事
スポンサーサイト

| イタリア | 01:09 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

おはようございます HAL_Kです。

ベネチアではビニール袋を靴の上から履くそうですが、大丈夫でしたか?
台湾より楽しそうですね(笑)
軽量化のために木材が使われていることは知りませんでした。
しかしよく建物を保存されてるものですね~
古い建物でも利用するという文化の違いかなぁ・・・

| HAL_K | 2016/03/17 05:36 | URL |

geroちゃん おはよー♪

観光の感想は省略。
格子の隙間から見える景色の素晴らしいことと、カモメが人相・・・鳥相悪すぎなのが印象に残った1番2番だわ(^^;)

| らうっち | 2016/03/17 05:59 | URL | ≫ EDIT

HAL_K  さんへ

本島に止まるとホテルから長靴の貸し出しがあるそうですよ!
幸いなことに、浸水の危険はありませんでした♪
石造りの文化だからでしょうね~
木材も固くて年輪の詰まったものを選んで使っているようです。
今は違うだろうけれど、水は井戸からとっていたそうで
その解説を始めると長くなるので省略~(笑)

| gerogero | 2016/03/17 10:22 | URL |

ごめんごめん!(^m^)
凄すぎてどこをカットすりゃええのかわからん状態(笑)
ダラダラした旅行記を読んでくれてアリガト♪
どこでもそうだけど、こういう広場にはハトや他の鳥が集まるよねー
罰金かけられてて餌やる人滅多にいないから人相悪くなったのカモ?(笑)

| gerogero | 2016/03/17 10:25 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://spygrass.blog102.fc2.com/tb.php/3395-2a6ee9f3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT