FC2ブログ

楽しい農業生活!

農業はラクな仕事ではありませんが、楽にやる方法を模索しています!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

小規模米作農家の稲刈り風景

今日は最高の秋晴れでしたが気温は27℃!
9月中旬並みの陽気でした…(^^;)

どんどん住宅が迫ってきます…

いつも田んぼしか写していないので、ちょっと周りを見回してみましょう~
今日は市街地における小規模稲作農家の稲刈り風景をお伝えしますね(^-^)

ここはうちの田んぼの中では一番大きなもので、一反半あります。
が、形が正方形ではありませーん! なんとっひょうたん型なのだ~(笑)
だから、刈るのも一苦労であります。

まるで、山の中の田んぼのようですが…
この木の向こう側は住宅地です(^^;)

ひょうたん型なのだ~(^^;)

ちなみに、反対側から見ると、お隣は住宅地であります。
ここはずっと前はうちと高さが同じのよその人の田んぼでしたが、畑になり、
荒地になり…ついに売られて2年前に分譲住宅地になりました 

スグ隣には住宅が迫っています(^^;)

2つ向こうのよその田んぼも今は畑になっちゃって…
借りている人が今日は芋ほり大会をやっています。
小さい子供連れのお母さんたちがい~っぱい来ていてワイワイキャーキャー楽しそうです♪

小さい子連れのお母さんたちが芋ほりしている♪

ここは山を削って作った田んぼなので見晴らしがすごく良くて気に入っていたのですが
下を見ると、幹線道路がすぐそこまで忍び寄ってきています…
まっすぐ伸びてくると、うちの田んぼは消滅することになっています(^^;)
田んぼがまだ、残っています。
商業施設にはさまれながら頑張って稲作を続けている人たちです。

田んぼが点在している

さて、今日は稲刈りです。
旦那さまが機械で刈り、私はそのサポートをします。

①機械が田んぼに来るまでに、田んぼの四隅を鎌で刈って
機械が入る&回転するスペースをつくります(^^;)
機械が入れるスペースを作る

なにせ、23年ものの古いコンバインです。人の手を借りないとできないことだらけです 

②袋に詰まった籾を坂の下のトラックまで運んで積み込みます…
③ふち刈りした稲は最後には手で機械に運びます(^^;) 

ここまで読んだアナタ、「あ~、しんど」と思った? 私も同感です(笑)

下のトラックまで運びます… 手で刈った稲は最後に手で機械に入れます












刈り終りが近づいたので、藁をとっています。
ここの田んぼの近くで畑をされている顔見知りのおばあちゃんに頼まれているから♪

いつもは粉砕されているのですが、レバー1つで束にして落とすことができます。

藁を作っているところ

上手く積み込めました
  全部で27袋ありました(^^;)
  過剰積載かも…

  とりあえず、家の乾燥機まで
  持って帰りました。

  旦那さまは…
  ひとりで次の田んぼへGO! 





夕方、学校から帰って来た息子が手伝ってくれました(^^;)

たそがれている息子さん

ここは小さくて、7畝くらいの大きさです。 この田んぼも家に囲まれていますなあ~(^^;)

ここも家に囲まれています~(笑)

あ、お月さま
いつの間にか空には月が♪

いえいえ…
お月さまはいつも空にいるんだけど
見えていないだけでした…

今日は本当にいい天気でした。
ものすごく日焼けした予感がします(^^;)




作り物のような赤いオクラ

  おとなりに畑がありまして
  そこにあった、
  真っ赤なオクラ!

  身長は1メートルもないですが(笑)
  確か昨年も作られていましたっけ。

  産毛?が白いのです(^^)
  まるで作り物のような色ですね。

  花も赤かったような気がしますが
  残念ながら咲いているものは
  ありませんでした。





  
秋の日はつるべ落とし…

秋の日はつるべ落とし

あっという間に日が暮れて、6時に終了~

いやいや、まだまだ!
最後の仕事が残っています。門から庭を通り抜け~自宅の小屋まで運びます(笑)
作業小屋が道に面していたらな~と思う瞬間であります 

乾燥機のスイッチをオン!
灯油ボイラーで収穫してきた籾を乾燥させるのだ 

門から小屋まで庭を通って運ぶのだ 乾燥開始!










この日は2枚田んぼを刈って、41袋ありました。
乾燥機には8石つまり800㎏(ホントウカナ?)しか入らないので
2回に分けて乾燥させます(^^;)

晩ご飯は簡単な焼きソバでした(笑)
今日の晩ご飯は
ホットプレートで焼きソバ♪

後片付けは
娘とお師匠さまにお願い~
明日は
まだ後半戦が残ってます~(^^;)
それでは~!


今日も読んでいただき、ありがとうございます 
ポチッと押していただくと、稲刈りの続きをガンバリマス
   ↓

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ




関連記事
スポンサーサイト



| 米作り ヒノヒカリ | 23:48 | comments:11 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

一日中だったんですね。お疲れ様でした。
晩御飯はおいしかったでしょう~~

ひょうたん型とは・・
さすがに古都奈良。
前方後円墳の形ですね。
もしやgerogeroさん家は高貴なお方の
ご子孫ではありませんか?
ブログを見ている限りではそうは見えませんがv-16

山があったり、住宅街であったり、田んぼも点在する
色んな歴史があった地域なんでしょうね。
道が出来る?
それは、コンバインが走りやすくなってよかったです。





| RSくん | 2008/10/10 07:14 | URL | ≫ EDIT

稲刈りだけでも大変だなぁ。
私だと腰が砕け散ります。(爆

晩御飯おいしそ~。

| md | 2008/10/10 09:00 | URL | ≫ EDIT

懐かしい・・・25年前までそんなして籾を運んでいたような気がします。

軽トラの上の方に積み上げる作業・・・これ腰に来ます。
かよわいgerogeroさんには難しいのでは??

今ではご存じのとおりコンバインから直接軽トラに籾を流し見込みますね・・・

このボイラーの音がまたうるさいんだわ・・・
それに近所に住宅が建つと消毒がやりずらくて・・・

事前に消毒しますよと連絡しています。

息子さん手伝ってくれるならよかですね~
オイドンもめいっぱい使われていました・・・
それで農業が嫌に・・・(笑)

今日は大作でしたね、もう稲刈りも終わったってことでしょう。
夕日の写真がよかですばい・・・

| ワル猫です | 2008/10/10 12:31 | URL | ≫ EDIT

いつかは

株価暴落、金融恐慌・・・お金は今に紙くずとなります。その時一番頼りになるのは・・・そう!もみ袋に入ったお米でござる!住宅地だったところが、息子さんがあとを継ぐ頃には田んぼに戻っておりますよ。北朝鮮では食べ物が無くて家を売って路上で生活している人が出てきているとか。その北朝鮮でも食糧自給率は80%(日本は40%)どんなにお金を積まれても田んぼだけは売ってはなりませぬ!
では!~~ε=ε=ε=ε=┏( 菊・_・)┛

| 菊の助でござる^^ | 2008/10/10 14:09 | URL | ≫ EDIT

何処も住宅や道に押されてきてね~。
家の田んぼの所は(道を挟んで隣)広大な場外券売り場が出来るそうです。
またその分の田んぼがなくなるのよね~~~。

| mimi | 2008/10/10 16:38 | URL |

お~どの農家さんでも稲刈りが始まってるんですね!!
確かにmimiさんのところも。。。

こっちの方は今日、暑かったです。
温度計が27度をさしてました。

久しぶりにTシャツで仕事です!!

息子さんの背中の汗が大変さを物語ってますね。

| 韋駄天56号 | 2008/10/10 17:58 | URL |

お疲れ様です!
新米の季節は大忙しなんですね。
美味しくて大好きな日本のお米・・・
なぜもっと、農家のみなさんが安心して作れる様にならないんだろう~
いつもいつも不思議で仕方ありません。
食は、しかもお米は日本人の食生活の基本中の基本なのに。

真っ赤なオクラって、観賞用に見えます(^^)
畑のアクセントに良さそう♪
綺麗な夕焼けですね。

| トマコ | 2008/10/10 19:34 | URL | ≫ EDIT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2008/10/10 20:48 | |

大変、忙しい一日でしたね。お疲れ様でした。

gerogeroさんの畑や田んぼの周りの様子がよくわかりました。農家の方ばかりに囲まれていると思っていました。

私も隣の師匠が田んぼを作っておららますので、稲刈り後の藁を戴くことになっています。

| 楓山 | 2008/10/10 21:08 | URL | ≫ EDIT

GEROGEROさーん、おつかれさまでーす!!

澄み渡ったいいお天気でなによりでしたーーー
気温が高かったようですねーーー
一汗も二汗もかかれましたでしょうーーー
ごくろうさまでございましたーーー
コンバインという機械クンは、刈り入れをしてーーー籾と藁にわけてーーー同時に藁を刻んでくれるという能力を持っているんですね!!
23年ものでも、凄い力を持っているのですねーーー!!
お米の国タイなんかは、いまでも手で刈るようですョ!!
もしいらなくなったらタイにおさがりに出すと、狂喜乱舞でしょうねーーー!!
それくらい凄い機械のように思えます!!
でも、一年に一回しか出番がないのでしょうーーー!!
23年といわず、まだまだ働いてくれそうに思えましたーーー!!
もしかしたらーーー今日も稲刈りだったのでしょうかーーー!!??

| マルコ | 2008/10/10 22:52 | URL |

いつも、暖かいコメント、励まし、ツッコミをありがとうございます~ 
皆さんのブログを訪問しきれなくてすみません。
かなりバテてますので(笑)まとめてお返事させていただきます。すみませーん(^^;)


RSくん さんへ
焼きソバ、ビール、たらふくです~
お風呂につかってあとは寝るだけ~(^-^)
4~5代前はあたり一帯み~んな山だったそうです。
イノシシ狩りとかしたそうです(笑)
今は大阪のベッドタウン化事業がすすんでいます。
奈良市はそっちで税収を得ようとしているみたい。

この道路ができると、京都との境にある学研都市と直結して素晴らしい道路網ができるそうです。
トラクターを低速運転して邪魔するのが楽しみ♪なんちゃって(笑)


md  さんへ
自慢じゃないですが、ギックリ腰持ちです(笑)
力仕事の時はコルセットが欠かせません!
パワードスーツの開発が待たれます(爆)
こういうときのご飯はつい食べすぎて…


ワル猫さんへ
小屋が外にあって道に面していたらな~とつくづく…
この先、年をとるんだから何か手立てを考えないとね~
マッチョな e-250 も年々体力落ちてます(笑)
自宅の周りは古くからの集落で当然?農家なので、ボイラーの音はみんな気にしてないです(笑)
でも、宅地にはさまれた農地はやっかいですよね~
そりゃ農薬や埃が飛んできたら嫌でしょう。
知ってて引っ越してきたんやろー!ってケンカしてるおじさんもいましたが…(^^;)
ワル猫さん、さんざんお手伝いさせられたんですね…
それで農業が嫌いになっちゃうのもわかるなあ~(笑)
私も小さい頃からこんな感じだったので、親のしたことと同じように子供を手伝わせているけれど、
将来の無理強いはしたくないです。
結果、どうなってもそのとき考えようかな~。
あと15年くらいはなんとか自分たちで続けます(^^;)



菊の助でござる^^ さんへ
今年騒ぎになっている食料の問題だって、世間の人は○国からのものがダメなら別の国から輸入すればいいと思っているのだろうな~(^^;)米がだめならパンを食べたらいいなんて、マリー・アントワネットみたいなセリフが聞こえてきそうです。


mimi さんへ
うわ~場外券売り場かあ~(^^;)
ゴミのポイ捨てとかで環境が悪化するでしょうね…
県でも南部のほうは田んぼを残す方針?みたいです。
同じように区画整理しても大きな一枚田にしているようです。
なーんかな~(^^;)


韋駄天56号さんへ
イマドキの若者です(^^;)
ちょっとしただけで大汗かいて、疲れた~!を連発。
でもまだ、手伝ってくれるだけマシかも~
この日は暑かったですね。久しぶりの夏日でした。


トマコさんへ
市も財政難だから、農地を整理して商業施設や住宅地にして税収を確保したいみたいです。
ここ数年で一帯の農地は激減しました。
米作りはラクではないですが、止めたくはないのでもうちょっとみんなの意識が変わってくれたらな~と思います(^^;)
このオクラ、すごいでしょ。種を売っているのかな~(^^;)
畑に植わっていると目だって楽しいですよね!



鍵コメさんへ 
いつもありがとう!
私こそ、そちらにいけなくてすみません~(^-^;)


楓山さんへ
写真ってそこしか切りとってないからいくらでもいいように想像できますよね~
あるとき妹が見て すっごく山奥の田んぼに見える! と申しましたのでウソはいけないかな~と(笑)
もはや宅地の中に田んぼが点在している地域なんです。
楓山さんはお師匠さまから藁がいただけるんですね。よかったですね(^-^)


マルコさんへ
おかげさまで体脂肪率が1パーセント下がりました。
たぶん、一時的に…だけど(^^;)
コンバイン、よく働きましたね~。もうボロボロです(笑)
オーバーホールするとまだいけるかもしれませんが…
カッターは交換になるだろうなあ~
中のドラムも働きがイマイチだし(^^;)
マルコさんのおっしゃるとおり、年に1回しか出番がないので、もうちょっとガンバレ!といいたいところ。
今年はまだ半分刈っただけです!明日また続きをやりますよん♪

| gerogero | 2008/10/11 12:04 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://spygrass.blog102.fc2.com/tb.php/552-7022cc28

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT