楽しい農業生活!

農業はラクな仕事ではありませんが、楽にやる方法を模索しています!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

イタリア旅行6日目

寝坊した!旅にも慣れてきたら
油断して寝坊しました(@m@)

出発時刻8時半なのに、
起きたのが7時半…
それでも、すこしだけでもと
朝ごはんは食べる2人(汗)


さて、さて…

バスはポンペイに到着~

ポンペイの町

 それぞれの画像をクリックすると拡大します(しないのもあるけど)


外壁の外にある、身分の低い人たちの共同墓地(カタコンベ)

かたこんべ

今は地つづきだけど…          ほんとうはココ  が海岸線だった。

すぐそこが港だった


めぬきどおり

2000年前の豊かで活気あふれる古代ローマ人の生活ぶりがそっくりそのまま残っています。

整備された目抜き通りの両脇にはお店がずらーり…
奥にはパン釜があり、壺に入った何かを売っていたのね。

お店屋さん


飛び石の横断歩道は、歩行者の足が汚れないためのもの。 

轍が!

ちゃんと馬車が通れるように隙間が空いている。 轍の後がすり減っているのがすごい~

自由に使えた水飲み場の水は
水道管で水源から水を引いていたそうな(@-@) 日本は弥生時代だよ…

水飲み場

水道管


フィットネスクラブ?みたいなのがあって、汗をかいたあとはお風呂へ…

てんじょうが


ローマ時代のお風呂は蒸風呂だったそうです。
板敷の下は空洞になっていて、蒸気で満たされていたらしい。

蒸風呂だった

他にも、洗濯屋さんや円形競技場、神殿、小劇場などもあり市民生活は充実していた。
そして港から上がってきた異国の旅人を癒す歓楽街もいっぱい…

こちらは売春宿です~
上の窓から呼び込みをやりました♪ って楽しそうに喋るイタリア人ガイド(笑)

ばいしゅんやど

石のベッド


言葉がわからなくても、メニューを指さしてサービスを受けたんだってさ。

サービスメニュー


トイレも近代的(@m@)  テルマエロマエも真っ青さ~

トイレ


2000年前のローマ人の身長は150㎝くらいで、平均寿命は30歳(@0@) 短いっ!
だからこそ、食べること、遊ぶことに熱心だったとか…

高度な文明を誇り、法も確立されていて人々は安心して楽しく暮らしていたんだけど

べすびお

西暦79年にベスビオ火山(向こうの青い山) の大噴火により、
街は瞬く間に火山灰の下に埋もれてしまったのだった…

発掘されたもの

苦しみながら息絶えた犬がそのままの姿で (空洞に石膏を流し込んで型をとったもの

犬が!

自然の脅威ですね…


としみじみしたところで急に雨が降り出して、退散ー


バスは食事するためだけに、ソレントへ(^m^)

それんと

TASSO.gif

人気のお店

RISTORANTE TASSO は地元の人気店らしい♪

そうでなくてもどこに行っても美味しいのはどうして? という話題になり
JTBがあらかじめ試食して日本人の口に合うようオーダーしてるんとちゃう?という意見が。
ホンマかいな(^へ^;)

白身魚のソテー 
しろみざかなのそてー

ボンゴレロッソ
ボンゴレ

まー、味はともかく量は減らしてくれているのかも(^^;)
レストランも大変やね…

苺のミルフィーユ
ミルフィーユ

サクサクのパイに甘酸っぱさが絶妙で、美味しかったぁ~~(^@^)




そしてバスは海岸線をまっしぐら!


海岸線

だんだん空も晴れてきて~



どひゃ~ん!



アマルフィです~

クリックすると拡大されます↓
ポズィターノの丘から


と思ったのは、アマルフィの手前のポズィターノでした(^へ^;)


ホントウのアマルフィは…


期待しすぎ


バックに映る街並みだけ…



めっちゃ貧相… (コラコラ!^^;)



いやあ…
街歩きの地図をもらった時からエライ小さいなぁって思ってはいたのよ…

小さいなあ

映画「アマルフィ 女神の報酬」に出てきたときはすっごくええ所だったのに(汗)

なに、この砂浜(@-@)

まさかの砂浜

ラストシーンでは高級リゾートホテルのプライベートビーチかと思っていたのに


おっちゃんが釣りをしているしー (おっちゃんに罪は無いで)

釣りをするおっちゃん


ま、こんなもんやね(^m^;) 
自分だって畑の汚いところは写らんようにしてるもんな (と、妙に納得)



さ、一時間しかないからサッサといくで~~

ドゥオモ (聖アンドレア教会)
ドゥオモ

せいあんどれ


ろじ

とんねる



へんなふんすい

変な飾り付けのある噴水… お暇な方は↓クリックしてみてね~

なんじゃーこりゃ


どんどん歩いて登っていくと突き当りになった(汗)

紙の博物館
紙の博物館

アマルフィではヨーロッパで一番早く綿や麻から紙を製作していたんだそうな。


いいかんじー

しぶい~


おや、こんなところに(@-@)

ほしい!

近くだったら絶対に買って帰ってたわ。



ナポリに帰る途中でカメオ工房に寄ったけれどそれはパス~


とっぷりと日も暮れました…

ナポリの夜景 クリックすると↓拡大します
ナポリの夜景

ナポリの市内は治安がイマイチで、バスから降りることはありませんでした(汗)


トマトとモッツァレラのカプレーゼ♪

fc2blog_20160320000016ef8.jpg

マルゲリータ♪

fc2blog_20160320000050ec3.jpg

でかっ(@m@) 一人一個は多すぎる~~ 
めずらしくサラダがついているし~

fc2blog_20160320000145095.jpg

三分の一くらい残してしまった(^^;) ごめんなさい。

でも、デザートは別腹なのねぇん♪

fc2blog_20160320000218005.jpg


はぁぁ~(^-^;) 今日もよく歩き、よく食べましたとさ。




最後まで読んでいただき、ありがとうございます 
ポチッと押していただくと、ナポリピッツァの引換券が当たります (ウソです・笑)
   ↓
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン


関連記事
スポンサーサイト

| イタリア | 00:28 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

おはようございます HAL_Kです。

えっ、アマルフィーって貧相なの?
でも、自動車が通れない町もそのまま使ってるんですよね~
日本では考えられないです。
法隆寺の門前も車道を広げるために収用してしまうもんなぁ・・・
自動車に頼らないから街並みが残るんでしょうね。

| HAL_K | 2016/03/22 04:58 | URL |

お食事の写真がどれも美味しそうで、うらやましいです。
以前、JTBのスペイン旅行のツアーに参加した時は食事がびっくりするほど残念でした。その時はかなり大きいグループになってしまったので、地元の人に人気のお店などには入れず、いかにもツアー相手のレストランばかりだったので、そのせいかもしれません。gerogeroさんのツアーは催行人数ギリギリとのことですから、小さいグループはいいお店に入れるんですよ〜、きっと。
日頃の行いですね。

| emmynyaa | 2016/03/22 10:27 | URL | ≫ EDIT

emmynyaa さんへ

> 地元の人に人気のお店などには入れず、いかにもツアー相手のレストランばかりだったので、

げげっ(@m@) そうなの?!
シーズンオフだからかもとも思っていましたが…
確かに30人くらいのツアーになると全員入るのは厳しいカモしれませんね(汗)
添乗員さんを入れても17人だったのでテーブル3つくらいだものね…
すべて普通のレストランでした。
実は次はスペインを考えているのですが、よーく考えて
催行ギリギリを狙うことにします(笑)

| gerogero | 2016/03/22 12:35 | URL |

HAL_K  さんへ

> でも、自動車が通れない町もそのまま使ってるんですよね~

そうそう(^m^) そこに触れるべきでしたね!!
業務用の小さい電気自動車だけ。
崖にへばりつくように建っているさまは趣きがあっていいです。確かに。
ほぼ坂道ばかりで途中で会った老婦人は杖をつきながら休み休み…
とても大変そうでしたが元気でしたね(^m^)

法隆寺!あれはね…(^^;)
唐招提寺あたりの道はそんなことなさそうですけどね。

| gerogero | 2016/03/22 12:43 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://spygrass.blog102.fc2.com/tb.php/3409-daa8c31d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT