FC2ブログ

楽しい農業生活!

農業はラクな仕事ではありませんが、楽にやる方法を模索しています!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ドイツ旅行4日目

ドレスデンのホテルには初めて水が付いていました。しかもオシャレ♪



シンプルだけど

シンプルだけど、種類はあります。

2人ともいつもは朝食はたくさん食べない習慣ですが、
ツアーは買い食いするチャンスがないので、しっかり食べとかないとネ(^m^;)

今日も食べるよ


定刻通り、バスは出発! いきなり渋滞…
みんな会社へは車通勤なのね(^-^;) それで混むからツアーの出発時間が早いのだな。

渋滞


なんとか市の中心部に到着~

3月22日(木) ドレスデンの最低気温はマイナス1℃、最高気温は3℃デシタ 
写真には写っていないけど、時々吹雪いてたんよ  さっぶかった~~
もう、鼻水ダダ洩れ~ (汚いって)

広い


観光の前に、添乗員および現地ガイドさんからシビアな発表が! 

かつて「百塔の都」とうたわれたドレスデンは中世にはエルベ川を水路として発展した商業都市でした。16世紀以降はザクセン王国の首都として繁栄を極め、バロック様式の壮麗な宮殿や教会や貴族の館が立ち並んでそれはそれは素晴らしい都だったのですが…

第2次世界大戦の空襲で 


一夜にしてすべて破壊 されたのでした 



これから見る建物はみな、長い時をかけて 

戦後に再建されたもの デス 


ゼンパーオペラ
ゼンパーオペラ

ヨーロッパ屈指のオペラハウス。初代音楽監督はウェーバーで、ワーグナーの「さまよえるオランダ人」「タンホイザー」はここで初演された。 戦後40年かけて再建。1985年に完成。


ツヴィンガー宮殿
修復中

↓画像をクリックしてもう1回クリックすると拡大します
ゼンパーオペラ?

再建されてからまだ30年ほど しか経っていないのに、渋いよね?

いい具合に古ぼけていて、まるで数百年前からあるような重厚な趣だよね?



これは…


実は…


砂岩から染み出した 鉄分と大気汚染の汚れ なんだって!


そういえば、ドイツって重工業が発達した国。
工場からの排煙や車の排気ガスなどが原因の大気汚染で有名でしたっけ 
酸性雨が問題になったのも発祥はドイツ?



そういう事実を知らされてから見ると…

なんだか…ガッカリ…  


知りとうなかった知りとうなかった知りとうなかったよ~ (T-T)




↓画像をクリックしてもう1回クリックすると拡大します
時計塔


時計だけがピカピカなのは、マイセン焼の陶器で作られているから  

↓画像をクリックしてもう1回クリックすると拡大します
マイセン焼のカリヨン



ふつうは美女や天使を配するところに、おっさんたちの像があるのは誰の趣味?? 
建築家が他とは違ったものを作りたかったんだってさ(^-^;)

↓画像をクリックしてもう1回クリックすると拡大します
へんなおっさん




三位一体大聖堂
さんみいったいだいせいどう

さて!
ドレスデンを語るときに外せないのが、ザクセンのフリードリヒ・アウグスト1世(別名・アウグスト強王)です! 彼はライオンの乳を飲んで育ったため、とても力が強く馬の蹄鉄を素手でポキンポキンと折るほど(^-^;)
女性にモテモテで、実子が360人も!   いたという、絶倫王様だったとか 

教会から渡り廊下を通って愛人の家に遊びに行っていたらしい…

ふふふ~

しかしながら、ドレスデンの壮麗な建物の数々や美術館にある世界的に有名なコレクション、マイセンの磁器などの歴史的遺産をザクセンにもたらした功績は計り知れないものがあります~

そんな王様がどや顔でこっちを向いている↓

↓画像をクリックしてもう1回クリックすると拡大します
アウグスト強王


君主の行列 ↓画像をクリックしてもう1回クリックすると拡大します
君主の行列

ヨーロッパ最古の武芸競技場だった建物の長さ101メートルの壁には、1123年から1904年までのザクセン君主や芸術家が描かれています~ 90人くらい~
マイセンの磁器で作られたタイル画だったので激しい空襲にも焼け残り、25000枚もあった20センチ四方のタイルはもとどおりに修復されたのでした 

ハイ チーズ!



フラウエン教会 
ドイツ最大のプロテスタント教会だったが、1945年2月の大空襲で粉々に崩壊。
つい最近まで廃墟のままだったが、1994年に再建が始まり、2005年10月30日に昔の姿に!

↓画像をクリックしてもう1回クリックすると拡大します
爆撃を受けて粉々に

あっち(矢印)のほうから爆撃を受けて壊れた事をコンピューターで解析、
飛び散っていた瓦礫の中から使えそうな石をもとあった場所に組み込んであります!
と言う現地ガイドさんの説明に、思わず言葉を失うみんな…

もう、ここまでくると再建だろうが何だろうが、

そのエネルギーに驚愕 ですわ(@-@)

日本も戦後に目覚ましい復活と発展をしたけれど

素晴らしいよ、ドイツ人!


教会の中はとてもきれいでした。

パステルカラー

きれい



みんな言葉少な

エルベ川
対岸の景色



ブリュールのテラス から市街地を

剛健な建物

がっちりとした、綺麗な街並みです…
オンシーズンには人がごった返しているところだそうですが、
このときは冬…人影もまばらです(^-^;)

ひとがまばら


このあと1時間ほどの自由時間~
トイレを借りたショッピングセンターで、ドレスデンが発祥のシュトーレンを購入♪
そこのショーウィンドウのパンが旨そうだった… 
↓クリックすると拡大します(笑)お手頃値段♪
シュトーレンのお店



ちょっと早めのお昼~

テーブルはかわいい

ライン入り!

旦那さまが一口飲んだワインのグラスを見て、びっくり! ラインが描いてあるっ 

私のパイナップルジュースにも!!
きっちりしてるわ~~(@0@)

↓クリックすると拡大します(笑)お手頃値段♪
線が!

メインはローストポークでした(^-^;) 付け合わせの人参とポテトの量が… 

デザートはパンケーキなん? チーズケーキ? と、どっち寄りか迷うケーキでした(笑)

ぱんけーきなのかちーずけー


バスに乗り込んで約27キロ(30分)ほどドライブ~


マイセンの工房を見学♪
マイセン陶器工房


入ってすぐ左に、喫茶店が♪
ここではマイセンの食器でティータイムが楽しめるそうですよ!

喫茶店アリ


まずは工房見学…

マイセン社のガイドさん(^-^;)の 日本語がペラペラ!

日本語ペラペラ

足で蹴るろくろを使って石膏の型に粘土を押し付けて…

カップと天使の頭があっという間に♪

天使の頭

型をとる人、絵を描く人、人形を作る人、金彩を施す人…
それぞれが専門職で分業で完全な手作業。

マイセンの職人たちはまず試験を受けてマイセンの専門学校(4年)に入学し、技術を学んでからさらに採用試験を受けて合格した人のみが働けるんだそう。

下絵

人形を作る

繊細

熟練わざ

金彩をいれる

剣のマークは時代によって変遷。
このマークのみを入れる職人がいるそうな(^-^;)

マイセンのサイン

また、最高峰の熟練工になると、自分の作品に印を付け足すことができるんだそう。
その職人 めあてのコレクターもいるんだって…
マイセンで働きながらも自分の足跡を残せるなんて、すごい励みになるよね。


18世紀のはじめ、ヨーロッパでは磁器の制作方法がわからず、高い景徳鎮や伊万里焼などを輸入するしかなかった。そこでザクセン王国のアウグスト2世は、自国でも東洋と同等の磁器を作り、国益にしようと野心を燃やし、ヨハン・フリードリッヒ・ベトガーを始めとする錬金術師や陶工たちを集め、研究させ…

博物館

やがてベドガーが苦心の末にヨーロッパで初めて磁器の焼成に成功! 
これがマイセン陶磁器の始まり。

すごい

ところが、技術の流出を恐れたアウグスト2世は、職人たちを城内に監禁してしまったのよ。
そして、彼らは来る日も来る日もひたすら磁器を作らされ続け…
ベドガーはストレスから酒浸りになり、城から一歩も出ることなく、アルコール中毒で死亡したんだってさ… 



それからも色々あったそうだけど、今ではすっかり落ち着いて
マイセン陶器は世界各国で愛されている超高級ブランド食器ですw
最大の輸出国は日本だそうですよ(@-@) ホンマかいな!

いろいろ

あらま?

うーん


高いっ! 

↓画像をクリックしてもう1回クリックすると拡大します
たかっ

買えませんよ

買えませんよ(^-^;)


深いため息の後、みんなはバスの中へ… (爆)


以上でこの日の観光メニューは終了!
アウトバーンをぶっ飛ばしてワイマールへ! 195キロ…(約3時間) 


途中、市内の雰囲気の良いレストランで夕食♪



雰囲気よし

ここでもやっぱりグラスにはラインが(汗)
やっぱりメモリがついている


ちょっと苦いトレビスのサラダ…

トレビス?


そしてメインは牛肉の煮込み料理… 
ジャガイモ餅

ええ~っ(@m@) またデミグラスソース味だぁ!
それに味付けがとても塩辛い…(涙) 


デザートはケーキの盛り合わせ(^^) これは美味しかったけれど…
コーヒーが飲みたいなぁ。。。

コーヒーが欲しいわ



ホテル到着は夜の8時 

シック♪

どのホテルに泊まっても、掛布団はいつも畳まれた状態 
これはドイツ共通なのかしらん? 自分で広げろ と?

ぴっちりとベッドメーキングされていても寝苦しいけれどね(^へ^;)
羽枕が…ふわふわでとても寝心地がよかったです(笑)


やったー!バスタブ付き♪

ばすたぶつき

ドイツはやはり寒いので熱いお湯がたっぷりと出ましたョ(^m^)
それに、セントラルヒーティングのパネルがあちこちにあって、
部屋の中が寒いということはありませんでした♪

足元にはヒーターが!


ああ、今日もハードだった…

なのに、明日はホテルを7時45分に出発やって? 
身支度して荷造りして、朝食食べて~~
5時半起きかい?! 


とっとと、おやすみなさい~~ 




いつもこんなところまで読んでいただき、ありがとうございます 
お手数ですが帰り際にポチッと押していただくと、やる気スイッチが入ります(笑)
   ↓
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ  人気ブログランキングへ blogram投票ボタン


関連記事
スポンサーサイト

| ドイツ | 03:41 | comments:16 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

geroちゃん (。・ω・)ノ゙ おはよー♡

見てるだけで、どんだけハードスケジュールな旅だかわかるわ・・・
アメリカ西海岸へ行ったときの事思い出した~
出発早い・帰り遅いで移動が半端ない距離・・・
それでも連日行動できるのは・・・
滅多に行けない異国の地に来てるから?
高い費用掛けてるから?(^^;)

あの愛人に建てた家、凄いね~
一人用じゃないよね・・・
愛人の集合住宅?
経済力も半端なかったんだろうね。(ココが気になる・・・)

| らうっち | 2018/04/15 03:54 | URL | ≫ EDIT

おはようございます! gerogeroさん
Heyモーです
ドイツ旅行のお写真クリックして楽しませていただきました
素晴らしい写真ですね!!

| Heyモー | 2018/04/15 04:42 | URL | ≫ EDIT

おはようございます HAL_Kです。

ドレスデンの街並みが良いですね~
空襲で破壊されて再建されてたなんて・・・
日本ではまったく異なる建物になってしまってるのに。
街並みに対するDNAが違うのかな?
グラスに描かれたラインにドイツ人を感じるのはオイラだけ?(笑)
マイセンのカエルの置き物は買わなかったの?(笑)

| HAL_K | 2018/04/15 05:19 | URL |

gerogeroさんへ

写真が拡大するの、本当に良いですね。
拡大するのに、画像がぼやけないし。おぉ~と思います。
マイセン焼きの時計等、アップで最高です。^^

マイセン焼きの青カエルでお幾らぐらいだったのでしょうか?
その下の台付きカエルさんで、約400€×133円???
凄いですねぇ~~・・・

| korolemon | 2018/04/15 05:44 | URL |

gerogeroさんおはようございます(^^)/

とにかくすごいとしか言いようがない♪~♪ d(⌒o⌒)b♪~♪

| すぎさん | 2018/04/15 05:46 | URL |

ハードな旅行やったねぇ~
戦後に建てられた写真、
良い仕事すると感心してたら~
>_<

飛花ぽんからのカボチャ・・・
うずら南京無かったねぇ~
絶滅したんだろうか?

| このは | 2018/04/15 06:21 | URL | ≫ EDIT

gerogeroさん おはようございます

すごいの一語です
車でてないなあ

| ゆうちゃん | 2018/04/15 07:40 | URL |

らうっちゃんへ

> 高い費用掛けてるから?(^^;)

そっち!(笑) もとをとらんとね!
まぁ、今回のツアーは盛りだくさんなこと考えると十分ペイしてますが(滝汗)

> あの愛人に建てた家、凄いね~
> 一人用じゃないよね・・・
> 愛人の集合住宅?
> 経済力も半端なかったんだろうね。(ココが気になる・・・)

一国の王様だからね~
誰が教会から直結の通路を作る?(爆)
この建物はたった一人、
もっとも寵愛を受けた愛人のためのお屋敷です(現在は高級ホテル)
すごいよね~~~ いろいろと(^m^;)

| gerogero | 2018/04/15 09:59 | URL |

Heyモー さんへ

> ドイツ旅行のお写真クリックして楽しませていただきました
> 素晴らしい写真ですね!!

うーわっ(@m@;) はずかし~~~
プロのカメラマンさんからしたら、駄菓子のような写真です~~
もっと勉強します(滝汗)

| gerogero | 2018/04/15 10:01 | URL |

HAL_K さんへ

> 日本ではまったく異なる建物になってしまってるのに。
> 街並みに対するDNAが違うのかな?

そうですね(@-@)その通り!
歴史的建造物は幸いなことに昔の設計図が残っていたので
細部まで完全に修復しているようです。
こういうこだわりはマイスターなドイツ人気質が現れているのでしょう。
木造りの民族と、石造りの民族の感覚の違いもあるかも。

> グラスに描かれたラインにドイツ人を感じるのはオイラだけ?(笑)

私も!ドイツ人そのものだと思いましたよ!!
とくにビールはきっちり注がれてないと客から文句が出るんですって!!

> マイセンのカエルの置き物は買わなかったの?(笑)

小指の先サイズに3~4万も出す? 誰が??(爆)


| gerogero | 2018/04/15 10:06 | URL |

korolemon さんへ

> 写真が拡大するの、本当に良いですね。
> 拡大するのに、画像がぼやけないし。おぉ~と思います。

ありがとうございます~
でも、FC2のサービス?ですからね(^-^;)
画像をUPするときにサムネイルが作られるのです♪

> マイセン焼きの青カエルでお幾らぐらいだったのでしょうか?
> その下の台付きカエルさんで、約400€×133円???
> 凄いですねぇ~~・・・

でしょ~~(爆)思わず手が…  
引っ込みましたよ!

| gerogero | 2018/04/15 10:09 | URL |

すぎさん さんへ

ありがと~~
ツアーはまだ中盤なんだけどすでにヘロヘロでしたw
他の人たちはみな私たちより年配なのに
バリンバリンに元気だったのが余計に疲れたのよ…
その話はまたあとでね(爆)

| gerogero | 2018/04/15 10:11 | URL |

このはさん へ

同じ敗戦国としてみれば、別の感動があります…

> 飛花ぽんからのカボチャ・・・
> うずら南京無かったねぇ~
> 絶滅したんだろうか?

知らなーい(^m^)
それより、今年はあの黒豆を蒔いてみようと思うんだけど
丹波と同じ6月末でいいのかな??

| gerogero | 2018/04/15 10:15 | URL |

ゆうちゃん さんへ

> 車でてないなあ

ごめーん(^m^;)
あんまり、車は撮ってなかった…
でも車ネタはあるので次にUPしますね!!

| gerogero | 2018/04/15 10:17 | URL |

こんばんは♪
相変わらず 盛り沢山のツアーですね!
ドイツも日本と同じく 敗戦国で戦後復興したの
ですね
それにしちゃ すごく趣のある町並み
なんか奇跡の復興と言われる日本より ドイツの
方がすごい気がします

やっぱり 360人も子作り出来ちゃうドイツ人と
日本人は違いすぎますね…
オレサマ社ボスの奥さん2人子供6人(公称)なんて
まともすぎです(笑)

| おとめ | 2018/04/15 21:45 | URL | ≫ EDIT

おとめ さんへ

> それにしちゃ すごく趣のある町並み
> なんか奇跡の復興と言われる日本より ドイツの
> 方がすごい気がします

でしょう?
聞いてびっくり、見てびっくりでした。
日本は寺社仏閣はじめほとんどは消失をまぬがれたでしょう?
ドイツは国土全体が戦場になッたこと間あるけれど
ことごとく破壊されてしまったんですね…
近代に再建されたので歴史的建造物ではありませんが
設計図どおりに再建しようとする心意気がすごい!

> やっぱり 360人も子作り出来ちゃうドイツ人と
> 日本人は違いすぎますね…
> オレサマ社ボスの奥さん2人子供6人(公称)なんて
> まともすぎです(笑)

↑ソコ?! (爆)
オレサマ社のボスもなかなかの やり手 ですね(^m^)

| gerogero | 2018/04/16 09:39 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://spygrass.blog102.fc2.com/tb.php/4551-afc23f77

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT