FC2ブログ

楽しい農業生活!

農業はラクな仕事ではありませんが、楽にやる方法を模索しています!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ドイツ旅行6日目

もう帰ってきてからも1か月経った~
だんだん忘れてきたわ(笑)



3月24日(土)
fc2blog_20180503144134032.jpg

前日にライトアップを見学に行って帰って爆睡したので、
朝からお風呂に入りましたのよ…おほほほほ (^-^;)
ホテル出発は9時なので、ややゆっくり…

先っちょ

↑が  ↓あの先っちょに付けられている…

画像↓をクリックすると拡大します
修復中

ケルン大聖堂は 奥行144メートル、幅86メートル、高さ157メートル。
1248年に着工し1880年に完成したゴシック建築のカトリック教会です。

近寄ると入りきらない…

きれい

画像↓をクリックすると拡大します
部分修復

砂岩から汚れが染み出し、石自体の強度が足りない?ので修復作業は永遠に続くそうです…

ケルン大聖堂もまた第二次世界大戦で英米軍の空襲で14発の直撃弾を受けた。
全体は崩れなかったものの、内部は激しく破壊…
そんな大変な時期に、東京の全焼したカトリック教会に支援金を送ってくれたんだそう 
ドイツ人の気概に敬服するわ…


テロ対策でガードマンがいっぱい… 赤い服の人は教会の衛兵? 背が高すぎ君。

衛兵?


中は壮大!

画像↓をクリックすると拡大します
聖堂の中



これぞステンドグラス! というのが何枚もあった~
1990年頃からの修復の一環として破損したステンドグラスの一部はゲルハルト・リヒターによって近代的なモザイク風の市松模様の物に置き換わったらしい…

画像↓をクリックすると拡大します
これぞステンドグラス

画像↓をクリックすると拡大します
モダンタイプ

ここのお宝は(コラコラ) 東方の三博士の遺物(骸骨ね^^;)
祭壇の奥にあって、それを見るのは別料金だった   ↓これはレプリカ。

三博士の頭蓋骨が


ケルンは、紀元前はオッピドゥム・ウビオルムと呼ばれていました。
古代ローマ皇帝の暴君として悪名高いネロ(西暦37~68)の母親の生誕の地(^m^;)
ローマ皇帝クラウディウスの五番目の妻となったアグリッピナは、夫に、この町に自分の名前付けて♪ とおねだり(汗)
「コロニア・アグリッピナ Colonia Agrippina」 と変えてもらったそうな(^-^;)
「アグリッピナの植民市(コロニア)」という意味ね。 そのコロニアが訛って、ドイツ語では、ケルン Koeln、英語やフランス語では、コロン Cologne と言います。

ケルン大聖堂のすぐ近くにある ローマ・ゲルマン博物館には
この場所から発掘された 2世紀ごろのローマ時代の住居の一部(ディオニソス・モザイク) が展示されています。
ローマ帝国ってすごーい(^^;)
入場しなくても、窓から見えたのよーん (ドイツ人って脇が甘い? 爆)

ローマの遺跡が

ローマ時代のモザイク画



18世紀にケルンで誕生した香水は…
フランス軍がケルンに侵攻してきた時、
ナポレオンや兵士がお土産に持ち帰ってフランスで大流行したんだとか 
それが オーデコロン♪ 「ケルンの水」というわけ!

面白いねぇ(^-^;) 
歴史の先生もこういう切り口で教えてくれたらもっと頭に入ったのになー(爆)
以上、添乗員さんのケルンよもやま話から引用


ケルン大聖堂は世界遺産にもなっている観光地なので人もいっぱい…






fc2blog_2018050314423546e.jpg


こういうパフォーマーもいました(滝汗) すぐに取り押さえられてたけどね 

画像↓をクリックすると拡大します
はだかのひとが



気を取り直して?ケルン市街地を散策~

あの建物は?

新旧混在

石畳


うーわっ 美容にいいといわれてる、ザクロジュースのスタンドだ! 飲みてぇ~~
でも、自由時間は30分ほどしかないので駆け足 

ザクロジュース

アップル

街を散策


ランチはここで…

らんちはここで

カジュアルなレストラン

自家製ケルシュ・ビールの名店だそうです!

700にすこしたりない

ケルン大聖堂の半径50キロ圏内でしか飲めない地ビール(^-^)v
苦みがあるけど軽いわ(おいおい^^;)


ドイツのサラダにはあらかじめドレッシングがかけてあるのが多かった。
イタリアやスペインはテーブルにある塩とオリーブオイルで自分で味付けするんだよね
サラダ!


この地方の名物料理、ライニッシャー・ザウアー・プラーテン
肉!

赤ワインと酢などのマリネ液に数日漬け込んだ牛肉をローストして煮込んだ料理…
ちょっと酸味のある…デミグラスソース煮込み(汗)

ちゃんとケルン名物料理のポイントを押さえているんだけどね…同じ味が続くとね…(^^;)


しかし、ここで驚きの出会いが!


テーブルの向こう側から聞こえてきたヒソヒソ…日本語(@-@)
全員ジャージ姿で違和感満載だけど、胸に刺繍されている名前を見てびっくり~

わが地元、奈良市立一条高校のサッカー部員デシタ! 

画像↓をクリックすると拡大します。ピンボケだけど
fc2blog_201805031414380a3.jpg

ドイツに遠征に来てたんやね(@m@) すごいな~
先生大変やな(汗)


この後、デザートはパスして
さっきは昼休みで閉店中だった香水の店に走って行って、コロンを購入したよ!



さ、次はハイデルベルグ目指してバスはぶっ飛ばす~~


あ! ビニールハウスだ! 整然と並んでいて、さすがドイツ!!

めっちゃ早い

画像↓をクリックすると拡大します
ハウスだ!


途中でトイレ休憩が2回くらいあります~
有料です(^m^;)

自動洗浄便座の有料トイレ

割引券

1回70セント入れると、50セント分のクーポンが出てきます 

これでドライブイン内の買い物の割引ができるんだけどー
ドライブインで売っているものはスーパーのより1.5倍ほど高いんよ(^-^;)

そして、このトイレが…

流すと

ういいい~ん

すごい

まわる~

便座が回転して自動消毒する!


画期的! 


しかーし! 

人が使った直後に座ったら、おちりがちめたい… 



アウトバーンを254キロぶっ飛ばして、3時間45分後…ハイデルベルクに到着!


ハイデルベルグ城
廃墟

ふーん(^^)

ライン川の支流、ネッカー川に沿って広がるハイデルベルクはドイツ最古の大学をもち、
山の上の古城やバロック風の街並みが今も残る、ノスタルジックな学生の町。
ゲーテやヘルダーリン(誰?)やショパンといった多くの詩人や芸術家がこの街をたたえた作品を残している…

入口

きゃ~こわい

落ちてきたら串刺し… 


ブファルツ伯の居城として13世紀から拡張を続け、ゴシック、ルネッサンス、バロックなどの様々な様式のミックス建築になっているようす…

しかし30年戦争やプファルツ継承戦争、果ては落雷による火災で焼失…
半分は廃墟同然です(^-^;) ↓これなんか壁一枚しか残っていなくて青空丸見え。

3階から上は焼け落ちてます

古い

ルプレヒト館の入り口には花輪をもった2人の天使の彫刻像が掲げらている。
建築を請け負っていた大工の棟梁の双子の子供が工事現場に来て、足場を踏み外して死んでしまった。父親は悲しみに打ちひしがれ工事は中断…
しばらくして、双子の子供は天使となって父親の夢枕に現れ、彼を慰めたそう。
翌朝、目を覚ました彼の枕元には、昨夜はしおれていたバラの花輪が新しい花輪となって置かれているのを発見。そしてこの夢をもとに彼の職業のシンボルであるコンパスをデザインに取り入れたこの彫刻を作り、工事を完成させたのだとか…
以上 添乗員さんの説明より引用

天使になった大工の息子たち






フリードリヒ館

日時計?

だれ?


そうそう(^-^:) テラスには珍エピソードがありました。

妃が若い騎士と浮気の真っ最中に、
狩りに出て行ったはずの選帝侯が突如帰ってきて、びっくり!(@0@)
浮気相手の騎士が妃の部屋の窓から飛び降りたときの…

飛び降り


足跡が、これ(笑) ほんまかいな!
ぴったり合う人はモテモテの浮気者なんだってよ 

うっそや~ん



テラスから見た、ハイデルベルクの街…

学生の町

きれ~


川向うにあるのは高級住宅街! ホテルじゃないのよ、みんな一軒家よ!!
どんな人が住んでいるんだろう? どんな悪いこと お仕事をなさっておられるのかしら…

高級住宅街







お城の地下には世界最大級のワイン樽がありました。
このおっちゃん↓が作ったんだそう… 

このおっちゃんが

でかすぎ


帰りはケーブルカーで市街地まで降りました。

近代的なケーブルカー

古き良き街並み。
アルト・ハイデルベルクって知ってる?

美しいです

ドイツの劇作家W.マイヤー・フェルスター〔1862-1934〕が王子カール・ハインリヒと酒場の娘ケーティーの恋を中心に,ドイツの学生生活を感傷的に描いた戯曲だって…
結局、恋は実らなかったらしい(^-^;)

画像↓をクリックすると拡大します
よーろっぱ!

影がながい~

影が長いわ…


背後に見えるのが、ハイデルベルク城。 旧市街を散策します~

ハイデルベルグ城

かわいいぜ!

本屋さん

チョコレート屋さん

1863年に生まれたメダル型のプラリネチョコ「ハイデルベルク学生のキス」はお土産に最適♪

え?ちょっと待って! 
止まらへんのか~い! 

先頭の添乗員さんはどんどん先を急ぐねんでー 



この木製の巻き上げ式のシャッター、カッコよかったです(@-@)

木製の電動シャッター

てくてく歩いて、

カールテオドール橋
カールテオドール橋

そっか~ ここからお城が見えるのね(^-^;)
もう夕方で、絶好の撮影タイム。

お城はあそこに

ドイツ最古のハイデルベルク大学と、学生牢も見たかったな~
あと、ドイツ包装紙博物館もね(^-^;) ほかにもいろいろ…

バイバイ、ハイデルベルク…

fc2blog_2018050314322223f.jpg




さてバスはアウトバーンをぶっとバス~ (^m^;)
166キロ…約2時間30分後、ローテンブルクに到着。

もう、真っ暗(^-^;)

暗い

ドイツって、意外なほど 街灯がない ねん(^-^;)
都会でも通りから外れると、

真っ暗 

住宅地を撮ってみたけれど、写真に写らないほど 真っ暗 
省エネ? 犯罪とか怖くないのかな…

ホテルのレストランから漏れてくる明かりが愛おしいわ。

ひゅっげ


トマトのスープ
トマトスープ

熱々なのはヨシ。

こ、これは?!

はくさいのさらだ

どこかで見たと思ったら~ 白菜のサラダだった(@-@)
千切りにして、ドレッシングとざっくり混ぜただけ…

タラのクリーム煮
タラのクリーム煮

タラだと思うけど、違うかも(汗) 
下に敷かれているのはタイ米ですな(^^;)


そして、デザートが…

えええ?

なんじゃあ、コレ!
ロールケーキのジャムかけ?! 

なーんか、ウエイターの愛想も悪くてなんだかなあ? だった(^-^;)

でもね、たぶん…時間外労働になっていたからだと思う。
ドイツは労働時間に厳しくて、夜は8時まで? (夜勤がある場合は違うけれど)
私たちが着いたのは夜8時半を過ぎてたからね…

それに、この日は3月最後の土曜日で、
明日から夏時間。 夜中の2時が3時になっちゃう日。
つまり、1時間睡眠時間が無くなる日だったからかもしれない… 
みんな早く家に帰って寝たかったんだ。
そう思うことにしよう!

そして…


ホテルは、ドイツ旅行最狭の部屋だった!   マジっすか~?!
スーツケースが開けられないよ~~~~~ 

狭い!

最小!

ミニマリストの気分で、おやすみなさい!





いつもこんなところまで読んでいただき、ありがとうございます 
お手数ですが帰り際にポチッと押していただくと、とても嬉しいです(笑)
   ↓
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ  人気ブログランキングへ blogram投票ボタン


関連記事
スポンサーサイト



| ドイツ | 22:35 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

gerogeroさんへ

>こういうパフォーマーもいました(滝汗)
これは、パフォーマンスと呼ぶのでしょうか?^^;
コート1枚羽織っていないですねぇ~。

同じ味が続くと、厳しいですよね!
すごく分かります。
私は、梅干し持っていく派です。

次男坊が香川県へ1人旅行に行った時、とある駅で下車。
そのホームでばったり、同じ高校のダンス部と出会ったそうです。
「何で、お前がここにおんねん?? しかも1人で!」
海外でなくても、ビックリだったようです!
あっ、香川県も海外ですが・・・

私も、ドイツは暗いイメージが。
朝も結構暗いし・・・
店の中も、暗いお店が多かったし・・・^^;
おちついた雰囲気といえば聞こえは良いのですが。

| korolemon | 2018/05/04 06:20 | URL |

回転する便座

gerogeroさん ~~~ヾ(^∇^)おはよー♪

この記事好きです
ところ変わればといいますが ふむふむ
消毒後 
暖房される? よく読んでいません。

ガイドさんのお話し よく覚えておられますね。 
製作中になくなられ 夢枕に現れたお話しまで
後の旅行記はたのしみに
また 拝見します。

| ゆうちゃん | 2018/05/04 06:57 | URL |

korolemon さんへ

ドイツにはこういった方のクラブがあるらしいです(^-^;)
でも、地域限定で、街の中でやってはNGですよね~

> 私は、梅干し持っていく派です。

なるほど(@-@)
で、それはどのタイミングで出すの?
ホテルの部屋でこっそり食べるの??

異国の地でジモティに会うなんてね。
彗星に遭遇するみたいな体験でした(^-^)

> 店の中も、暗いお店が多かったし・・・^^;
> おちついた雰囲気といえば聞こえは良いのですが。

間接照明っていうの? ライトが壁を照らしてたり(笑)
今はやりの ヒュッゲ 体験でした。
どこでも 煌々と 明るいのは日本ならではですね。
ある意味、電気の無駄遣い…

| gerogero | 2018/05/04 10:49 | URL |

ゆうちゃん さんへ

> 消毒後 
> 暖房される? よく読んでいません。

暖房はナシです! 保温便座でないところが辛い~
でも、どのトイレでも手洗いの水はホットでしたよ。
なまぬるい物じゃなくて(汗)
この感覚の違いがお国柄~

> ガイドさんのお話し よく覚えておられますね。 
> 製作中になくなられ 夢枕に現れたお話しまで

アイフォーンに音声メモ残してました(汗)
欠片でも書き留めておくと、あとで思い出しやすいです。
すごいのは、メモを見ないで語り続ける添乗員さん!
私なら途中で端折りそう(笑)

次で 車の話、しますね!(^m^;)

| gerogero | 2018/05/04 10:54 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://spygrass.blog102.fc2.com/tb.php/4586-4b803496

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT