楽しい農業生活!

農業はラクな仕事ではありませんが、楽にやる方法を模索しています!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

バルセロナをぶらぶら~カサ・ミラと最終日

広島オフ会のようすが次々と発表されているさなかに
自分の旅行記をぶつけてくる空気が読めない  です(笑)
ま、こちらは 裏番組 だと思ってね~  
読むのもコメントも、スルーでいいですからね~♪ ポチだけ押しといてね~(爆)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


というわけで
建築物が好きな方に捧げる、バルセロナぶらぶら いってみよう~!


前回、カサ・バトリョの行列と入場料金にシッポ巻いて逃げた2人は
個性的な建物を見ながらグラシア通りを北上していきました。

これだって十分、個性的な建物ですよね(笑)

十分

何なんだろ? 遠目には小さく見えるけれど、日本の戸建てサイズが屋上にある。
ペントハウスでもなさそうなんだけどな(^m^;)


でも、やっぱりこれは目を引くわ…

地中海やカタルーニャの雪山をイメージした、波打つ外観がディープインパクトな建物…
というよりもはやゲージュツ作品ですね。
バルコニーの装飾された手すりなんか、ワカメが張り付いているようだし…

カサ・ミラ
かさみら

ガウディが1906~1910年にかけて実業家ペレ・ミラ夫妻のために建てた家(カサ)は直線部分がまったくない建造物。パッと見とても住みにくそうだなぁ(^へ^;) 建設当時のバルセロナ市民には受け入れられずに「石切場(ラ・ペドレラ)」というあだ名がつけられて、今でもカサ・ミラより、「ラ・ペドレラ」の名前で通っているようです。

4、5人しか並んでなかったので、思い切って入ってみることにしました(^へ^;)

いやほんがいどつき22ゆー

日本語イヤホンガイド付きで大人1人22ユーロ(2642円・当日レート) 
2人で5000円越え~  個人だとこれが痛いんだな~~ 


中庭が吹き抜けになっています…

ふきぬけ

手前の階段は、オーナーであるミラ家専用のもの。



奥にあるエレベーターで一気に屋上に上がります。
向かいの建物がヨーロッパ!って感じ (^-^)

よーろっぱなかんじ



屋上が面白い!

屋上おもしろい

高低差がつけられて波打つ様子は山の稜線のよう。奇妙なオブジェみたいなものは煙突や換気口だそうです。らせん状になっているのは、屋上に風が吹き付けるとその風圧で煙突内部が真空になり、煙が吸い上げられることを計算したとか? 本当かしら?
だとしたら本物の天才だぁ!(汗)

ここにも  サグラダ・ファミリアにいたダースベイダー(ローマ戦士の兜)が!

fc2blog_20170220152245650.jpg


fc2blog_20170221004841228.jpg

サグラダ・ファミリアからはこんな距離感ですね。




中庭から見上げていた吹き抜け。

すいこまれちゃう

ぎっしりと並んでいる窓は階下へ行くにしたがってサイズが大きくなっている。
これは自然光がより多く取り込めるようにというガウディならではのこだわりなのだとか。




屋上の一つ下の階はガウディ・ミュージアムになっています。
カサ・ミラ以外にガウディが手掛けた街の建築物の模型やパネルはもちろん、ガウディがインスピレーションを受けた植物や動物のモチーフも展示されていて見応えた~っぷり!


安価なレンガを用いたアーチ。 これも動物の骨組から考え出したのかな?
どことなく、ピノキオに出てくる鯨のお腹にいるみたい…

でこぼこしているのは、さっき見た屋上の起伏と連動しているから!



今は展示室になっていますが、建設当初は住人の洗濯干し場だったそうです!
この巨大な空間が、夏は遮熱になり、冬は保温効果をもたらしたんですね(@-@)







カサ・ミラの間取り(@m@) 四角な部屋がひとつもありません!
当時は「石切場(ラ・ペドレラ)」なんてあだ名を付けられるくらい一般受けしなかったため、借り手がなかなか見つからず、3代にわたって家賃を据え置くという好条件を付けなければならなかったそう。


ガウディは重石を付けた懸垂型の模型を作って建物のバランスを考えたそうです。
ロープや鎖などの両端を持って垂らしたときにできる曲線をカテナリーと呼び、それを上下逆向きにすると、全ての部材に圧力が均等にかかることになり、力学的に安定するんだそうな。

下に鏡があって、覗きこむと立体のドームが現れます。サグラダ・ファミリアの塔みたい…





設計に重力をつかうなんてね(@-@) 宇宙人かっ?!









ガウディの作品は建物だけにとどまらず…
タイルや、階段の手すり、ドアノブから調度品に至るまで多岐にわたっておりました♪

カサ・ミラやカサ・バトリョの床に使われたタイルのデザイン。綺麗です。










さて、もう一つ下の階には当時のブルジョア階級の家が再現されています(^-^)

玄関、リビング、キッチン、食堂、寝室、浴室、家事室、書斎、子供部屋などなど。
当時使われていた家具をそのまま展示。











ここにはガウディらしさが見られないとか、平凡で面白くない! なんていう人がいるけれど

当たり前でしょう! 

個人の邸宅だったカサ・バトリョと違って、賃貸の、ごく普通の家庭なんだもの 
ちょっと裕福な家の、当時の暮らしぶりを垣間見ることができるのよ。

とくに、この年代はアガサ・クリスティーの「ポアロ」の世界なのよぅ~~
ワタクシ、あのドラマが大好きなのでうっとり&ワクワクでした 











この部屋は内蔵式の扉を出すと家族用のダイニングと来客用のダイニングを仕切って独立した部屋として使えるのだ。100年前によくもこんな事を考えつくもんだわぁ。






fc2blog_20170221004607233.jpg




ガウディがデザインしたドアの取っ手。 指の形のくぼみがあり滑りにくくなっている。






現在でも4世帯が実際に居住しているらしい。(もちろん内装はいじっているだろうけど)

家賃は当時からほとんど値上げナシで、1200 ユーロ(144,138円・2017年1月現在)ほど。
バルセロナの一等地で、300㎡以上の広さで、しかも世界遺産の建物で! (@0@)
ありえへんわ~~


1階のホールはこんなの~ 素敵すぎてため息が出ちゃう~~~



大金持ちになって、ここに住みたい!!



22ユーロの価値はたっぷりありましたよ! カサ・ミラ(ラ・ペドレラ)必見です!!!






日もとっぷりと暮れました。
最後、ランブラ・デ・カタルーニャ通りの北の端っこにあるブロンズ像を見に行きました。



新進ゲージュツ家?による、街角アートの一つ。
ゴヤの「裸のマハ」のポーズをとる、キリンの像です(笑)


これで、バルセロナ市内の自由時間はおしまい♪ よく歩きましたw


このあとふらっと入った店で靴を買ったのち、集合場所まで小走り(笑)
みんなと合流してわかったのですが、夕方までうろついていたのは私たちだけ。
他のみんなは添乗員さんと地下鉄に乗ってホテルに帰ってたんだって(^m^;)

晩ごはんを食べに行って、サグラダ・ファミリアの夜景を見ました。



一夜明けて…

デザイナーズホテルの朝食は美味でござった(^~^) 最終日は思いっきり食べたぜ(笑)

たべすぎやろ!


ばるせろなくうこう

ばいばいすぺいん

バイバイ、スペイン~


ドイツのフランクフルトで乗り継いで…

次はどいつだ


わーい(^~^) お寿司だぁ♪

わーいおすしだ

ちょっとしおからいぞ

朝のオムレツはちょっと塩辛かった(^m^;)
添乗員さん曰く、北の国にいくほど味付けが濃くなるそうです。
スペインはどちらかというと薄味だったな…

ドイツワインも美味し! 次回はドイツという噂です 

おみずも


長々とこんなところまで読んでいただき、ありがとうございます 
スペイン旅行記はこれで本当におしまいです。ヤレヤレ(^m^;)

ポチッと押していただくと、畑仕事をガンバリマス(笑)
   ↓
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン




関連記事
スポンサーサイト

| スペイン | 01:29 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

おはようございます HAL_Kです。

おぉ、オイラのためのスペシャル版だ~
カサ・ミラは外観しか知らなかったんで、興味津々で読ませてもらいました。
入場料がけっこう高いんですね(笑)

ガウディが構造力学を理解したゲージツ家なんですね。
建築の巨匠は構造を巧みに意匠に使いますね。
オイラは構造が苦手で意匠のセンスもないからなぁ。

| HAL_K | 2017/02/21 05:25 | URL |

HAL_K  さんへ

> おぉ、オイラのためのスペシャル版だ~

そうでーす(^m^)v 気に入って頂けましたか?

デザインと構造の強度を融合させるのはとても高度な技だと思います。
ガウディって天才!
ねじれた柱などは大木に見られる現象だから自然がお手本なんですねえ。
天井のアーチも、動物の肋骨ですよね。
一見柔そうなレンガを使っているのがポイント高し!
とても温かみがあって、天井裏なのにとても居心地が良かった~
住む人のことをよーく考えていたんだなと思います(理解されなくても)
今でこそデザインや機能性を動植物に求めるようになったけれど、
100年以上も前の人が考えたんですからね…
写真に撮れませんでしたが、屋上のオブジェにはワインの瓶が、
ベランダのフェンスの鉄飾りはリサイクル品でしたよ!

HAL_Kさんも奇想天外な設計をしてみてくださいよぉ(^m^)
それは畑の畝づくりやネット張りなどで表現していただいても…♪

| gerogero | 2017/02/21 09:32 | URL |

バルコニーにワカメが(笑)
こういうデザインのまねっこしたもの、海辺のホテルにありそうだ〜。
R(カーブ)のついた建物って、建築に直線の3倍お金がかかるとか。
スペインに安芸の宮島…世界を渡り歩いておられますね。

ルバーブは全部が赤い茎になるのではないとかで、売られているのは選別してあるそうですね。
緑色のも味は一緒だけども。
うちの畑のは行方不明。緑色だったから雑草のギシギシと間違えて抜いちゃったかな^^;

| 海月 | 2017/02/21 10:07 | URL |

海月 さんへ

> R(カーブ)のついた建物って、建築に直線の3倍お金がかかるとか。

そうなんだ(@-@)やっぱりね…
日本人には考えられないな~無駄なスペースは排除してしまいますね。
この中庭に面した部屋や廊下も日本のマンションだとただの公共の通路で
各戸は通気や採光の恩恵を受けられないですもんね…

厳島神社は広島と地続きじゃなく、海外だとはまったく知りませんでした!!
行ってみないとわから~んもんですね(^m^)

> うちの畑のは行方不明。緑色だったから雑草のギシギシと間違えて抜いちゃったかな^^;

あるあるある!!
うちも、花壇の枠のなかに植えていないと抜くと思う!
親戚だけにそっくりさんですもんねー!!

| gerogero | 2017/02/21 10:36 | URL |

gerogeroさん こんにちは
旅の思い出、最終章で畝
どこの街も素晴らしい建築物がいっぱい
行ってみたいですね~~
イツニコトヤラ
ありゃ~~顔だししてる
本物のgerogeroさんじゃないですか
似顔絵???上手ですよ

オフ会の様子、皆さんの報告楽しいです。
皆さんに事故もなく、楽しい思い出をいっぱい持って帰っていただけて
本当に感謝です。
これからも楽しい仲間、ブログでいいつながりを続けて行きましょう(^.^)/~~~

午後から眼科に行って来ます

| まあちゃん | 2017/02/21 11:23 | URL |

まあちゃん さんへ

お疲れのあとで大丈夫かな。
無理しないでしっかり養生して下さいよ。
オフ会、楽しく過ごせてよかったです。
余韻もしばらく…
それぞれの表現が違うので何倍も楽しいですね(^m^)

まあちゃんさんも奥さまと一緒に旅行に行ってくださいな!

| gerogero | 2017/02/21 12:02 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://spygrass.blog102.fc2.com/tb.php/3912-737a319b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT