楽しい農業生活!

農業はラクな仕事ではありませんが、楽にやる方法を模索しています!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

メディチ リッカルディ宮殿 と アカデミア美術館

外観はこんな感じで無骨で味気ない…
でも内部はビッカビカでした(^-^;) さすがメディチ家が代々住んでた宮殿だけありますw

写真を撮るのを忘れたので、トリップアドバイザーからお借りしました(^^;)


メディチ リッカルディ宮殿 (トリップアドバイザー提供)

外側を地味にしたのは、市民の反感を買わないため って噂です(ホンマか?)



メディチ・リッカルディ宮は、メディチ家のコジモ・イル・ヴェッキオが当時の建築家ミケロッツォに作らせたもの…
なあんて詳しいことはもうやめて~

シンプルに散策しましょう!



個人的に、庭が好みでした!

レモンやオレンジの鉢植えが… でかい(@-@)
やっぱりこのくらいの大きさがないとうまく茂らないのねぇん。

おれんじ

うつくしい

中庭

ひろーい

おおお


さて、ここの2階には贅を尽くした素晴らしい礼拝堂があるのですが 

写真はNG

それではわからんので WEB上での転載を許可しているフリー画像をお借りしました 
とにかく、行って損はないところですョ♪

medici4.jpg

Benozzo Gozzoli(べノッツォ・ゴッツォリ)という画家の美しいフレスコ画を堪能できます。

有名な 「ベツレヘムに向かう東方の三賢王」 の中に実在の人物が描かれているらしい。
私はそういうのに全然詳しくないので~

後で知ってふーん…(笑)


特に、メディチ家の人々がいっぱい描かれているのですが…
リアルな肖像のほかに

かなり美化されてる ものがあるのが プププ なのよ (^m^)/


まあね。本人に会ったわけじゃないから真偽はどうかってとこだけどね~
下調べしてから観に行った方がより楽しめると思います~ 




  次に移動!                            





な、なんだ、この行列は!
ストリートミュージシャンも現れて、みんなのイライラを緩和しようとしてる?

げげっ!

すとりーとみゅーじしゃん

いりぐちはこんなのアカデミア美術館は、隣接する美術学校の学生の勉強を目的に設立。様々な時代の絵画や彫刻などが収集され展示されています。

ウフィッツイに比べて知名度が低いからか予約しないで来る人が年間を通して長蛇の列をつくるところ(^m^;)
事前に入館料(8ユーロ)のほかに手数料(4ユーロ)を払って予約をしないとダメです。

しかーし!
私たちはフィレンツェカードがあったので、列の前に行って係りの人にピラッと見せて中へ!




すぐに入れたので↓満面の笑みの旦那さま(笑)

満面の笑み

アカデミア美術館には、ミケランジェロの最高傑作「ダヴィデ像」があります♪
遠くに見えるのがそうです。


ダヴィデ像があるホールへ向かう途中の通路には、
ミケランジェロの未完の4体の奴隷像が並んでいます…


パレストリーナのピエタ像
ぴえた

ミケランジェロの作にしては?? な感じなんだけど…未完成だから??
(あとで調べたら最晩年の作品で、もう制作への力が衰えていたらしい)

ガイドなしなので、詳しいことがわっかんな~いのが悲しいところ(^^;)
説明を↓スラスラ読んで理解できる英語力が欲しい… 

どうおもう?



ま、いいや  本命はこっちだから♪

おおきい!

ぜいたく~

巨大~~!! 高さ4メートル34センチ、重さ19トン だそうです。

もとはシニョーリア広場のヴェッキオ宮殿前にあったのですが
天候や歳月による損傷を防ぐという理由で1873年にここに移設されたんだそう。
現在シニョーリア広場にあるのはレプリカです(^m^)


ここに来たら、是非後ろに回ってみましょう!

後ろはないよ

正面からだと意識しないけれど、右足を背後から包むように支えているんですね…



そして…

ぷりけつ

ぷりけつ! 






そして…



この包帯みたいなのはなんでしょう??

包帯?

ダヴィデは旧約聖書に登場するイスラエルの2代目(紀元前1000年ごろ)の王で、敵の巨人ゴリアテとの闘いの際にダヴィデが使った武器は投石器。
といっても、紐でびゅん!と投げるシンプルなもの(^-^;) パチンコみたいな?
それを左手に持ち、石を持った右手まで背中をタスキがけしたようになっているのがそれというわけ。

リアルやわ~ (@m@)

他に、ダビデの目の輝きはハート型だって有名なんだけどー
これは確認できまっせんでした。

よくわからないわ





こちらもシニョーリア広場から移設されたもの…

やくどうかん!





18~19世紀の彫刻家による石膏塑像の陳列室ではレプリカの作り方のDVDを上映していました。
ほんと、学生向け!

レプリカ工場?


ほかにも、13~16世紀のフィレンツェ派の絵画やメディチ家の古典楽器コレクションなどが収蔵されています♪


死に瀕したレオナルド? (解説がナナメ読みなので間違っていたらゴメン)

死に瀕したレオナルド?

しゅうきょうが



次回へ続く~ 


いつもこんなところまで読んでいただき、ありがとうございます 
お手数ですが帰り際にポチッと押していただくと、やる気スイッチが入ります(笑)
   ↓
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ  人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

| フィレンツェ | 22:32 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

カエルちゃ~~~ん おはよ~~
ミケランジェロ…プリけつ堪能した~~
もう若き頃のけつは無理じゃが…頑張る(笑)
負けんように今日もこれから1日頑張って来るで~~~
暑いのでボチボチやりましょ(^.^)/~~~

| まあちゃん | 2017/05/21 08:12 | URL |

まあちゃん さんへ

これ、大理石のかたまりから彫り出してんて…えらいわ!
コンッ!って間違ったらすべてがパアだよ。

毎日暑いね~ v-12
一雨欲しい!

| 木村カエル(gerogero) | 2017/05/22 01:51 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://spygrass.blog102.fc2.com/tb.php/4062-f3b07e71

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT