楽しい農業生活!

農業はラクな仕事ではありませんが、楽にやる方法を模索しています!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ハドソン川の奇跡

心配していた雨はそれほどでもなく、夜の9時ごろには温帯低気圧に変わったようです。
さっきまでゴウゴウ吹いていた風もピタリと止んで、今はとても静かです。
明日の朝、田んぼを見に行くのがちょっぴり怖いけれど…

というわけで 
台風がそれそうだし、雨だったので旦那さまと映画に行って来ました(^-^;)


ハドソン川の奇跡
ハドソン川の奇跡

2009年のアメリカ・ニューヨークで起こった、航空機事故の奇跡的な生還劇は世界に広く報道されたので知っている人も多いと思う。
これはチェズレイ・サレンバーガー機長の手記「機長、究極の決断 『ハドソン川』の奇跡」をもとにクリント・イーストウッド監督がトム・ハンクスを機長役に迎え、映画化したものです。

2009年1月15日、乗客乗員155人を乗せた航空機がマンハッタンの上空850メートルでコントロールを失う。機長のチェズレイ・サレンバーガーは必死に機体を制御し、ハドソン川に着水させることに成功。全員が事故から生還する。機長は一躍、国民的英雄になるが、その判断が正しかったのか否か、国家運輸安全委員会の厳しい追及がはじまるのだった…

640_201610052314448e1.jpg

着水して全員無事だったからバンザイ!すっごい奇跡やな~と思っていました。
まさかその後、機長が犯罪者扱いされていたとは…!
事故の原因と対処法に間違いが無かったか、徹底的に検証する調査委員会は流石。
なんだかとても嫌な奴らだけれど、そのおかげで今日の安全が築かれているんだと思うと納得です。

そういった面もあわせて、まだ記憶に新しいし、みな結果を知っている話を映画にするのはとても難しいと思う。
ヘンにドラマチックでもハートフルでもこの話にはそぐわない。かといってただのドキュメンタリー映像では面白くない。
冷静沈着な機長に内包された苦悩を描きながら、手に汗握る迫力のある映像、もしやと思わせる演出など、クリント・イーストウッド監督はただ者ではありません!

ちがうわ~

いつものトム・ハンクスじゃない、別人のような抑えた演技がよかったです。






今日も読んでいただき、ありがとうございます 
映画の感想は個人的なものなのでコメント欄はとじさせていただいています。
ポチッと押していただくと、嬉しいです(笑)
   ↓
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン








関連記事
スポンサーサイト

| 映画館で見た映画 | 23:39 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://spygrass.blog102.fc2.com/tb.php/3703-a07b573c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT