FC2ブログ

楽しい農業生活!

農業はラクな仕事ではありませんが、楽にやる方法を模索しています!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

おくりびと

道の駅に行った帰りに恒例となりました映画へ…
アイアンマンと、どっちにする?と聞いたらこちらになりました。
娘いわく、
「どういう話かが想像つかないから」 だそうで(^^;)
まだ高校生の娘には人の死の場面はピンとこないのかも知れません。

一方で今まで人の最後に数多くふれてきた人間にとっては
あるいは間もなく遭遇するかも?と思っている人には
色々な思いが去来するらしく、
映画館は満席にもかかわらず終始静かで、
時折りすすりあげるかすかな音のみ、しみじみと響いたのでした…

おくりびと
おくりびと

山形の素晴らしい自然と季節のうつろいをバックにとうとうと流れる
チェロの深みのある音色が叙情的で素敵だった。
重たいテーマなのにブラックなユーモアをたっぷりはさんで
うまくまとめてありました(^-^;)
特に食べ物の扱いが…おっとこれはネタバレだな。

いつか自分も おくりびと あるいは おくられるひと になる日がくるんだなぁ。
そのときはどんな風にしたい、されたい?

不思議な感動のある異色の映画でありました(^^)


今日も読んでいただき、ありがとうございます 
ポチッと押していただくと、2倍速で働けます(笑)
   ↓
 
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ ←ただいまキャンペーン中(ウソ)


関連記事
スポンサーサイト



| 映画館で見た映画 | 23:11 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

なんとなく、この映画見たくなりましたーーー

いずれ、こちらも近いのでーーー
といっても、せめて母を送ってからにして欲しいですけどーーー
もう30年ほど前の話ですがーーー友人は、もし私になにかあったら、ワーグナーの葬送曲を流して送ってね!!と言っていたように思います
ちなみに我が父のお葬式は、沖縄の歌の花でしたーーー

| マルコ | 2008/10/02 23:58 | URL |

生まれたときからその運命には逆らえません・・・
でも、だからそれまで精一杯生きないといけませんね・・・

で、ブラックユーモアですか・・・

↑マルコさんのコメント・・・送る曲とかあるんだ・・・
ビートルズが流れていたお葬式もありました・・・そういえば・・・

オイドンは猫ふんじゃったにしてもらうか・・・(笑)

食べ物?精進料理ってこと? 最近映画見ていません・・・せいぜいビデオ程度・・・

| ワル猫です | 2008/10/03 08:04 | URL | ≫ EDIT

世の中には多種多様な職業がありますが、
納棺師の仕事は、日頃は目立たない影に隠れた職業で
その時にならないと気がつかないし、ありがたみも分らないですよね。
納棺師という珍しい職業にスポットを当てた映画というだけでも
価値のある映画ではないでしょうか。

仕事やって「ありがとう」と喜んでくれる人の存在を感じられたらいいですね。
私も頑張ろうっと(^_^)

私を 送る曲は、
      ♪もりトンカツ いずみニンニク か~コンニャク まれテンプラ♪
                                      にしてもらおうかなぁ(笑)

| トマオ | 2008/10/03 09:47 | URL | ≫ EDIT

こういう映画は苦手です・・・。
何せ鬱持ちなので。
でも観てみたいなぁ。

私の番が来たときはどんな曲になるのやら・・・。
・・・歯が痛いのでここまで。(爆

| md | 2008/10/03 11:18 | URL | ≫ EDIT

この映画、ぜひみたい映画なんです。
私は、自分の最後を考えるいいチャンスだと思って・・・・。(・・・って早すぎ?^^)

ユーモアもあって、泣けて・・・・・
キャンペーン予告で見て、ぜひ と思いました。
人間、いつか 必ず死ぬのだから・・・・。
どうやって 送られるか
そして、送ってあげるか・・・・・・。

| mana | 2008/10/03 19:05 | URL | ≫ EDIT

おくりびと

今夫婦とも見たい映画は「ポコ」と「おくりびと」です。

昨年、一昨年と夫方の祖母を亡くしました。
私にも高齢の祖父母がいます。
ポニョで泣いた私ですから
泣く事が予想されます(T^T)

| みるきん | 2008/10/03 23:12 | URL | ≫ EDIT

山崎努は

以前にもお葬式の映画に出てませんでした?

人生の一番最後のお世話をされる人がおられる
おかげでたすかります。



| RSくん | 2008/10/04 06:19 | URL | ≫ EDIT

マルコさんへ

音楽、いいですね~(^-^)
「花」ですか。。。
う~ん、しみじみですね。でも力強い。命の流れを感じますね。
私もお葬式に流して欲しい歌があります♪
ちょっと暢気な音楽なので、みんなが「さもありなん」と思うのがねらいだったりして(笑)
両親は戒名と遺影を準備していました(^^;)

| gerogero | 2008/10/04 08:56 | URL | ≫ EDIT

ワル猫さんへ

そうですね~。何があるかわからない世の中ですから、今日をしっかり生きようと思いますね。
それが明日へとつながるんだと…
映画にはユーモアの他に、素敵なエピソードがあってそちらも良かったです。

食べ物は…これはワル猫さんにはキツイかも(^^;)
遺体の肌触りとこの食材はとても似ているのです…
知っている人にはとってもブラックです。

「猫ふんじゃった」もアリですよん♪
要は偲んでもらえればいいのです。悲しいばかりではないと思います(^-^)

| gerogero | 2008/10/04 09:05 | URL | ≫ EDIT

トマオ さんへ

納棺師って陽のあたらない職業だと思います。
というより、みんながあえてスポットを当てないようにしているというか…
それは変じゃない?と思われたのでしょうね。人生最後の晴れ舞台なのに。それを演出してくれる人なのに。
ただ、この映画のように独立して仕事としておられる方はまだ少ないかも。
大抵は葬儀屋さんの社員の方がやられているみたいです。

「ありがとう」といわれると嬉しいですね。
言った人もきっと気持ちがいいと思います。(^^)

トマオさんは♪もりトンカツ いずみニンニク~ですか(爆)
いや~、私、個人的にこの歌には変な思い出があるのでそっちがうかんじゃうかもっ (^。^)

| gerogero | 2008/10/04 09:18 | URL | ≫ EDIT

md さんへ

鬱持ちですか…
軽々しいことは言えませんが、
この映画はおすすめできるかも(^^;)

死は長い間タブーとされてきましたが
そんなことはないです。
死は新たな門出だというスタンスです。
それにしても…
歯、大変~(ToT)早くよくなりますように!

| gerogero | 2008/10/04 09:25 | URL | ≫ EDIT

mana さんへ

考えてみると、生まれるときも死ぬ時も自分が演出できないわけです。
でも、この映画をみると自分の最後はどうしたいかな?と前向きに考えはじめました。だって、遺影とか急ごしらえで作ったものってイマイチだもん(コラコラ)
送るほうにしても悲しいんだけど、もっと暖かい気持ちでそのときを迎えられるとおもいます。

映画にはとてもいいエピソードも織り込んであって、そりゃ~泣ける泣ける…。
ユーモアはブラックですよ~(^^;)
人生、笑って泣いて。悩んでいる時も食べて。
それがまた旨かったりしてね。それで命は続いていくんだな~って。

| gerogero | 2008/10/04 09:39 | URL | ≫ EDIT

う~ん…絶対泣くと思います~(^^;)
満席だったのだけど、とっても静かで…
だからみんなのすすり泣くのが聞こえてきて…
やっぱり、身内のことと重なりますもん。
私も泣けましたよ(T0T)
でも、まだ間に合う!
自分自身も突然かも知れないし
後悔のないようにやりたいことをやっとこう(^-^)と。

| gerogero | 2008/10/04 09:48 | URL | ≫ EDIT

RSくん さんへ

山崎努は伊丹十三の「お葬式」にでてました(^^)
あの映画も画期的な作品でしたね~!

実際的にはとりこんでいる状況なので、こういうプロの方がいてくださるととても助かります。
しかも、ていねいに美しく仕上げてもらえると…
遺族としてはとても嬉しい。
私もモッくんに納棺してもらいたいなあと(^^;)

| gerogero | 2008/10/04 10:00 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://spygrass.blog102.fc2.com/tb.php/547-5473c30c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT