楽しい農業生活!

農業はラクな仕事ではありませんが、楽にやる方法を模索しています!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅

さてさて…
玉ねぎ苗を植えたあと、家族で映画に行ってました。
この冬、話題のコレ↓ を観ないとね!

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅
にゅーと

「ハリー・ポッター」シリーズが完結して早や5年…原作者J・K・ローリングが自ら脚本を執筆。
ハリー・ポッターらが生まれるずっと以前…時代は90年前にさかのぼり、ホグワーツ魔法魔術学校の指定教科書 「幻の動物とその生息地」 を編纂した、魔法動物学者ニュート・スキャマンダーの冒険を描く。
世界中を旅して未知の幻獣を捜す途中、ニューヨークに立ち寄ったニュートだったが、魔法のトランクから危険な魔法動物たちが逃げ出してしまう。次いでニューヨークの街で不可解な事件や事故が多発するのはそれら魔法動物の仕業なのか?それとも…

移民が押し寄せていたクラシカルなニューヨークが舞台なのよ!
主人公と知り合う普通の人間(ノーマジ)が住んでいるアパートは、
ロウワー―ストサイドじゃないかなー → ココ
レンガ造りで、狭い部屋で…街並みがそっくりで懐かしかった。

「ハリーポッター」シリーズは子供が主人公だったので今どきの過激な表現が多かったけれど、今回は全員大人なので、お話も落ち着いた感じで、全体的にオシャレでした。

しかし… トランクの中が別世界の広い空間につながっているというのは
まるでドラえもんの どこでもドアー じゃん。
魔法動物だって、どらえもん や ポケモン に似通っている気がするのは私だけ?!

もぐらとかものはし?

こんなのが飛んでいたら

木の妖精?

ま、ツッコミはこのへんにして…


突然魔法の世界に巻きこまれちゃう、ただの人間(ノーマジ)の
ジェイコブ・コワルスキー(写真手前)が良かった♪

のーまじ

魔法使いを気味悪いとも思わず、受け入れてしまうところがいいよねー
物事を否定しない、想像力があるというか、包容力があるのは
パン屋になりたい彼ならではのクリエイティブさによるものだと思う。

人をおもう優しさ、真面目さがね、ハリーシリーズとはひと味違う。
ラストがほのぼのといい感じだったのも好感持てます~




今日も読んでいただき、ありがとうございます 
映画の感想は個人的なものなのでコメント欄は閉じさせていただいています。
ポチッと押していただくと 畑仕事もガンバリマス(笑)
   ↓
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン



関連記事
スポンサーサイト

| 映画館で見た映画 | 22:16 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://spygrass.blog102.fc2.com/tb.php/3775-317f5f10

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT